Search

検索したいワードを入力してください

OB訪問のメールの書き方・例文|日程調整・お礼メールのポイント

就活生の方はこれまでの経験を振り返り、自分の強みや弱みを明確にして「自分はこんな働き方をしたい」という理想を考えるでしょう。その理想と、会社が求める「人材像」が一致しているかどうかがあなたの働きたい会社を見つける上で、とても大きな判断材料になります。

OBから都合の合う日時・場所の連絡が来たら、以下のポイントに気をつけましょう。

互いに余計な時間を割かぬよう、メールは早めに返信しましょう。また社会人がメールを確認をするのはだいたい朝の時間帯です。朝9時半ごろまでに送信していれば、メールは上部に表示されているはずなので見過ごすリスクも軽減できます。

OB・OG訪問で緊張するのは学生だけではありません。相手が準備万端の状態で相談にのれるよう、事前にメールで質問内容を伝えておきましょう。そのためには事前にその会社を調べ、自分の理想とする働き方を明確にしておくことが必要です。

その他に注意すべき事

日程変更・時間変更したい場合、基本的には変更しないことが前提です。ただどうしてもやむを得ない場合は、メールではなく電話で、できるだけ早くその旨を伝えましょう。

OBから来たメールへの返信の例文:日程調整編

実際に送るメールはこのようなイメージです。
件名:REOB訪問のお願い○○大学の◆◆(名前)です。
××会社 ××様

○○大学の◆◆(名前)と申します。

早速ご調整頂きありがとうございます。

下記日程にて、承知し致しました。
日時x月xx日?x月xx日 xx時~
場所 

また、恐縮ですが、当日お伺いしたい内容も簡単に記載させて頂きます。

・〇〇様の今の仕事内容
・〇〇様が御社を志望した理由
・学生時代の経験でどんなことが仕事に生かされたか
・入社前にやっておいた方がいい事
・配属や福利厚生について(※)

お忙しい中恐れ入りますが

当日はどうぞ宜しくお願い致します。

○○大学 ○○学部
◆◆ ◆◆

tel xxx-xxxx-xxxx
mail xxxxxx@mail.com

※実際のOB・OG訪問では、「どのくらいの頻度で異動があるか」「どんな理由で会社を辞める人が多いか」など踏み込んで聞いてみたり、女性の場合は、「産休・育休をとる方の割合」や「女性の管理職の方の割合」を質問するのも良いでしょう。

お礼メール送信後の返信のポイント

OB訪問が無事終了したら、忙しい中時間を割いてくれたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。

お礼メールは、その日のうちか翌日中にのがベストです。

・件名に「用件」「大学名」「名前」を盛り込み、本文の最初に時間を割いてくれたこと感謝の気持ちを伝えましょう。
・相手の話の中で特に印象に残ったエピソード・話題に触れ、自分にとってどれだけ意義があったかを伝えましょう。
・訪問時に聞き漏れたことや疑問点があれば、簡潔にまとめて質問しましょう。

OBから来たメールへの返信の例文:お礼メール編

OBから返信が来たら、感謝の気持ちと熱意を伝えすみやかにメールのやり取りが終わるよう配慮しましょう。

件名:RE:OB訪問のお願い○○大学の◆◆(名前)です。
××会社 ××様

○○大学の◆◆(名前)と申します。

Latests