Search

検索したいワードを入力してください

初任給の使い道・内訳・面接での答え方|高校生/看護師/会社

更新日:2020年08月20日

初任給の使い道・内訳・面接での答え方・看護師とは、どのようなものでしょう。面接で初任給の使い道について質問されることはよくあります。そこでこの記事では、初任給の使い道・内訳・面接での答え方・高校生・看護師などについてまとめてみたので見てみて下さい。

してはいけない初任給の面接の答え方

してはいけない初任給の面接の答え方としては、お金を大切に扱わないような発言は避けた方が良いでしょう。

理由としては、会社は仕事することで給料をもらうシステムになっていますが、どんなに会社が給料を払ってもすぐに全部使ってしまっては意味がないためです。常識的に考えてしっかりと貯金をして必要に応じてお金を使う人であれば会社としても安心でしょう。

看護師

看護師の面接における初任給の使い道についての答え方としては、コツコツと貯金する姿勢が言えると良いでしょう。

看護師の仕事は、夜勤などもあり不規則な生活となるケースがありますが、その中で給料についても入ってきたお金を全部使ってしまうのではなくて、貯金できる人が看護師の仕事では必要だとも考えられます。

理由としては、看護師をすることで多少良い給料がもらえる関係ですぐに使ってしまう習慣は、お金がたまらないので良くないためです。そのため、面接では「初任給は貯金します」と言えればよいでしょう。

看護師における初任給

看護師における初任給は他の職種の初任給とやや違っています。それは、給料だけを見た場合他の職種よりも多くのお金をもらっているイメージがありますが、仕事自体はかなりハードだといえます。

それらを考えにいれると看護師の場合、初任給も大切に扱う気持ちがないとすぐになくなってしまう給料となるでしょう。ハードな仕事でもありながら給料についても貯金する姿勢が必要とされるのが看護師の仕事の特徴ともいえます。

会社

会社における初任給の使い道の面接での答え方としては、その会社の社風を考慮した回答ができると良いでしょう。初任給については、会社によって考え方がかなり違います。会社の業績だけでなくて、もともとのその会社の考え方なども影響します。

特に日本の企業においては、初任給を貯金してあとは少しだけ外食をするだけで我慢するのが多いでしょう。また、かなり業績の良い会社であっても初任給を全部旅行などで使いたいと言った場合、抵抗のある会社もあるでしょう。

採用担当者からみた初任給の面接の答え方

では、採用担当者からみた初任給の使い道の面接の答え方とは、どのようなものでしょう。採用担当者からした場合は、多くの応募者を見ている関係でどのような回答があるか想定しています。

そのため、面接などでアピールするには他の人が思いつかないような内容の初任給の使い道についての回答ができると良いでしょう。具体的には、「初任給は将来のために、結婚資金として貯金します」などがあります。

このような回答をする人はかなり少なく、インパクトがあるので採用担当者はあなたのことを覚えてくれるでしょう。

初任給の使い道を質問する理由

面接を受けている会社が初任給の使い道について質問する理由としては、あなたの基本的な考え方を知りたいためでもあります。それは、お金を大切に扱うかどうかで、あなたの仕事に対する姿勢や本当の姿をある程度イメージすることができることもあります。

初任給の使い道についての質問は、ただの会話でなくてあなたの人間性までを考えるためにしている質問でしょう。そのため、初任給についての質問の回答は、事前に自分なりにしっかりと準備しておく方が良いでしょう。

好印象な面接での初任給の使い道の答え方

好印象な面接での初任給の使い道の答え方としては、自分が本当に初任給をどのように使いたいかはっきりさせる必要があります。その上で面接で発言して問題のない答え方であれば、そのまま発言すれば良いでしょう。

会社によっては、初任給に対しては親に何かプレゼントするのが普通であるといった考え方をする会社もあります。そのため、その会社の社風を十分に考えて自分らしい初任給の使い道について答えられるとさらに、良いでしょう。

また、面接の最中に「他の使い道はないですか」といわれることもあるのでいくつかの使い道を事前に考えて準備しておくと良いでしょう。

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests