Search

検索したいワードを入力してください

【内容別】内定後のメールのやりとりの例文|署名/返信

初回公開日:2018年02月02日

更新日:2018年02月02日

記載されている内容は2018年02月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

内定後のメールはその後の内定式や入社式、研修の問い合わせなどをするのに必要なツールです。内定後のメールのやりとりは学校では教えてもらえません。なるべく本などで学びメールのマナーを身につけて入社後でも仕事でメールを使う際も困らないようにマナーを学びましょう。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

内容別に見た内定後の会社とのメールのやりとりの仕方

内定の通知がメールで届く企業も多くなってきています。電話もしくはメールで内定通知をいただく場合は書面で残す場合も出てくるのでメールと言うツールは内定後のやりとりをするためにはどうしても重要なツールとなります。

電話よりメールの方が書面として残す事もできるので内定後の署名などもメールでする場合も多く、メールでの署名をして実際入社してから正式に入社承諾書に記入する企業もあります。

内定後の企業とのメールのやりとりは基本的な挨拶を忘れずにメールのやりとりをしましょう。企業からメールが届いたらすぐに返信をして営業時間内にメールを返信しましょう。マナーを守る事は大切です。

給与交渉をする場合

会社訪問の際に給与についての説明を受けて企業を受けているのですから、メールで給与交渉をすることはマナー違反です。内定後の給与交渉は普通はしません。転職の場合でも新卒の場合でもまだ仕事をしてどのぐらいのスキルを積んでいて能力を発揮できているのかが内定後のメールをもらっている段階では分からないからです。

希望年収を企業側に伝える事をすることはあまり好ましくないのが一般的です。特にメールだけで給与交渉をするのは理想的ではなく、もし給与交渉をしたければ内定式後入社式が終わってからタイミングをみて給与交渉をしましょう。

会社訪問の際に給与についての説明はすでに受けているので大幅な給与アップなどをすることはマナー違反になるどころかお金のことばかり考えてる人と思われて悪いイメージが定着してしまいます。

内定後の質問をする場合

内定式や入社式の日程を内定後にメールで問い合わせることはどうしてもあります。その際は挨拶文を入れてから本題に入りましょう。いきなり用件を書く事はしないことです。

まず企業名と部署の名前、担当の方の氏名を書き、担当名のあとに様をつけます。そのあと挨拶文を入れてから大学名、学部名、氏名を記入してから用件を伝えましょう。

なるべく簡潔に用件をまとめておくことが大切です。企業は内定後のメールのマナーもきちんとできているのか見ています。きちんとした手順を踏んでメールを送りましょう。

内定後の挨拶をする場合

メールで内定後の挨拶をする場合はメールでの内定通知のお礼のメールを送るのが多いです。先ほどの内定後の質問をする場合と同じく、会社名、部署名、担当名の氏名を書き担当の名前の後に様をつけて、挨拶で始まり用件を伝えてから、締めの挨拶をして署名と記載しましょう。

普段、友人などに送っているメールとはまた違ってきます。挨拶で始まり、挨拶で終わります。入社後も得意先へメールを送る際は同じように用件をまとめて簡潔にして挨拶で始まり、挨拶で終わらせるメールを書くようにしましょう。

メールの送り方一つでも何度も見直してからメールを送りましょう。内定後のメールだからといってまだ正式な採用ではないです。気を引き締めていきましょう。

内定後にメールで署名をする場合

内定後に送るメールには最後に署名という文字を入れます。通常企業に送るメールで「敬具」となっている場所に「署名」という文字を入れます。内定後のメールには最後に敬具ではなく署名と記載しましょう。

まだ内定が決まっただけでメールの内容がとてつもなく常識はずれの内容ならば採用を見送る場合もあり得ます。最低限のマナーを持ってメールを送るようにしましょう。

メールのマナーというのは学校などで教えてくれるものではありません。ビジネスマナーなどの本などを読んで勉強しておく事も大切です。内定後から内定式、入社式まできちんとマナーを守ってそれぞれの行事をこなしていきましょう。内定後から入社式までに学んだ事はその後の社会人として役立つ事ばかりです。

内定後のメールのやりとりの例文など

内定後のメールのやりとりのほとんどは内定のお礼のメールや研修や内定式の日程などを企業に聞く事が多いです。メールの作り方は先ほど述べて来た内容と変わりません。会社名、部署名、担当名を入れて、挨拶で始まり用件を簡潔に伝えて挨拶で締めくくるメールを作ります。

研修や内定式の日程の変更がある場合があるので、相手からメールが送られてきたらすぐに返信をしましょう。なるべくレスポンスを早くしておく事も必要です。

内定後のメールはほとんど内容が決まっているのでメールを相手に送ることはコツを掴めば難しい事ではないです。誠意を持ってメールを送れば企業側も誠意を理解してくれます。気持ちのいいメールのやりとりをしましょう。

貴社とは書かず御社と書こう

人によってまちまちです。貴社と書いても構いませんし、御社と書いても構いません。御社の方が柔らかい言葉なので御社という言葉を利用した方が良いでしょう。まだ内定後のメールの作成に慣れていない場合は企業を表す言葉も慎重に選びたいものです。

挨拶で始まり、挨拶で締めることを忘れなければ、慣れないメールでも相手に気持ちが伝わります。内定後は企業との連絡のツールは電話かメールです。なるべくマナーを守って利用しましょう。

文系の人が書くメールと理系の人が書くメールは明らかに違ってきます。文系の人の方が相手の気持ちを捉えるメールを書くのが上手です。理系でも基本を間違えなければ文系の人に負けないメールが作成できます。

様と書く場合と御中と書く場合

担当者に送るメールの場合は会社名、部署名、氏名の後に様とつけましょう。御中とつける場合は担当者の氏名などが分からない時に会社名または部署名のあとに御中とつけましょう。

内定後のメールで担当者が分からないメールがくることはまずないでしょう。もし担当者が分からないメールが来たら部署名のあとまたは会社名の後に御中とつけましょう。

御中の使い方を学んでおく事も必要です。基本的なビジネスメールの知識はじぶんで学ぶことをしなければ身に付かないです。また実際にメールを作って送らないと分かりにくいこともあるので企業に送るメールの知識を身につけておきましょう。

宛て名をメールで書く場合

メールアドレスがあるので宛て名を書く事自体はメールではしないでしょう。じぶんの大学名や学部名や住所を書く場合はメールの最後に記載しましょう。その後「敬具」ではなく「署名」と記載しましょう。

宛て名を書く時は郵送で企業に郵便を送る場合に多く、普通にメールを企業に送る際は宛て名をあまり気にする事はないでしょう。もし大学名や学部名を書く際は用件の後の締めの挨拶の後に記載しましょう。

内定後のメールの返信の時の例文など

相手から送られて来たメールの件名をそのままにしましょう。またReなどもそのままにして返信のメールをやり取りしましょう。

誤字脱字は避けるようにしてメールを作りましょう。内定後のメールは内定のメールと同じような書式で書きます。企業名、部署名、担当者を書き、挨拶で初めて用件を書き挨拶で締めます。最後に「署名」と記載しましょう。

返信はなるべく早く、企業の営業時間ないに送るのがマナーです。その点は電話と同じです。なるべく午前中などにメールは送りましょう。午後にメールが届いて営業時間外の場合は翌日午前中にメールを送りましょう。

メールですべてを済ませようとしない方がよい

給与交渉や入社後も連絡をいちいちメールで済ませようと考えない事です。実際に会って話したり、メールだけでは終わらない話しなどをメールで送る事は好ましくないです。内定後、内定式や入社式ぐらいまでにしておきましょう。

メールのマナーは自分で学んでおこう!入社後はメールで済ませようとしないことが大切!

学校でもメールのマナーは教えない学校が多いです。メールのマナーは本などで学ぶようにしましょう。内定後のメールは転職でも新卒でも内容が大幅に変わる事はないです。基本的なメールの作成法を知っていれば難しくないです。むしろ丁寧に書こうと思い仰々しいメールにならないようにしましょう。

内定後はメールが重要なウェイトを締めるツールになります。理系の人も文系の人も相手に丁寧に伝える気持ちがあれば誠意のあるメールを作成できます。じぶんに自信を持ってメールを作成しましょう。

Latests