Search

検索したいワードを入力してください

初任給の使い道・内訳・面接での答え方|高校生/看護師/会社

更新日:2020年08月20日

初任給の使い道・内訳・面接での答え方・看護師とは、どのようなものでしょう。面接で初任給の使い道について質問されることはよくあります。そこでこの記事では、初任給の使い道・内訳・面接での答え方・高校生・看護師などについてまとめてみたので見てみて下さい。

初任給の使い道

初任給の使い道は、人によってさまざまでしょう。一つとしては、親に仕送りする人もいれば貯金する人もいます。何に使用するかは別として社会人としてはじめてもらった給料をどのようにするかは、その後の給料に対する考え方にも関係しています。

できれば、初任給を貯金して少しずつ将来のために貯めていくのが良いでしょう。また、旅行などに行く人もいて初任給に対する考え方は色々あります。基本的には、最初から少しでも貯金する方が良いでしょう。

高校生

高校生が就職してもらう初任給の使い道としては、親に何かプレゼントなどを買う人もいますが、貯金をする人や外食をする人が多いでしょう。

高校を卒業してから就職した場合は、その後に働く期間が大卒よりも多いので、給料面に対してもすぐに貯金をしなくてはいけないといった考えは少ないでしょう。外食などで初任給の使い道を済ませればそれほどお金もかからずに満足することもできます。

大学生

大学を卒業してもらった初任給の使い道としては、貯金がやはり多いでしょう。大卒の場合は、地方から都内の大学に進学してそのまま都内の企業に就職するケースがあります。

この場合、家賃などもかなりかかるので、将来のことを考えてなるべく貯金しようと考える人が多いでしょう。また、大卒の場合は授業料などを借りている場合もかなりあるので、その返済が初任給の使い道となるケースもあります。

初任給の使い道で多い使い方

初任給の使い道で多い使い方としては、外食をすることが多いでしょう。これは、何回も外食を繰り返すのではなくて、一人で学生のときは行けなかったレストランなどに行って食事をすることです。

食事は何千円かで済みますが、ゆっくりと外食をすることで自分が社会人になったことを再度自覚することができます。色々最初の一か月でおきたことを思い出す人も多いでしょう。

初任給の使い道で何がわかるか

初任給の使い道でわかることは、その後の家計がどのようになっていくかがわかります。例えば、初任給を全部使ってしまう人はその後に貯金して貯めていくことが難しい場合もあります。

それ対して、少しでも貯金する習慣をつければ将来貯めたお金で一軒家を購入することもできます。初任給の使い方としては、全部貯金するよりも必要な分だけ使うスタンスがあると良いでしょう。

初任給の使い道の内訳

初任給の使い道の内訳は、色々ありますが親に今までの感謝の気持ちを込めてプレゼントを購入しておくる人もいるでしょう。これは、プレゼントをもらった親はとてもよろこんでくれるので多くの人がすることでしょう。

また、学生の頃から仲の良い友達と集まって食事会などをするのも良いでしょう。お互い仕事をはじめてみて思ったことを話すことで今後のためになる話しをもできるでしょう。

初任給を貯金するケース

初任給を貯金するケースでは、最初は数万円くらいからスタートするケースが多いでしょう。あまり無理をして多めに貯金しても結局は、貯金をおろすことになります。数万円から貯金をはじめて無理のない生活の中で余裕がでてきたら旅行などにも行けばよいでしょう。

また、付き合っている人がいて結婚などを意識している場合は、貯金もしっかりと考えておくと良いでしょう。

初任給の使い道の面接での答え方

初任給の使い道の面接での答え方としては、正直に答えることが基本になります。例えば、貯金をする人はそのように簡潔に言えばよいでしょう。また、変わった使い方をしたい人も許容範囲内で発言すると良いです。

ポイントとしては、初任給の使い道からあなたの金銭的な感覚を見ようとしています。会社で継続して働いていく中で、お金をどのように管理して仕事をしていくかはとても重要なことだと言えるでしょう。

してはいけない初任給の面接の答え方

してはいけない初任給の面接の答え方としては、お金を大切に扱わないような発言は避けた方が良いでしょう。

理由としては、会社は仕事することで給料をもらうシステムになっていますが、どんなに会社が給料を払ってもすぐに全部使ってしまっては意味がないためです。常識的に考えてしっかりと貯金をして必要に応じてお金を使う人であれば会社としても安心でしょう。

看護師

看護師の面接における初任給の使い道についての答え方としては、コツコツと貯金する姿勢が言えると良いでしょう。

看護師の仕事は、夜勤などもあり不規則な生活となるケースがありますが、その中で給料についても入ってきたお金を全部使ってしまうのではなくて、貯金できる人が看護師の仕事では必要だとも考えられます。

理由としては、看護師をすることで多少良い給料がもらえる関係ですぐに使ってしまう習慣は、お金がたまらないので良くないためです。そのため、面接では「初任給は貯金します」と言えればよいでしょう。

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests