Search

検索したいワードを入力してください

採用通知の連絡の流れと返信方法・遅い理由|電話/メール/郵送

更新日:2020年08月20日

就活では採用通知をもらうことが一旦のゴールであり、企業から採用通知がくれば一安心です。しかし採用通知がくればその瞬間に就活が終わるわけではなく、そこからさまざまなことをしなければなりません。採用通知がきた後にすべきことも知っておきましょう。

採用通知の連絡の流れは?

就活をしていれば一旦のゴールとなるのが内定です。内定をもらえば必ずしもその企業へ就職するとは限りませんが、本人に就職の意思があれば就活は終了になります。そのため内定をもらうことで就活がひと段落する人は多く、それを知らせるものとして採用通知があります。

採用通知は文字どおり採用が決定したことを知らせるものですが、その通知の仕方にはいくつかの種類があります。基本的にはどの方法であっても採用通知であることに変わりはありません。それぞれの通知方法の流れを知っておきましょう。

電話

就活の採用通知は電話でされることが一般的には多いです。最終面接後に企業から電話がかかってきます。基本的には採用担当者や人事が電話をかけてきて採用が決定したことを知らせてくれます。返事を急がせる場合もありますが、いつまでに返事が欲しいと期限を指定するのが一般的です。

あくまで採用通知であって、採用の意思を問うものであるケースは少ないので、すぐに就職するか、それとも辞退するかを決定する必要はありません。

メール

採用通知の方法としては、メールでの通知も多いです。これまでの選考でも結果をメールで知らせていた場合は採用通知もメールで行うことが多く、採用が決定したこと、いつまでに返事をすればいいのかなどが記されています。

メールの場合はメールへの返信を持って就職の意思を伝える場合もありますが、別途面会日などが指定されていて、その日に結論を出す場合もあります。企業によってさまざまではありますが、メールの場合であれば結論を急がせることはそれほどありません。

郵送

郵送で採用通知が来る場合は採用通知書として書面で採用が決定したことを知らせます。郵送の場合は採用通知書だけではなく、入社承諾書や懇親会などの案内も同封されているケースも多く、採用通知書単体で送られてくることは少ないです。

就職の結論についても急がせる場合は少なく、懇親会などへの参加を行ってから決めてもいい企業もあります。郵送の場合はメールや電話よりも採用通知が送られてくるまでに時間がかかりますので、ゆっくりと考える時間が用意されています。

採用通知への返信方法は?

採用通知をもらえばそこで終わりではなく、採用通知に対して自身の結論を返信しなければなりません。採用通知をもらえばその企業に就職するのか、それとも辞退するのか、もう少しだけ考える時間をもらいたいのかなどを伝えることが大切です。

結論が何にせよ、何もアクションを起こさないのはNGです。採用通知に対して返信なしは就職の意思がないと思われ、不採用となってしまう場合もありますので、どんあ結論であってもとにかく企業への返信は怠ってはいけません。

採用通知が遅いときの理由は?

採用通知が来るタイミングは企業によって異なっており、最終面接後の当日に採用通知が来る場合もあれば、そこから大きく日を開けて結果が知らされる場合もあります。一般的には結果が早いこと場合は採用通知であり、結果が遅いときは不採用であると言われていますが、必ずしもそうではありません。

採用通知が来るのが遅い理由としては、企業でも判断が難しく悩んでいる場合や単に忙しいという場合もあります。採用通知が遅い理由はさまざまですが、遅いからといって諦める必要はありません。

合格していることはあるのか

結論から言えば、採用通知が来るのが遅い場合でも選考に合格している可能性はあります。企業が結果を出す順番としては、文句なしで採用が決まっている人、満場一致で不合格の人からです。評価が両極端な人から順に結果が発表され、ボーダーの人は結果の通知が遅くなる傾向にあります。

企業では採用人数がある程度決められていますが、採用通知を出した人全員が就職してくれるわけではありません。辞退者が出ることを見越して多めに採用通知を出す場合もありますし、実際に辞退者が出れば、繰り上げで採用通知が来る場合もあります。結果の通知が遅い場合でも、さまざまな事情によって採用となることはあります。

採用通知が来ないときの対処法は?

採用通知が来るのが遅い理由としては企業が採用を決めかねている場合と単に忙しくて連絡が遅れている場合の2パターンが考えられますが、それらの事情を抜きにしてもあまりにも結果の発表があまりにも遅く、いつまで経っても通知がこない場合もあります。

この場合は企業の連絡ミスが考えられますので、結果がどうなっているのか問い合わせる必要があります。連絡が来ないままにしていては、そのまま不採用になる可能性もありますので、連絡があまりにも遅い場合は企業に問い合わせましょう。

電話のかけ方など

採用通知が来ない場合は、企業に電話をかけて問い合わせてみましょう。このときに直接結果を聞くのはNGです。あくまでも結果の発表はいつ頃であるかを聞きましょう。また結果の発表期間を聞く際も、最終面接時に聞き忘れてしまったと加えて尋ねることが大切です。

本来であれば面接時に結果の発表期間は聞いておかなければなりませんので、それを聞きそびれたことを謝罪しつつ、結果の発表期間を尋ねましょう。

採用通知電話がきたときの受け方・対応方法は?

採用通知が電話できた場合は、まずは感謝の気持ちを述べ、いつまでに結果を出せばいいかを聞いておきましょう。すでに意志が決まっている場合でも本当にその企業に就職していいのかを冷静に考えることが大切です。

考える期間を作るためにも、結論を出すまでの期間をもらうことが大切です。また結論が出れば、電話で伝えるのか、それともメールで伝えるのかなど返答方法も聞いておきましょう。電話をもらってその場では正しい判断ができない場合も多いので、一度時間を空けて冷静になってから答えを出すことが大切です。

面接から採用通知までの平均期間・いつ通知されるか?

最終面接が終わってから採用通知が届くまでの期間は企業によってさまざまです。しかし一般的な目安というものはありますので、それを参考にして、いつ通知があってもいいように心構えをしておきましょう。

1週間

企業から採用通知が来るまでの期間としては大体1週間程度であることが多いです。最終面接ではそれほど人数は残っていませんし、1週間あればすべての志望者の面接が終わることも多いです。

きっちり1週間後というわけではなく、1週間以内に採用通知が来る場合が多く、最も多いのは最終面接の翌日から2~3日後にかけてです。

2週間など

初回公開日:2017年11月14日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests