Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月09日

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方とは、どのようなものでしょう。せっかく入社する予定の内定者懇親会なので、しっかりとした言動をしたいものです。そこで、この記事では、内定者懇親会の質問例なども含めてまとめてみたので見てみて下さい。

内定者懇親会の服装

内定者懇親会の服装とは、どのようなものがあるでしょう。あまり目立つような服装でも問題になることもあります。ある意味では、自分らしい服装で自分をPRできると良いでしょう。そのためには、一つの方法として実際に内定者懇親会に出席する時の服装を事前に着てみて他の人に見てもらっても良いです。

その上で、色々なアドバイスをもらえば内定者懇親会でも他の人から見て印象の良い服装となります。また、自分にあったネクタイの色などはあります。これを実際に判断するためには、ネクタイを売っている店などで実際にネクタイをつけてみて比べてみると良いでしょう。

そうすることで、その会社のイメージ色と自分の好きな色を考慮してネクタイを決めることができます。

内定者懇親会におすすめの季節別服装

内定者懇親会におすすめの季節別服装としては、懇親会に出席していてあまり疲れない服装が良いでしょう。内定者懇親会は、基本的にはスーツで出席することが多いです。特別な会社の指定がない限りスーツで出席しましょう。

スーツについては、就職活動で使用していたスーツでも良いです。特に新しく準備する必要はありませんが、こだわりのある人は新しくスーツを購入することもあるでしょう。また、季節によっては暑い日もあるので、すぐに上着が脱げるような服装にしておく必要があります。

スーツはクリーニングに出しておくことが大切ですが、ワイシャツもシワがよっているような状態ではなくて、綺麗にしておくとスーツを脱いでも問題ないです。

春の内定者懇親会の服装としては、冬とは違うのであまり厚手のスーツは選ばない方が良いでしょう。大切なことはその日の天気をよく確認して、その上で最終的にどのような服装にするか決めましょう。

できれば、天気の良い日は薄手のスーツを着るのがおすすめです。スーツはある意味では着ているだけで疲れることがありますが、薄手のスーツであれば重さをあまりないので、着ていて楽です。また、自分にあったスーツであれば、リラックスして内定者懇親会に出席することができます。

内定者懇親会は、出席するだけで緊張することがあるので、スーツ選びには注意したいところです。上手にその日の天候に合わせてスーツを変えることができれば、快適に内定者懇親会を終えることができるでしょう。

夏の内定者懇親会に出席する時は、スーツで行くのが大変ですが、やはり一般的にはスーツで参加することになります。内定者懇親会の会場までは、スーツの上着などは脱いで移動することはできますが、会場に行ったらスーツをしっかりと着て参加します。

具体的な服装としては、夏用のスーツがおすすめです。また、靴下なども通気性のある靴下を使用すると暑さをしのぐことができるでしょう。見た目では、スーツの場合冬服と夏服とではあまり違いが分かりませんが、実際に着てみると良く分かります。

また、内定者懇親会の会場がとても暑い時は、スーツの上着は脱いでも問題ないです。場合によっては、ネクタイもゆるめても良いでしょう。

秋に内定者懇親会がある時は、普通のスーツで出席すればよいでしょう。暑すぎるような日は少ないので、体温調整などは気にしなくても問題ないです。また、秋は日によっては、寒くなる日もあるので、そのような時にはコートを準備しておきましょう。

コートを内定者懇親会の会場にもっていっても誰も何も言いません。ただし、コートが不要となるとただの荷物になってしまうので、秋の内定者懇親会もその日の天候を考慮して服装を決めるのが基本です。コートを選ぶ時は、基本的には目立つ色のものはさけましょう。

具体的には、黒を基調としたものが良いでしょう。着ていて黒のコートであれば、落ち着くこともあります。

冬場に内定者懇親会はけっこうありますが、服装には十分に注意が必要です。特に雪などが降る時は、気を付けましょう。冬の内定者懇親会にはコートが必要です。内定者懇親会は色々な時間帯に始まりますが、どの時間帯であっても外に出て移動している最中は特に寒いです。

他の用事などもあって忙しい時に内定者懇親会に出席したために風邪を引いてしまっては意味がありません。靴下もスーツ用の靴下でできる限り厚手のものを用意しましょう。雪や雨などが降っているときは、替えようの靴下をもっていくと良いです。

また、懇親会に出席する時の移動を考慮して手袋も使用すると良いです。冬はとにかく防寒が必須であって、屋外にでるとより一層寒いことを考えに入れて服装を決めましょう。

内定者懇親会のお礼メールの書き方

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

内定者懇親会のお礼メールのポイントは、なんといってもできる限りはやいタイミングで送ることでしょう。あとは、内容に注意が必要ですが、意外にも遅くなって送信する人が多いです。

具体的な記載方法としては、件名は簡単な内容で「内定者懇親会ありがとうございます。田中大学 田中」などと記載します。また、メールの本文ははじめに会社名、採用担当者の部署と名前を記載します。次に「内定者懇親会に参加させていただいてありがとうございました」と入力して、自分の言いたい事を他に記載します。

最後に「入社してからも全力で頑張りますのでよろしくお願いいたします」と記載します。これが基本的なメールの書き方となりますが、色々と自分で工夫することができるので考えてみると良いでしょう。

返信など

内定者懇親会のメールの返信などでは、感謝の気持ちを相手に伝えることも大切ですが、入社後の自分の抱負なども記載しても良いでしょう。内定者懇親会の目的は、内定したものどうしで話すことも大切ですが、会社の雰囲気をつかむことも重要です。

その内定者懇親会で思ったことをもとにして、入社後の抱負を採用担当者などの会社の社員にメールで返信することは、とてもイメージアップになります。入社前から、入社後のことを考える必要があるのかと思う人もいると思いますが、実際にはかなり重要なことです。

入社前から実は会社側はあなたの事を色々な視点で見ています。その情報をもとに入社後のあなたのキャリアを考えていることもあります。

内定者懇談会のお礼のメールをする意味

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

内定者懇親会のお礼のメールをする意味としては、社会人としての常識の一つとなります。これは、内定者懇親会は、会社がお金を払って場所をかりた上で開催される事もあります。

そのような懇親会に対して、内定者として会社にお礼をすることは、ある意味では当然だと考えるのが社会人の考え方です。

そのため、学生の立場で内定者懇親会に出席した人も、メールでお礼するのは常識となります。あまり、他に記載することがなくても簡単な内容のお礼メールは送っておきましょう。

内定者懇親会の自己紹介例

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

内定者懇親会の自己紹介例としては、自分をいかに会社の人に理解してもらえるかがポイントです。人によっては、やる気があって自分の目標がある人は、思い切って入社後の目標などを自己紹介で発言しても良いでしょう。

具体的な自己紹介例としては、「田中大学から参りました、田中です。常に今なにをするべきか考えて一つ一つ目標に向かって頑張って参りますのでよろしくお願いいたします」などがあります。インパクトのある自己紹介ができれば、入社した後も自分のことを覚えてくれている人がいて良いでしょう。

また、元気のある自己紹介は社会人としての常識となっています。緊張する雰囲気でもある内定者懇親会ではありますが、自分をアピールすることができれば、自己紹介としては問題ないでしょう。

もしも自己紹介で緊張した時の対処法

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

もしも内定者懇親会の自己紹介で緊張してしまった時は、事前に最低でも言わなくてはいけないことを覚えておくことをおすすめします。緊張するのは、誰でも仕方のないことでそのような時にどう対処するのかが大切です。

一つの方法としては、自分が他の社員や内定者に伝えたいことを一つか二つくらいは覚えておいて、それについて発言することが良いでしょう。いくつか準備しておけば、たとえ忘れた事があったとしても対応できます。

また、どのようなかたちで自己紹介をするのは分からない事があるので、どのような事があっても大丈夫なように色々なパターンを想定しておくのも良いでしょう。

内定者懇親会の内容例

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

内定者懇親会の内容例としては、一つとして社長の挨拶があります。これは、内定者に対して社長が直接挨拶することになります。話しの内容としては、内定者に対して今後期待することや、どのような経緯で採用活動を行ってきたのかなどがあります。

また、会社の状況によっては、今後どのような事に会社として力を入れていくのかなども話すことがあります。また、時間のある時は質疑応答のようなものもあり、直接社員の人に質問することができたりします。

さらに、内定者懇親会ではお酒がでる可能性が高く、かなり良い雰囲気で行われるので、自分で気になることがある人は、タイミングを見て社員の人に聞いてみると良いでしょう。

変わった内定者懇談会の内容

変わった内定者懇親会の内容としては、自分の特技を披露するような事があります。これは、披露するのが難しい時は無理してやる必要はありませんが、一発芸のようなものをやる人が多いでしょう。

会社の懇親会でなぜ、特技を披露する必要があるのかと考える人がいますが、会社としては新入社員に対して色々な期待をしている証拠でもあります。とにかく内定者懇親会では元気な自分を社長や人事、その他の社員に伝えることができればよいです。

かなり限られた時間の内定者懇親会なので、積極的にさまざまな人とコミュニケーションをとれれば、新しい仲間もできるでしょう。内定者同志で連絡先などを交換できれば、入社までの間に情報交換もできます。

内定者懇親会での質問例

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

内定者懇親会での質問例としては、これを質問するべきといった事はありません。ですが、会社に対して失礼になるような事はなるべくさけましょう。例えば、今後の会社の経営方針などは、聞いても良いでしょう。

その話の中で色々と派生して話が盛り上がってくれば貴重な情報も入社できるでしょう。内定者懇親会に出席して複数の会社のうち一つに絞ろうとしている人もいると思いますが、そのような時はとにかく質問してみてどのような会社なのかさらに明確にすることで自分が入社する会社を決めることができます。

