Search

検索したいワードを入力してください

内定辞退の電話の例文|転職/一身上の都合/他社・注意点

更新日:2020年08月20日

複数企業から内定をもらっても、選べるのは一社のみです。もし内定辞退をしたい場合には電話で連絡しましょう。しかし、理由をどうしたら良いのか、いつまでに連絡すれば良いのかなど、わからないことも多いでしょう。この記事では内定辞退の電話連絡の例文などを紹介します。

留年する場合の内定辞退の電話の例文

せっかく内定をもらえたのに単位が足りずに留年することになってしまうケースもあります。留年が決定したらすぐに内定辞退の連絡をする必要があります。企業の担当者に直接会って相談すれば、企業によっては単位が取れるまで待ってくれる場合もあります。話し合いによっては来年度の新卒者と一緒に入社できるなどの待遇処置をしてくれる可能性もあります。

しかし、連絡なしで会いに行くことはしないのがマナーです。まずは電話で内定辞退を申し入れましょう。内定辞退を伝える場合は企業の代表番号ではなく担当者にかけましょう。電話での例文は次のようになります。

「せっかくの内定をいただけたのですが、誠に勝手ながら内定辞退をさせていただくことにしました。私事で大変恐縮なのですが、今年度卒業予定のはずですが、単位の修得がままならず留年する運びとなってしまいました。恥ずかしい限りではございますが、留年により内定辞退を決意いたしました。ご期待に沿えず大変申し訳ありません。面接などでも非常に暖かく接していただき、お世話になったにも関わらずこのような結果になってしまい、本当に申し訳ありません。」

妊娠した場合の内定辞退の電話の例文

妊娠が発覚した場合にはやむを得なく内定辞退をしなくてはならない場合があります。妊娠初期なら働ける環境を用意してくれる企業もありあすが、ゆくゆくは休業することは目に見えていて会社・企業に迷惑がかかることになりかねません。

また、体調不良を考えて勤務に自信がない場合にも内定辞退をしなくてはならないでしょう。妊娠という喜びとともにせっかく掴んだ仕事のチャンスを辞退しなくてはならない状況は複雑な思いがあるでしょう。しかし、自分の意志をきちんと固めて伝えることが大切です。

妊娠が発覚し、内定辞退をすると決めたら速やかに電話で連絡をしましょう。悩んで先延ばしにしてしまうと、企業側はさまざまな準備を進めているため迷惑がかかります。妊娠のために内定辞退を申し入れる場合の電話での例文は次のようになります。

「お話ししにくいことではありますが、この度、妊娠○ヵ月ということがわかりました。今後の体調面で勤務や通勤に自信がありませんので、会社にご迷惑をおかけすることを考えると、残念ですが内定を辞退させていただきたいと思っております。入社前の方が良いと判断いたしました。せっかく、内定をいただきましたのに、大変申し訳ございません。」

「御社の内定をいただきまして喜んでおりましたところ、急に妊娠○週であると診断されました。悩みに悩みましたが、大事をとって、残念ではございますが内定を辞退させていただくことでご了承をいただきたく思っております。本当に申し訳なさでいっぱいです。申し訳ございません。」

職種が合わないという理由の内定辞退の電話の例文

他の業界を選びたいという理由の内定辞退の電話の例文

適性を理由に断る場合の内定辞退の電話の例文

地元就職を理由にする場合の内定辞退の電話の例文

転職などで理由を明確にしたくない場合の電話の例文

内定辞退の電話のかけ方でのマナーや注意点

企業への電話をかける際には言葉遣いやマナーに注意が必要です。内定辞退をしたいことを伝えるのが大前提ですが、電話で話す順序を決めておかないとしどろもどろになったり早口になってしまったりしてうまく伝えられない場合があります。

電話でのやりとりで何を言われても答えられるよう、事前にシュミレーションしておくことも大切でしょう。電話をかける時眼帯やポイントについても説明するのでぜひ参考にしてください。

電話をかける前に環境を整えよう

内定辞退の意思が固まったらいち早く電話をかけたいところですが、話す内容や順番はきちんとシュミレーションできているでしょうか。また、担当者が不在の時などには再度かけ直す時間帯などをメモする必要もあります。そのため、電話をかける前にさまざまな準備が必要です。

電話をかける前にメモ帳やスケジュール帳、筆記用具を手元に置いておきましょう。相手から重要事項を知らされた場合にメモをとったり、自分のスケジュールなどについて答えられるようにするためです。これは内定辞退の電話だけでなく、さまざまな電話のやりとりの際にも必要な準備です。

また、内定辞退の理由を考えておくことも大切です。もし聞かれたらなんと言うのか、どのような言葉を使うのかを考えておきましょう。先にも説明したように、企業にとってマイナスイメージの理由は失礼にあたるため、もし聞かれたら無難とされる理由を伝えると良いでしょう。

失礼のない言葉遣いが重要

電話ではお互いの顔を見ることができないため、誤解を生まないためにも言葉遣いに細心の注意が必要です。丁寧語や敬語を使うのはもちろん、内定辞退の電話では回りくどい言い方ではなく簡潔な話し方も必要です。相づちを打つ際には「うん」「ああ」「ええ」などは使わず、「はい」と言いましょう。

また、はっきりとした声で話すことも大切です。電話では直接話すよりもはきはき話しましょう。聞き取りづらい声だと相手に間違った情報を伝えてしまう可能性があります。内定辞退をしたいという内容を伝えるのは気後れしてしまうものですが、はっきりと話しましょう。

理由を聞かれた場合には慌てず、「非常識ではありますが」「大変恐縮ですが」などの言葉を前置きしてから理由を説明しましょう。言葉に詰まったときに、「えーっと」「それはですね」とつい言いがちですが、理由をごまかしているという印象を与えてしまう場合もあるため注意しましょう。

次のページ:内定辞退の電話のかけ方の例文

初回公開日:2017年11月17日

記載されている内容は2017年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests