Search

検索したいワードを入力してください

内定辞退の電話の例文|転職/一身上の都合/他社・注意点

更新日:2020年08月20日

複数企業から内定をもらっても、選べるのは一社のみです。もし内定辞退をしたい場合には電話で連絡しましょう。しかし、理由をどうしたら良いのか、いつまでに連絡すれば良いのかなど、わからないことも多いでしょう。この記事では内定辞退の電話連絡の例文などを紹介します。

連絡しないで着信拒否する

一般的には、内定をもらっても電話に応じなければ辞退が承認されるというルールはありません。電話をしたくないからと言って着信拒否をするなどということは言語道断です。電話連絡が取れないことで企業側に迷惑がかかるだけでなく、余計な心配をかけることになります。

本人と連絡が取れないと、大学や親への電話連絡が入る可能性もあるでしょう。このように、内定辞退の電話をしないままでいると、周りの人にも迷惑がかかり、結果的に自分が恥をかくことになるでしょう。

内定を辞退することを言いづらい気持ちは誰しも持つものでしょう。勇気を出してしっかりと辞退の言葉を述べることが大切です。

内定辞退した企業に嘘の理由を言う

内定辞退の理由は正直に言うことが大切で、企業にとってマイナスイメージの理由は避けるのが賢明ということを説明しました。しかし、適当な言葉が思い浮かばず、口から出まかせを言ってしまうと、後になってつじつまが合わなくなってしまう場合があります。

嘘の理由で相手との会話が成り立たない事態にならないためにも、内定辞退の電話をかける前にあらかじめ理由をしっかりと頭の中で整理しておくことが大切でしょう。

内定辞退した企業の悪口を言いふらす

「あの会社の給料は安すぎる!」「全然待遇がよくない!」など、電話やSNSなどを使って内定を辞退した企業の悪口や悪評を広めることはやめましょう。たとえ匿名であっても、企業の人事担当者が見たら誰が書いたのかを特定される可能性があります。

相手に不快な思いをさせ、結果的に自分の首を絞めることにもなりかねないため、電話やSNSで悪口を言いふらすことは社会人として絶対にやめましょう。

内定辞退は悪いことではない

内定辞退の電話のかけ方や例文などを紹介してきましたが、いかがでしたか。現代では複数企業の内定をもらい、その中の1社に決めるというスタイルは一般的になっています。そのため、企業側はそれを熟知して対応に望むでしょう。また、内定辞退をすることで本当に自分のやりたい仕事に就くことは当然の権利と言えるでしょう。

しかし、内定辞退をする企業に対して迷惑がかかるのは事実です。自分の都合により迷惑をかける行為であるため、誠実な態度で対応することが大切です。内定辞退の電話をかけることは社会人としての試練と捉え、就職活動を成功させましょう。

初回公開日:2017年11月17日

記載されている内容は2017年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests