Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月13日

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

内定通知書の返信・対応方法などはどのようなものでしょう。実際に就職活動をしていると内定通知はもらったけれどもその後の対応がわからない事が多いです。この記事では、内定通知の返信・対応方法・いつくるのか・来ない場合などの対処についてまとめてみたので参考にして下さい

種類別内定通知の対応方法

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

内定通知の対応は、困る人が多いです。一生懸命頑張って内定をもらえた企業であればあるほど、しっかりと対応したいところです。

一般的には、内定通知と一緒に今後の予定についても記載されているときがありますが、内定通知を受けてから今後の予定について不明な点があったら、担当者に電話やメールで確認した方が良いでしょう。担当者も気持ち良くあなたの質問に対して答えてくれます。また、もともとあなたに対して情報伝達がうまくいっていない事もあります。

このような時は、どんなに考えても分からないので早急に電話やメールで確認した方が良いです。場合によっては予定上時間に余裕のない時もあります。

メール

内定通知に対応としてメールで対応することがあります。このときは、自分が誰なのかや、内定通知を確かに受けとったなどの、基本的なことを相手に伝えましょう。メールだと失礼になるのではないかと思う人もいますが、早いタイミングで自分が内定通知を受け取ったことを伝えたり、質問したいことがある場合はメールが便利です。

また、時間的に余裕のない時などはメールを送った後でもよいので、電話をして直接担当者と話しましょう。また、メールで対応する時は、これからお世話になる企業であるので、「入社した後も頑張りますのでよろしくお願いいたします」と記載しておくと印象が良いです。

メールでの注意点

メールで内定通知の対応をする時は、メールした後にできれば電話をしておくと良いでしょう。内定通知を受けたら、本人が確実に内定通知を受けたか確認する方法としては、電話があります。

メールだけでは、本人が本当に内定通知を受けたかどうか心配する会社もあるので、できればメールの後に電話する方が良いでしょう。また、メールでの注意点として誰にメールを送信するかが問題になることがあります。

担当者あてにメール送信したい場合でも、総務宛てのメールアドレスしかわからないことがあります。このような時でもメールで送りたい時は、電話して担当者のメールアドレスを送るように工夫した方が良いでしょう。

電話

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

電話で内定通知に受けた時の対応をするのは一般的です。内容としては、今後お世話になる会社であるので、「今後ともよろしくお願いいたします」としっかりと伝えることが大切なのと「この度は内定をいただきまして誠にありがとうございます」といえる余裕も必要です。

また、電話の流れで今後の予定について話す機会もあるので、そのような時はすぐにメモをとるようにしましょう。緊張することが多いので、つい忘れてしまうこともあります。最後に電話を切る前にどうしても気になることは、質問してしまった方が良いでしょう。

電話の良いところ

電話で内定通知の対応をする良いところは、相手の考えていることがある程度見えることです。これは、電話でないとわからないことなども含めて、実際に電話で話すことで色々な情報を入手できます。

入社後の自分のイメージをつかむことも内定通知の電話でわかることもあるでしょう。また、人事のあなたに対する対応一つでも会社の社風なども理解する良いタイミングでもあります。スムーズに内定通知について話してくれて、今後の予定についてもはっきりと伝えてくれる会社は親切な会社でしょう。

また、対応が悪く何か悪いイメージがつく会社は、もう一度考え直した方が良い場合もあります。

郵送

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

郵送で内定通知の対応をする時は、内容に不備のないように確認することが大切です。例えば、内定通知を本人が確実に受けたことを明確に記載することも大切です。また、質問などがある場合は、それとは別にしっかりとわかりやすく質問することもポイントです。

郵送で内定通知の対応をする時は、どれくらい郵送に時間がかかるか把握しておきましょう。あまり、時間がかかるようなら他の対応をする方が良いです。郵送での注意点としては、封筒に宛名を記載しますが、紙面にも担当者の名前を記載することが一般的とされています。

面倒と感じることがありますが、確実に担当者に自分が内定通知を受けたことを伝えるためには、ビジネスにおける常識的な文章の書き方も重要です。

内定通知の返信方法

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

内定通知の返信方法としては、いくつかの方法があります。一つとしては、メールで返信する方法もあり、郵送で返信する方法、電話での返事などがあります。どれにするか迷った時は、電話でする方が良いでしょう。

電話であれば、直接担当者と内定通知に関して話しをすることができます。そもそも内定通知とは応募者に対して会社として内定を出したことを伝えるためのものであって、応募者本人が確実に内定通知を受けたことを会社は気にします。

そのため、電話をすることで会社側も安心することが普通でしょう。また、電話であれば、話しの派生で情報交換することもできて時には重要な情報を入手することもできます。

お礼状

内定通知の返信としてお礼状を送る場合がありますが、これは一般的な方法でもあります。メールが便利に使用されている今でも、お礼状を使用して自分の気持ちを相手に伝えることは大切です。

また、お礼状を受けた会社側からした場合、この内定者は一般常識があると思ってくれるでしょう。入社前にお礼状をしっかりと記載できる人は、仕事もしっかりやってくれる人だと思ってもらえるでしょう。

お礼状の書き方としては、内定をいただいてありがとうございますといった内容と、入社後の自分の抱負などを記載できればなお良いでしょう。

お礼状を返信する理由

お礼状を返信する理由としては、内定をくれた事に対しての感謝を伝えることと、入社の意志があることを相手に伝えるためです。また、確実に内定通知書を受け取ったことを会社に伝えることも含みます。

もしも内定通知書に対して、返信をしなければ他の応募者の中から内定者を決める必要がある場合もでてきて、会社側からした場合非常に重要なものとなります。

採用活動においては会社側も時間との勝負のところがあり、お礼状などの内定通知に対する返信がない場合他の動きをとる必要があります。あまり会社に心配をかけないという意味でも、お礼状は早急に送るようにしましょう。

添え状

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

添え状は、お礼状などと一緒に送る場合があるもので、封筒の中に何が含まれているかや挨拶分とともに送るものです。会社側からした場合添え状があることで、確実に内定者から書類が届いたことを確認することができます。

添え状の内容としては、シンプルな内容でよくお礼状やその他の書類で要件を伝えるのが一般的です。もしも時間のない時などは添え状を一緒に送付しなくても問題ないですが、できれば親切に添え状を一緒に送るのをおすすめします。

また、仕事上でも添え状を利用することはかなりあります。これは、大量な書類などを送付する時に中身がどのようなものかお互い確認する意味で添え状に送付した書類を記載します。

添え状の扱いについて

添え状の取り扱いについては、企業で添え状を見る時に見やすいように送付する書類の中で一番上になるように封筒にいれると良いでしょう。もしも送付状が一番下にあると、何が添え状なのかわからなくなる場合があります。

親切に一番上に添え状を入れることで、会社側もスムーズにあなたの書類を確認できます。特に新卒の就職活動などの場合は、多くの書類を担当者が確認することもあるので、添え状の入れ方には注意が必要です。

また、添え状はできれば大き目の字で記載することが良く、相手がしっかりとよみやすいようにすると良いでしょう。

内定通知書はいつくるのか

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

内定通知書のくるタイミングはさまざまあります。メールで内定通知をして終わりの会社もあれば、郵送で内定通知をしてくる会社もあります。このようなことからいつ内定通知書がくるかわからないですが、もしも気になる人は採用担当者に直接電話して確認することが良いです。

このようなことであれば、問題なく教えてくれます。普通であれば、内定通知に関してはどのような形態でされるかは、面接の最後で言われるケースが多いです。面接のときに質問する時間がある場合は、いつくらいにどのような形態で内定通知が届くか聞いてみるのも良いでしょう。

遅い

内定通知書が届くのが遅い場合は、何日か待ってそれでも来ない時は、電話で確認して良いです。就職活動は時間がない時が多いので、あまり内定通知を待ち続けるのも無駄になってしまうことがあります。

また、内定通知がきたことで自分の予定が変わることもあるので、早めの行動が大切です。さらに就職活動はある意味ではストレスのたまるところがあるので、内定通知書をまつことでストレスをためないようにすることも重要です。

会社によっては、質問などはすべてメールでやっている会社もあるので、そのような会社に対してはメールで確認することが良いでしょう。

内定通知書が来ない時の対応

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

内定通知書がこない時の対応としては、面接の時に言われた内容を思い出すことがポイントです。大体の場合は、内定通知書がとどかない場合は、不採用になりますと言われるでしょう。そのような事を言われている時でも気になる人は会社に直接電話して確認しても良いでしょう。

電話先で確認する時は、自分が誰なのかはっきりと伝えた後に、採用担当者につないでもらいましょう。もしも不採用であった場合は、他にも会社はたくさんあると考えて他の会社を探す方が良いです。

してはいけない対応

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

してはいけない対応としては、内定通知書がとどかない時にしつこく電話して確認するような事は避けましょう。また、不採用になった場合の理由についてもあまり深く聞き出すことも良くないでしょう。

ほとんどの場合、直接電話して内定通知書の結果について理由を聞いても教えてくれないことが多いです。

好印象な内定通知書の返信の仕方とは

【種類別】内定通知の返信・対応方法・いつくるのか|来ない

好印象な内定通知書の返信の仕方としては、早いタイミングでアクションすることが大切です。会社側も対応の早い人に対しては、好印象となります。また、内定通知書が届いているのに返信を何日もしていないと会社側も心配することとなります。

電話で内定通知書の返事をする時は、元気よく「内定をいただきまして誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします」と言っておくと採用担当者も安心してくれるでしょう。

Latests