Search

検索したいワードを入力してください

内定承諾書の封筒の書き方・入れ方・選び方|縦書き/横書き/裏

更新日:2020年08月20日

内定承諾書の封筒はどんなものを使っていますか?内定承諾書を提出する際には封筒に入れるのが一般的であり、封筒の選び方や書き方などにも注意しなければなりません。好印象を与えるためにも、内定承諾書に使う封筒にも注意を払いましょう。

内定承諾書の封筒の書き方は?

就活では企業にエントリーをして、選考を受けます。選考に合格し、内定を獲得することが目的ですが、企業から内定を言い渡された状態では、まだ就職が決まったわけではありません。企業からの内定を確実なものにするためには、内定承諾書にサインをして、それを企業に提出しなければなりません。

内定承諾書の提出方法は企業によってさまざまですが、事前に企業から送られてきて、それを郵送などで返送するのが一般的です。内定承諾書は間違いのないように慎重に書かなければなりませんが、それだけではなく、封筒の書き方にも注意が必要です。

内定承諾書は封筒に入れて企業に返送しますので、封筒の書き方が間違っているとマイナスの印象を与えてしまいます。また場合によっては企業に届かなくなりますので、封筒の書き方には充分に注意しましょう。

縦書き

内定承諾書の封筒の書き方としては、縦書きで記入するのが一般的です。縦書きの場合は基本的には手紙などを書く場合と同じです。郵便番号を記し、企業の住所などを記して封筒を完成させていきます。

縦書きの場合に注意が必要なのが住所などの番地名は漢数字で書くということです。算用数字で書いたとしてもマイナスの印象を与えることはまずありませんが、厳密には間違いです。企業によっては細かい点までチェックしている可能性もありますので、数字は漢数字で書くようにしましょう。

また番地名などは漢数字ですが、郵便番号に関しては算用数字で書きます。郵便番号も書き間違えないように注意しなければなりません。

横書き

内定承諾書の封筒は縦書きが一般的ではありますが、横書きで記入する場合もあります。横書きだからといって間違いではありませんし、マイナスの印象を与えることもありません。縦書き、横書きどちらを選んでも問題はありませんので、書きやすい方を選び、それぞれ間違いなく記入していくことが大切です。

封筒は縦書きの場合は数字は漢数字で記入していきますが、横書きの場合は基本的には算用数字で記入していきます。住所や企業名に数字が含まれている場合はそのまま漢数字で記入しますが、それ以外の部分については基本的には算用数字になりますので、表記を間違えないように注意が必要です。

内定承諾書の封筒を書く時に忘れがちなのが、封筒の裏面への記入です。封筒の表面は企業の住所などの宛先を書きますので必ず書きますが、それらだけを書いて裏面には何も書かずに提出してしまう人は多いです。

表面さえ間違えずに記入することができていれば、企業のもとには届きますし、内定承諾書が届かないということはありません。しかし裏面への記入もマナーであり、何も書いていないことでマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので、裏面も忘れずに書いておくことが大切です。封筒の裏面には自身の情報を記入していきます。

大学名、学部名、住所、氏名などを記入しておき、またポストに投函する日時についても記入しておきましょう。

内定承諾書を企業のもとに確実に届けるためには、封筒の表面をしっかりと記入しておかなければなりません。封筒の表面には送り先である企業の住所を記入していきます。これが間違っていると企業のもとに内定承諾書が届きませんので、間違えないように提出前には何度も確認しておくようにしましょう。

企業の住所を記入すれば、企業名や部署名、わかる場合は担当者名を記しますが、最終的な宛先が誰になるかによって敬称の付け方が異なってきます。グループに宛てて出す場合は御中ですし、個人に対して出す場合は様を付けるのが基本的なマナーです。これが間違っていると常識が身に付いていないとしてマイナスの印象を与えてしまいますので、注意しましょう。

内定承諾書の封筒の入れ方は?

内定承諾書を企業に提出する際には、封筒に入れて送ることが一般的です。そのため企業に確実に届けるためには封筒の書き方に注意が必要ですが、ただ企業のもとpに内定承諾書が届けばいいというわけでもありません。

企業のもとに内定承諾書が届くことは大前提のことであり、さらに好印象を与えるためには封筒への入れ方などに注意が必要です。内定承諾書が企業のもとに間違いなく届いたとしても、封筒への入れ方次第ではマイナスの印象を与えてしまう可能性もありますし、就職後の仕事のスタートがスムーズにいかない場合もあります。

就職前から企業と良好な関係を築くことは大切なことですので、好印象を与えられるように内定承諾書の封筒への入れ方を知っておきましょう。

お礼状も同封

企業に内定承諾書を提出する際には、封筒に入れるべきなのは内定承諾書だけではありません。内定承諾書以外にもお礼状を同封して送るのがマナーです。お礼状は企業へのお礼の気持ちを伝えるためのものであり、内定をもらえば必ず送っておくべきです。

お礼状は基本的には個人の自由で出すものですが、内定をもらったときは例外的に必須となりますので、失礼にならないように必ず封筒に同封しておきましょう。また内定承諾書を企業に提出する際には添え状が必要になりますが、お礼状を出す場合は添え状と一緒にすることもできます。

添え状兼お礼状とすることもできますので、企業に感謝の気持ちを表す書状は、必ず封筒に入れておきましょう。

折り方

内定承諾書を封筒に入れる場合は、折り方にも気をつけなければなりません。内定承諾書を折って入れる場合は、基本的には三つ折になります。三つ折が正しい折り方であり、書面が内側になるように折って封筒に入れましょう。

また内定承諾書は必ずしも折って入れる必要はなく、大きめの封筒を使って折らずに入れる方法もあります。折って入れるとどうしてもかさが高くなってしまいますし、お礼状などを同封するとなれば封筒がぱんぱんになってしまうこともあります。

封筒にきちんと収まっていれば問題はありませんが、あまりにも膨らみすぎていると見栄えがよくありません。大きめの封筒を使って折らずに入れる方法もありますので、やりやすい方法で内定承諾書を封筒に入れていきましょう。

内定承諾書を入れる封筒の選び方は?

内定承諾書は封筒への入れ方も重要ですが、封筒そのものの選び方にも注意しなければなりません。使用している封筒の種類によって印象は変わりますし、好印象が与えられる場合もあれば、マイナスの印象を与えてしまう場合もあります。

封筒の選び方は社会人のマナーとしては常識的なものですし、正しいものが選べていなければ、常識がないと判断されてしまう可能性がありますので、充分に注意しましょう。社会人としての常識がなく、その自覚もないとなれば印象は悪いですし、入社後にも影響してしまう可能性もあります。

内定承諾書はただ送ればいいわけではありませんので、使用する封筒にも注意を払ってマナーを守って送付しましょう。

色など

初回公開日:2018年01月31日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests