Search

検索したいワードを入力してください

入社承諾書の添え状は手書きにするべきか・書き方と例文

更新日:2020年08月20日

入社承諾書を提出する際には添え状を同封して郵送するのが一般的です。書類の郵送時に添え状をつけるのはビジネスマナーとしては一般的なことですし、入社承諾書を提出する場合でもそれは同じです。今回は入社承諾書に同封する添え状についてご紹介します。

三つ折り

入社承諾書と添え状を封筒に入れる場合には、三つ折にしていれるのが一般的です。三つ折にすることで小さな封筒でも入れることができますが、この際には折り方に注意しなければなりません。折って入れるといっても適当に折り目をつけていいわけではなく、折り目は曲がらないように真っすぐつけなければなりません。

折り目が曲がっているとがさつな印象を与えてしまいますし、入社承諾書を雑に扱っているということで、印象が悪くなってしまうことが多いです。真っすぐ綺麗に折らなければなりませんので、折り目を付けるときには定規を使用するなど、細心の注意を払うようにしましょう。三つ折で入らないのであれば、四つ折りにして封筒に入れていきます。

折らずに入れる

入社承諾書と添え状は三つ折や四つ折りなどにして封筒に入れる場合もありますが、それは使用する封筒が小さい場合です。封筒は小さいサイズだけではなく大きいサイズでも使用可能であり、A4サイズを折らずに入れられる角型2号の封筒などがです。

このサイズであればほとんどの書類を折らずに入れることができますし、折り目が曲がってしまうなどの心配をする必要はありません。入社承諾書は基本的にはA4かB5サイズですし、添え状もそのサイズに合わせて作成しますので、入らないということはほとんどありません。

入社承諾書と添え状は折らずに入れることもできますので、余計な心配をしたくない人は、大きいサイズの封筒に入れるようにしましょう。

入社承諾書に添え状は必要か?

企業に書類などを郵送する際には添え状を同封することが基本的なマナーではありますが、入社承諾書には添え状は必要なのかどうか悩む人は多いです。対企業で書類のやりとりをする場合には添え状は必須ではありますが、社内のやりとりであれば、基本的には添え状は必要ありません。

入社承諾書を出すということは、企業の一員として働くということですし、社内でのやりとりになると考えれば、添え状は必要なないとも考えられます。入社承諾書を提出する際には、添え状は本当に必要なのでしょうか。

必要

結論から言えば、入社承諾書を提出する場合でも添え状は必要です。企業に対して書類を郵送する場合は、添え状は必須のマナーですし、入社承諾書を提出している段階では、厳密には社員としては認められていません。

企業に対して入社承諾書を提出し、それに企業が承認して企業の一員として認められますし、さらに言えば入社日を迎えるまでは厳密に社員ではありません。入社承諾書に企業が承認した状態は、いわば入社日を迎えれば社員として迎え入れるというものであり、その時点で社員になるわけではありません。

入社承諾書を提出する段階では社員同士のやりとりとはなりませんので、忘れずに添え状をつけて提出するようにしましょう。

添え状をつけて入社承諾書を上手に提出しよう

入社承諾書の添え状の書き方やマナーなどを紹介しましたが、入社承諾書を提出する際には、添え状の同封は必須です。添え状がなければマナー違反として印象が悪くなってしまいますし、入社後の仕事に影響してしまう場合もあります。

企業での仕事をスムーズに進めるためには、入社前からしっかりと好印象を与えておくことが大切です。少しでも好印象を与え、入社後の仕事をスムーズに進めるためにも入社承諾書には添え状をつけ、しっかりとマナーを守って提出するようにしましょう。

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests