Search

検索したいワードを入力してください

希望ナンバーの取得費用・変更・申請の費用と消費税|軽自動車

初回公開日:2017年12月15日

更新日:2017年12月15日

記載されている内容は2017年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自動車の希望ナンバーを入手するのは当たり前の時代となりましたが、実際にこの希望ナンバーはいくらぐらいの費用がかかっているのでしょうか。今回はすでに車を持っている場合も含めて、希望ナンバーにかかる費用を細かく分析していきます。

車の希望ナンバーの取得費用

車を購入した後は色々とやることがありますが、その前にまずやるべきことは希望ナンバーを入手することです。車のナンバーを特に指定する気がないという方にとっては些細なことと感じてしまいますが、愛着を少しでも持たせたい場合には必須行為とも言えるでしょう。

そこで、実際に車の希望ナンバーを取得するのに費用がいくらかかるのかをまずは調べていきましょう。理想をかなえるためには現実を知るところからスタートです。前置きしておきますと、ここで提示する希望ナンバー費用は前後合わせた2枚の値段となっています。

軽自動車

今では日本中で見られるようになった軽自動車ですが、その理由は維持費を含めた経費が通常の車よりも圧倒的に安く小回りが利くからです。この軽自動車の希望ナンバーを入手する場合も、安く入手できるのでしょうか。

答えはそこまで大きな差はないということです。実際に希望ナンバーを入手する場合は、ペイント方式にするのか、字光式という光るナンバーにするのかで金額は変わってきますが、ペイント方式の場合は4000~4500円ほど費用がかかって、字光式の場合は6500~7000円程度になります。

しかし、この希望ナンバー取得費用は都道府県によって異なりますので、あくまで参考程度にしてください。車の情報が集まっている別のサイトを覗いてみると字光式の費用は軽自動車の場合5300~5600円程度という記載もありましたので、1000円以上の差が発生しています。

普通自動車

普通自動車の希望ナンバー費用はペイント方式では4000~4500円程度で、字光式では5000~6000円となっています。これは仙台ナンバーを参考にしているのですが、普通自動車の方が字光式費用は安くなっていて、だいぶ気になるところです。

ほかのサイトを参考にしてみたところ、普通自動車と軽自動車の希望ナンバー費用は同じという記載がありましたので、場所によると考えた方がいいでしょう。

大型自動車

大型自動車となると、やはり希望ナンバー費用も割高になります。ほかの二つのデータと同じく仙台ナンバーを参考にしたところ、ペイント方式では4800~5100円程度で、字光式では6200~6500円となっています。

ほかのサイトを参考にしてみると、軽自動車と普通自動車はペイント方式では3900~4400円程度で、字光式では5300~5600円。大型自動車はペイント方式が4900~5200円で、6200~6800円程度という記載をされており、やはり500~1000円程度大型自動車の方が、希望ナンバー費用が高くなっています。

希望ナンバーの変更費用

今度は希望ナンバーに変更をした場合にどのような費用がかかってくるのかを考えていきましょう。希望ナンバー取得費用以外に何がかかるのでしょうか。

ディーラーに頼むと高い?

新規で車を購入した時に希望ナンバーを申し込んだ場合は、手続きなどはすべてディーラー側が行ってくれますので、その手数料がディーラーに対して発生します。これは依頼したディーラー次第で変わってくるでしょうが、新車購入時ならそこまで多くの費用は発生しません。値引き交渉をすればサービスで希望ナンバー費用をただにしてくれることもあるでしょう。

しかし、車を所持している状態で希望ナンバーに変更するのをディーラーに依頼したとなった場合は、費用として2万~3万円ほどかかるという情報がありましたので、かなり割高となります。

ETCの再セットアップ費用などがかかる

新規で購入した場合は、上述したようにディーラーに対する依頼料程度しか発生しませんが、すでにある車のナンバーを希望ナンバーに変更するとなった場合は、いろいろな費用が追加で発生してしまいます。

代表的なものとしては、ETCの再セットアップでしょう。ETCには車両情報が登録されているので、希望ナンバー申請をしてナンバーを変更した場合は、登録情報変更が発生します。これを行わないとETC利用規程違反になってしまいますので、高速道路にいけなくなります。

再セットアップを行ってくれるお店に行って作業をして貰う必要があるので、3000円程度かかると考えましょう。また、申請に行くためのガソリン代やナンバープレートを取り替える作業なども料金として考えるともうちょっと費用はかかってしまいます。

任意保険や自賠責保険の手続きも忘れずに

新規で車を購入し、希望ナンバーを申請する方なら特に問題ないですが、すでに購入済みの車の希望ナンバーに変更する場合は加入している保険の変更手続きをする必要があります。

これを放置すると万が一事故が発生したときに、契約車両ではないという扱いをされてしまうので、結果的に大損してしまう恐れがあります。これは費用という訳ではありませんが、保険金を受け取れないというのは結果的に非常に大きなマイナスと言えますので、金銭という部分では忘れてはいけない部分となります。

希望ナンバーの申請の費用

希望ナンバーの申請費用について細かく考えていきます。申請登録手数料が、350円程度で用紙代が100円です。希望ナンバー代はだいたい4000~5000円と考えた場合でも、これにプラス500円程度で申請費用はまかなえると考えましょう。

希望ナンバーの抽選の費用

ここまで色々と希望ナンバーにかかる費用や、やるべきことについて触れてきましたが、人気のある希望ナンバーを選んだ場合は、抽選対象となってしまうので、その抽選を含めた手数料が発生します。なので、通常の希望ナンバー費用よりも割高になります。

この抽選による費用がいくらになるのかは、都道府県ごとに異なりますが、500円程度割高になると考えてください。ただし、抽選に落ちたとしても何度でも再抽選を申し込むことができますし、何度申し込んでも余計な費用がかかるわけではありませんので、500円程度割高になると考えておけばいいでしょう。

ただし、希望ナンバーを誰かに委託して取得させる場合、抽選が必要な希望ナンバー申請を行うと、それだけ費用が割高になってしまうケースもあります。希望ナンバーが抽選になる場合は自分で手続きをした方が、結果的にかなり安くなるというパターンもあることを覚えておきましょう。

抽選になるナンバーについて

1999年から始まった希望ナンバー制度ですが、実は全国一律で抽選となる番号がすでに決まっています。それは以下のとおりです。

1・7・8・88・333・555・777・888・1111・2020・3333・5555・7777・8888

この14個は全国共通で必ず抽選となる番号ですので、覚えておくといいでしょう。基本的には、ぞろ目が多いことがこれからもわかります。ただし、地域によっては抽選となる番号が増加しているところもありますので、まずは抽選となる希望ナンバーは何なのかを確認するといいでしょう。

確認方法は以下のリンクから簡単に検索できますので、地域ごとに確認してください。神戸や横浜、大阪では希望ナンバーの抽選対象は20個以上になっているので要確認です。

希望ナンバーの費用は消費税はかかるのか

あらゆる部分にのしかかる税金代表の消費税ですが、希望ナンバー費用にももちろんのしかかってきます。ただし、登録ナンバーは非課税で届け出ナンバーは課税対象という分け方をされているので、車の場合に対象となるのは届出をして交付される軽自動車のみとなります。軽2輪車も課税されています。

400cc以上のバイクや普通車などは陸運局で登録して発行されるものなので、登録のナンバーという扱いになるため、希望ナンバーでも消費税はかかりません。税理士の方が気になって確認したとのことですので、間違いないでしょう。

希望ナンバーを手に入れよう

希望ナンバーを入手する費用はそこまで高くはありませんので、新車を購入する際には気兼ねなく実行するのが基本となってきました。しかし、家にある車のナンバーを希望ナンバーに変更する場合は色々と変更する部分がありますので、手続きなどにお金がかかってしまいます。

特に、保険の手続きやETCの手続きを忘れてしまうと大変なことになってしまいますので、忘れずに行っておきましょう。そのことで生じるマイナスは非常に大きいので、希望ナンバー費用よりも大きなものを失ってしまいます。しっかりと意識して希望ナンバーを入手しましょう。

Latests