Search

検索したいワードを入力してください

内定先の電話対応方法とマナー・内定通知がくる時間帯

更新日:2020年08月20日

電話で、内定通知が告げられた場合の対応方法についてご紹介していきます。内定通知が、電話でかかってくることも少なくありません。喜びの感情を抑えて、冷静に対処するために、対応方法を頭に入れておくことが大切なので、どうぞ参考にしてください。

内定先の電話の対応方法

まずは、内定先の電話の対応方法についてご紹介いたします。内定先への電話は、これから一緒に働く仲間になるということもあるので、他の電話より、さらに丁寧に対応することが大切です。

敬語の使い方や言葉遣い、返事の仕方など、一つ一つの発言を意識的に、かつ丁寧に行っていくように心がけていきましょう。

受け答え

内定先との電話で大切なのは、その受け答えです。Yesにしても、Noにしても、明るくハキハキと答えることが大切です。内定先に入社する場合、採用担当者があなたを採用して良かったと思えるように、ハキハキとした受け答えをすることが大切です。

内定をいただいたからと言って、急に暗い対応をしたり、モゴモゴ話したりすると、相手に対する印象もかなり悪くなるので、気をつけてください。企業側は、法律上それだけで内定取り消しにすることはできませんが、入社後のことを考えても、明るくハキハキとした口調で丁寧に対応していくことが大切です。

返事

選考企業から内定通知の連絡が電話来た場合は、基本的にその場で返事をするように心がけましょう。入社する場合でも、内定を辞退する場合でも、その場で回答をしてあげることで、企業側としても、今後の選考活動の見通しを立てやすくなるためです。

企業側としても、あなたが入社するのかしないのかによって、今後追加で何名に採用通知を出せば良いのか変わってきます。そういった意味でも、心の中で決まっているものがあるのであれば、それを伝えるようにしましょう。

万一、他の企業の選考との兼ね合いで、返事を待って欲しい場合は、丁寧にその旨を伝えて、なおかついつまでに、返事を出せるのかを伝えておくようにしてください。あまり長引きすぎると企業に与える印象も良くないので、1週間から長くても2週間前後を目安として回答すると良いでしょう。

内定先への電話マナー

続いては、内定先への電話マナーについてご紹介します。内定先へ電話をする際は、必ずメモを用意しておき、話した内容について必ずメモを取っておきましょう。社会人として働き始めてからもよくあることですが、言った言わないの問題になるとやっかいなので、きちんとメモをとることを推奨します。

その上で、電話をかける時間帯としては、日中の早い時間帯か、遅くとも夕方6時前までにかけるようにしましょう。基本的には、内定先の営業時間内にかけることがポイントであり、電話が通じた場合でも、「今大丈夫ですか?」と相手を気遣う発言をしてから、内容を伝えるようにしてください。

内定通知がくる時間帯

続いては、内定通知がくる時間帯についてご紹介いたします。内定通知がくる時間帯については、企業によって異なる部分が多いと言えますが、一般的には午前中にかかってくるケースが多いと言えます。採用担当者にとっても、内定通知を出すという仕事は優先度の高い業務であり、午前中に片付けてしまいたいと考える担当者も少なくありません。

もちろん、午後や夕方にかかってくる場合もあるので、なるべく電話に出られる態勢を整えておきましょう。一般的に内定通知は、最終面接日の3日後から1週間後を目安としてかかってくるので、覚えておくと良いでしょう。必要に応じて、企業の連絡先をアドレス帳に登録しておき、出られなかった場合は、すぐに折り返しをできる準備をしておくと良いでしょう。

内定通知への折り返し電話の仕方

続いては、内定通知への折り返し電話の仕方についてご紹介いたします。基本的に、着信を確認次第、すぐに折り返しをするようにしましょう。営業時間外に着信に気づいた場合は、翌朝の営業開始後のタイミングで折り返し電話をかけると良いでしょう。

電話をかける際には、自分の名前を名乗った後、折り返し連絡の旨を伝えるようにしましょう。「お忙しいところ、恐れ入ります。○○大学の○○と申します。さきほど、○○様からお電話を頂戴しましたので、折り返しご連絡差し上げました。恐れ入りますが、○○部○○課の○○様をお願いいただけますでしょうか」といった形で折り返し連絡をすると良いでしょう。

夕方

折り返し連絡を夕方にするケースもあるでしょう。午前中に着信があって、夕方に折り返し連絡をする場合は、折り返しが遅れてしまったことを陳謝する一言があると、より丁寧な対応となります。

実際に、採用担当者との電話がつながった場合、「先ほどは電話に出られず申し訳ございませんでした」といった一言を添えることで、あなたの印象もかなり良くなると言えます。

内定通知の電話がこないときの対処法

続いては、内定通知の電話がこないときの対処法についてご紹介いたします。選考企業の最終面接を受けた後で、なかなか内定通知が来ない場合もあります。

一般的には、最終面接の後、早くて3日後から、遅くとも1週間程度で内定通知が来ると言われています。企業によっては、面接終了後に、いつまでに連絡をくれるか教えてくれるケースもあるので、その場合は、その期日まで待つようにしてください。

それ以外で連絡が来ない場合は、2週間を目途にこちらから連絡をしてみましょう。2週間経っても選考結果が来ない場合、何らかの理由で通知が遅れている可能性もあります。電話でもメールでも構いませんが、自分の名前と選考結果が来ない旨を先方に伝えて、その返事を待つと良いでしょう。

最後に、対応してくださったことに対して、感謝の意を伝えるのを忘れないようにしてください。

内定通知の電話への承諾の仕方

続いては、内定通知の電話への承諾の仕方についてご紹介いたします。内定通知をもらった場合は、喜びのあまり大きな声を出したり、思わずタメ口になったりしてしまう人も散見されますが、そういった対応にならないように気をつけてください。喜びを爆発させるのは、電話を切った後にしましょう。

承諾の旨については、「ありがとうございます。。ぜひ御社で働かせていただきたいと思っております」と伝えれば問題ありません。その後、適宜確認事項がある場合もあるので、その質問に対しても適切に回答するようにしてください。

内定辞退する場合の電話での伝え方と例

初回公開日:2017年12月20日

記載されている内容は2017年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests