Search

検索したいワードを入力してください

OB訪問する際の服装マナー・例|私服やアクセサリーの対処法

OB訪問の服装は、相手から特別指示がある場合を除いて、基本的にはスーツで行くのが一番適しています。面接ではないのでそれほどかしこまらなくても問題ありませんが、社会人は無意識的に服装で人となりを判断することも多く、取引先も含めてスーツを着ている人を見る機会が多いため、一番ベターな服装です。

OB訪問する時の服装のマナー

OB訪問の服装は、相手から特別指示がある場合を除いて、基本的にはスーツで行くのが一番適しています。面接ではないのでそれほどかしこまらなくても問題ありませんが、社会人は無意識的に服装で人となりを判断することも多く、取引先も含めてスーツを着ている人を見る機会が多いため、一番ベターな服装です。

なによりビジネスマンはスーツを着ていることが多いので、OB訪問の時に相手はスーツを着ているのに話を聞かせてもらう当人が私服では、立場がちぐはぐになってしまいます。

しかし、ただスーツを選べば大丈夫ということでもありません。せっかくスーツを着ていても、シワが入っていたりサイズが合っていないと、だらしない印象を与えてしまいがちです。スーツを購入する時は自分のサイズに合ったものを選び、一度着用したスーツはクリーニングに出すかアイロンをかけておきましょう。

特にズボンの折り目がしっかりとついていると清潔感がアップするので、気をつけるポイントです。スーツのボタンはすべて止めずに、2つボタンの場合は上の1つ目だけ、3つボタンの場合は上2つを止め、一番下のボタンはそのまま開けておくのがスーツを着用する際のマナーです。女性のスーツジャケットもボタンの止め方は同じで、スカートの丈は長すぎず短すぎずちょうど膝あたりの長さのものを選びます。

スーツの中に着るシャツは白の無地がベストで、こちらもシワがないようしっかりとアイロンをかけておきます。女性の場合、開襟タイプでも問題ありませんが、胸元が開きすぎないよう気を付けてください。

男性・女性ともに相手に好印象を与える上で、一番大切なことは清潔感です。鏡でチェックをする時に、自分が相手の立場だったらどう見えるかを意識すると良いでしょう。

OB訪問する時の服装の例

男性のOB訪問の服装例としては、黒のリクルートスーツに白いシャツ、青色やえんじ色のストライプ柄、もしくは無地のネクタイを締めます。靴下は黒やグレーのビジネスソックスを選び、座った時にすね毛が見えてしまうことがないよう、若干長めの丈のものを選びます。

靴も色は黒で、靴の先端が長いものや装飾がついているようなデザインが凝ったものではなくシンプルなものを選びましょう。出かける前にしっかり磨いておき、OB訪問前に汚れていないかチェックして、キレイにしてから建物に入りましょう。

女性の服装例も、スーツは黒のリクルートスーツに、白いブラウスか開襟シャツを中に着用します。ストッキングは自分の肌に近い色を選び、伝線してしまう可能性も考えて、予備のストッキングを2枚ほど用意しておきましょう。OB訪問直前に伝線がないかをチェックしておくと安心です。

靴は男性と同様、黒色のシンプルなデザインを選び、長く歩いても足が痛くならないようにヒールは低めにします。足が痛くなってしまうのが心配な時は、インソールを駆使してテキパキと歩けるようにしておきましょう。

カバンは男性も女性も色は黒で、A4サイズの書類が入る大きさのビジネス用のものを選びます。椅子に座ったときにカバンは地面に置くこともあるので、底が固くて自立するものにしましょう。

OB訪問する時に避けた方がいい服装

OB訪問にラフすぎる普段着はNGです。デニム素材やフリース素材、Tシャツなども避けキチンとした印象を与える服装を心がけましょう。

スーツの場合でもストライプなど柄が入っているものや、Yシャツのカラーが派手なものは自己主張が強すぎるので控えた方が良いでしょう。シャツの素材で綿が多く入っているものは、シワになりやすいので注意が必要です。ポリエステルや化学繊維が使われているシワになりにくいものを選びましょう。

女性の場合は、メイクの仕方にも注意しなければなりません。よほど理由がある場合を除いてノーメイクは避け、逆に派手すぎるメイクも控えてナチュラルメイクを心がけましょう。カラーコンタクトも基本的にはしない方がいいですが、どうしても必要な場合は黒や茶色など自然な色で、瞳の大きさが大きくなりすぎないものにしましょう。爪は短く切り、マニキュアは透明かベージュにして、派手な色やネイルアートは控えます。

髪型も清潔感を重視して、男性であれば短く整え、女性であれば長い人はまとめて、前髪も目にかからないように気を付けましょう。ヘアアクセサリーは必要最低限のものにとどめ、装飾要素の強いものはOB訪問の服装には向いていないので控えます。カラーリングをしている人は明るすぎない色にし、生え際が伸びたまま色が違っていると良い印象は与えませんので、しっかりチェックしておきましょう。

夏にOB訪問する時の服装のマナー

近年クールビズが導入されている企業も増えてきましたが、OB訪問をする企業が導入しているとは限りません。夏は暑いのでスーツは大変ですが、就活中は耐えるしかありません。どうしても暑い場合は、ジャケットを脱いでも問題視されることはありませんが、腕にかけるなどしてあくまでもスーツという服装は変えない方が無難でしょう。

また夏用のスーツ生地は薄いのでシワが入りやすく、家を出る時はしっかりと折り目がついていたはずなのに、OB訪問についたら汗の湿気で折り目が消えて、だらしなく見えてしまうこともあります。これから夏用のスーツを買う場合は、形状記憶のものやポリエステルが入っている生地を選んで、綺麗な折り目がキープできるようにしましょう。

中のシャツは夏でも冬でも白い長袖が理想的です。今ではシャツに使われている素材でも、速乾性や通気性に優れたものなど暑さ対策が施されているシャツもありますので、そういったものをうまく利用しましょう。夏は特に汗をかいてシワになりやすいので、素材にも注意してください。

夏に濃い色のネクタイをしていくのは見た目も暑苦しく、汗がにじんだ時にも汗ジミが目立ってしまいます。夏は薄い水色やピンクなどのパステルカラーの方がいいでしょう。

汗をふくためにハンカチは忘れないようにしましょう。ハンカチで足りない場合はハンドタオルでも構いませんが、タオルの細かい繊維がスーツにつかないよう注意しましょう。

夏にOB訪問する時の服装の例

Latests