言い換えると、お酒の席で会社に対して質問できるタイミングは、内定者懇親会以外ではほとんどないので、この機会を逃さないように質問することがポイントです。

してはいけない内定者懇談会での質問例

してはいけない内定者懇親会での質問としては、あまり個人的な事についての質問はやめた方が良いでしょう。理由としては、内定者懇親会には他の内定者も複数参加しています。そのため、自分だけの場ではないので、他の人の事も考慮して質問する事が一般的です。

また、会社に対して質問した時にわからないと言われた場合に、しつこくその内容について確認しようとする事も良くないです。会社側は、内定者に対して言える事に限界があります。

それは、内定者はまた社員になったわけではないので、情報を管理する意味でも発言できる限界があります。会社側が言えないような内容であることは、追及するのはやめましょう。

内定者懇親会を欠席するときのマナー

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

内定者懇親会を欠席する時は、マナーとして電話またはメールで内定者懇親会を欠席することと、その理由について伝えておくことが大切です。時間のない時には、電話で伝えることが重要で、できれば内定者懇親会の担当者に直接言うようにした方が良いでしょう。

他の人に伝言をお願いした場合、しっかりと担当者に伝わったか不明な点があります。内定者懇親会のような大切な事は、欠席する時は直接担当者に伝えることが常識ではあります。また、理由について詳しく聞かれた時は、なるべく正直に理由をいうことが大切です。

会社からした場合、内定者懇親会に欠席するには相当な理由があると考えます。そのため、担当者に欠席理由を聞かれた場合、正直に問題のない範囲で理由を伝えましょう。

許容される内定者懇談会の欠席の理由

内定者懇親会にはなるべく出席しなくてはいけませんが、どこまでが許容される欠席理由でしょう。ある意味では、内定者懇親会は会社に出勤するのと同じであって一番優先されるものです。

たとえ、学生であっても他の用事よりも優先して内定者懇親会に出席するのが一般的でしょう。許容される欠席理由としては、例えば自分の親が手術をする日と重なった場合なども考えられます。このような場合、非常にリスクの高い手術であれば内定者懇親会への欠席は許容されるでしょう。

それに対して、親戚の冠婚葬祭などでは、許容されない場合もあります。会社側に欠席の理由を言って、それでも出席するようにと言われることはまれですが、実際に許される欠席理由は限られています。

内定者懇親会におすすめの髪型

内定者懇親会でのおすすめの髪型としては、面接などでしていた髪型でも良いでしょう。一番してはいけない事としては、髪を染めていたりすれば、内定者懇親会で目立ってしまうことになります。また、人事などに変に覚えられてしまうのも入社前には良くないでしょう。

どうせ内定者懇親会で目立つなら、他の事で目立った方が良いです。あくまでも髪型は、スーツに合うように面接と同じような髪型で問題ないです。一番大切なことは、自己紹介で自分のやる気を会社側に知ってもらうことや、内定者同志で情報交換できることです。

内定者懇談会での一般的なマナーについて

内定者懇親会での一般的なマナーについては、あまり内定者同志で話をし過ぎないことです。メインは、出席者全員で話しを聞く事や自己紹介であるので内定者同志での話しばかりしていると注意されることもあるでしょう。

また、社長の話など貴重な事も聞けるので、大切な事は覚えておくようにしましょう。入社してからは、社長に直接会うことも難しくなります。また、内定者懇親会はお酒の席でもありますが、お酒の量は適量にしましょう。

あまり飲みすぎると大切なことを忘れてしまう事もあります。社員の人にお酒を飲むように言われたら少しずつ飲めばそれで問題ないです。本当にお酒が苦手な人は、理由を言って断っても良いでしょう。

最近では、お酒の席でお酒を断っても問題にならなくなってきました。以前とは状況が違っているので、お酒が飲めない人もマイナスに考える必要はありません。

内定者懇談会での重要な注意点と好印象な参加の仕方

内定者懇親会の内容例・服装・お礼メールの書き方・質問例

内定者懇親会での重要な注意点は、これからお世話になる会社に対して自分をアピールすることでもありますが、よろしくお願いしますといった気持を伝えることが大切です。そのためには、自己紹介で多少緊張しても自分の気持ちをしっかりと発言しましょう。

あなたが、しっかりとした考えで入社に対して準備していれば、会社側もあなたの自己紹介を聞いて、この人を採用してよかったと考えるでしょう。新卒の場合は特にはじめての会社になる人がほとんどで、何があるのか分からないところが多いです。

それでも、会社に入社して全力で頑張るといった気持ちでいれば、内定者懇親会でもしっかりと言動できます。一番のポイントとは、その会社に対する自分の考え方です。自分の考え方を内定者懇談会の前にまとめておき、当日に社員の方や、他の内定者と話しができれば好印象な内定者懇談会の参加の仕方といえます。

Latests