Search

検索したいワードを入力してください

内定辞退の手紙の例文|封筒/便箋・手紙の送り方|折り方/入れ方

更新日:2020年08月20日

内定辞退を手紙でしたことはありますか?内定をもらったからといって、必ずしもその企業に就職するとは限らず、内定辞退を申し出る場合もあります。内定辞退は申し出る場合はマナーが重要ですので、正しい手紙の書き方などを知っておきましょう。

内定辞退は手紙以外では不可?

内定辞退の方法としては手紙を企業に送ることが挙げられますが、これ以外の方法では辞退することはできないのかと考える人は多いです。手紙を手書きで作成するのは時間がかかりますし、パソコンで作成する場合でも時間がかかってしまうことは多いです。

また手紙の場合は郵送の時間なども考えて早めに作成しておかなければなりませんし、作成が遅れてしまうと、速達などを使用しなければならず余計にコストがかかってしまいます。手紙にすることで誠実さはアピールできるものの、辞退の旨を申し出るまでに面倒なことは多いですし、手紙以外で内定辞退を申し出ることはできないのでしょうか。

電話やメールなど

内定辞退は手紙だけではなく、電話やメールなどでもすることができます。これらの方法であれば素早く辞退の旨を伝えることができますし、余計な手間もかけずに辞退の旨を申し出ることができます。

手紙で辞退する場合は郵送の時間もかかりますし、企業に連絡がつくまで数日かかってしまいますが、電話やメールなどであれば瞬時に内定辞退を伝えることができますし、時間がない場合などにです。

また内定辞退は早めに申し出ることが大切ですし、素早く連絡しておかないと企業に迷惑がかかってしまうこともあります。まずは電話やメールなどで辞退の旨を素早く伝え、その後に手紙で丁寧に謝罪するという方法もありますので、組み合わせて好印象を与えることもできます。

内定辞退の手紙はマナーを守って作成しよう

内定辞退の手紙の書き方や送り方などを紹介しましたが、内定辞退の旨は丁寧に伝えることが大切です。

マナーを守らずに連絡してしまうと、企業に対して失礼ですし、印象も悪くなってしまいます。内定を辞退したからといって、企業との関係が完全に切れるわけではありませんし、これまで評価してもらい、お世話になった企業の気持ちに応えるためにも、誠実な対応を心がけることが大切です。

内定辞退はマナーを守って行うことで企業に迷惑をかけずに済みますし、失礼にもなりません。正しいマナーを身に付けて、上手に辞退の旨を伝えていきましょう。

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests