Search

検索したいワードを入力してください

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

更新日:2020年08月20日

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方とは、どのようなものでしょう。せっかく入社する予定の内定者懇親会なので、しっかりとした言動をしたいものです。そこで、この記事では、内定者懇親会の質問例なども含めてまとめてみたので見てみて下さい。

内定者懇親会の服装

内定者懇親会の服装とは、どのようなものがあるでしょう。あまり目立つような服装でも問題になることもあります。ある意味では、自分らしい服装で自分をPRできると良いでしょう。そのためには、一つの方法として実際に内定者懇親会に出席する時の服装を事前に着てみて他の人に見てもらっても良いです。

その上で、色々なアドバイスをもらえば内定者懇親会でも他の人から見て印象の良い服装となります。また、自分にあったネクタイの色などはあります。これを実際に判断するためには、ネクタイを売っている店などで実際にネクタイをつけてみて比べてみると良いでしょう。

そうすることで、その会社のイメージ色と自分の好きな色を考慮してネクタイを決めることができます。

内定者懇親会に季節別服装

内定者懇親会に季節別服装としては、懇親会に出席していてあまり疲れない服装が良いでしょう。内定者懇親会は、基本的にはスーツで出席することが多いです。特別な会社の指定がない限りスーツで出席しましょう。

スーツについては、就職活動で使用していたスーツでも良いです。特に新しく準備する必要はありませんが、こだわりのある人は新しくスーツを購入することもあるでしょう。また、季節によっては暑い日もあるので、すぐに上着が脱げるような服装にしておく必要があります。

スーツはクリーニングに出しておくことが大切ですが、ワイシャツもシワがよっているような状態ではなくて、綺麗にしておくとスーツを脱いでも問題ないです。

春の内定者懇親会の服装としては、冬とは違うのであまり厚手のスーツは選ばない方が良いでしょう。大切なことはその日の天気をよく確認して、その上で最終的にどのような服装にするか決めましょう。

できれば、天気の良い日は薄手のスーツを着るのがです。スーツはある意味では着ているだけで疲れることがありますが、薄手のスーツであれば重さをあまりないので、着ていて楽です。また、自分にあったスーツであれば、リラックスして内定者懇親会に出席することができます。

内定者懇親会は、出席するだけで緊張することがあるので、スーツ選びには注意したいところです。上手にその日の天候に合わせてスーツを変えることができれば、快適に内定者懇親会を終えることができるでしょう。

夏の内定者懇親会に出席する時は、スーツで行くのが大変ですが、やはり一般的にはスーツで参加することになります。内定者懇親会の会場までは、スーツの上着などは脱いで移動することはできますが、会場に行ったらスーツをしっかりと着て参加します。

具体的な服装としては、夏用のスーツがです。また、靴下なども通気性のある靴下を使用すると暑さをしのぐことができるでしょう。見た目では、スーツの場合冬服と夏服とではあまり違いが分かりませんが、実際に着てみると良く分かります。

また、内定者懇親会の会場がとても暑い時は、スーツの上着は脱いでも問題ないです。場合によっては、ネクタイもゆるめても良いでしょう。

秋に内定者懇親会がある時は、普通のスーツで出席すればよいでしょう。暑すぎるような日は少ないので、体温調整などは気にしなくても問題ないです。また、秋は日によっては、寒くなる日もあるので、そのような時にはコートを準備しておきましょう。

コートを内定者懇親会の会場にもっていっても誰も何も言いません。ただし、コートが不要となるとただの荷物になってしまうので、秋の内定者懇親会もその日の天候を考慮して服装を決めるのが基本です。コートを選ぶ時は、基本的には目立つ色のものはさけましょう。

具体的には、黒を基調としたものが良いでしょう。着ていて黒のコートであれば、落ち着くこともあります。

冬場に内定者懇親会はけっこうありますが、服装には十分に注意が必要です。特に雪などが降る時は、気を付けましょう。冬の内定者懇親会にはコートが必要です。内定者懇親会は色々な時間帯に始まりますが、どの時間帯であっても外に出て移動している最中は特に寒いです。

他の用事などもあって忙しい時に内定者懇親会に出席したために風邪を引いてしまっては意味がありません。靴下もスーツ用の靴下でできる限り厚手のものを用意しましょう。雪や雨などが降っているときは、替えようの靴下をもっていくと良いです。

また、懇親会に出席する時の移動を考慮して手袋も使用すると良いです。冬はとにかく防寒が必須であって、屋外にでるとより一層寒いことを考えに入れて服装を決めましょう。

内定者懇親会のお礼メールの書き方

内定者懇親会のお礼メールのポイントは、なんといってもできる限りはやいタイミングで送ることでしょう。あとは、内容に注意が必要ですが、意外にも遅くなって送信する人が多いです。

具体的な記載方法としては、件名は簡単な内容で「内定者懇親会ありがとうございます。田中大学 田中」などと記載します。また、メールの本文ははじめに会社名、採用担当者の部署と名前を記載します。次に「内定者懇親会に参加させていただいてありがとうございました」と入力して、自分の言いたい事を他に記載します。

最後に「入社してからも全力で頑張りますのでよろしくお願いいたします」と記載します。これが基本的なメールの書き方となりますが、色々と自分で工夫することができるので考えてみると良いでしょう。

返信など

内定者懇親会のメールの返信などでは、感謝の気持ちを相手に伝えることも大切ですが、入社後の自分の抱負なども記載しても良いでしょう。内定者懇親会の目的は、内定したものどうしで話すことも大切ですが、会社の雰囲気をつかむことも重要です。

その内定者懇親会で思ったことをもとにして、入社後の抱負を採用担当者などの会社の社員にメールで返信することは、とてもイメージアップになります。入社前から、入社後のことを考える必要があるのかと思う人もいると思いますが、実際にはかなり重要なことです。

入社前から実は会社側はあなたの事を色々な視点で見ています。その情報をもとに入社後のあなたのキャリアを考えていることもあります。

内定者懇談会のお礼のメールをする意味

内定者懇親会のお礼のメールをする意味としては、社会人としての常識の一つとなります。これは、内定者懇親会は、会社がお金を払って場所をかりた上で開催される事もあります。

そのような懇親会に対して、内定者として会社にお礼をすることは、ある意味では当然だと考えるのが社会人の考え方です。

そのため、学生の立場で内定者懇親会に出席した人も、メールでお礼するのは常識となります。あまり、他に記載することがなくても簡単な内容のお礼メールは送っておきましょう。

内定者懇親会の自己紹介例

初回公開日:2018年04月09日

記載されている内容は2018年04月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests