Search

検索したいワードを入力してください

自転車で帽子が飛ばないようにする方法・日焼け対策用帽子

初回公開日:2018年03月24日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年03月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自転車に乗る時に帽子を被る場合、特に風が強い日ですと飛ばされてしまうことがあり、急いでいる時は面倒な手間となります。今回は、これからの暑い季節にも合った「自転車走行時にマッチする帽子」をご紹介しています。ぜひ、通勤やプライベートで参考にしてみてください!

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

自転車で帽子が飛ばないようにする方法とは?

これから日差しが強くなる季節がやってきます。日頃、自転車で遊びに出掛けたり、仕事に出掛ける方も多いのではないでしょうか。長い時間自転車に乗る場合、被っている帽子が風で飛んでしまうことがあり、恥ずかしい気持ちで取りに戻ることもあります。

今回は自転車に乗っている際に起こる、そういった事態を避けることができるように、さまざまな方法をご提案していきます。頻繁に自転車に乗る方は、必見の内容です。ぜひ、明日から実践してみてください。それでは、順次ご紹介して参りましょう。

顎紐があると飛ばない!

確かな方法は紐が付いた帽子を被ることです。紐をしっかりと顎に引っ掛けておくことで、強風の中でも飛ばされることがありません。見た目としては不格好に感じてしまうことがありますが、飛ばされた帽子を取りに戻るよりはおすすめです。

おしゃれな製品であれば、マッチした雰囲気の紐付きのものがあります。好みの製品がない場合、おしゃれな紐を後から縫い付けることもおすすめです。素敵な生地を選んで付けることで、おしゃれ度もUPしながら効率的に着用することができます。

頭の角度が大事なの?

アナログな方法ですが、やはり風の侵入を回避するように自転車に乗ることが基本的な手段です。当然ながら、顎を上げて走行してしまうとどんな帽子でも簡単に吹き飛んでしまいます。ですので低姿勢になり、斜め下を見るスタイルで自転車に乗りましょう。これにより、帽子内に風が侵入しませんので吹き飛ぶ傾向が格段に下がります。

ですが、あまりに下を向いてしまうと公道ではとても危険です。昨今では、自転車による大きな事故が多発していたりするので、素敵な帽子とファッションに身を包んだならば、安全重視で目的地まで走行しましょう。

自転車に乗る時は被り方が大事!

おしゃれな被り方があります。ちょこんと頭頂部に乗っけるようにして被るスタイルです。ファッションとしても、おしゃれ度が高いスタイルです。ただ、自転車に乗りながら、こうした被り方をすることはおすすめできません。仮に、このまま自転車で走行していれば、すぐに風に吹き飛ばされてしまうことでしょう。

自転車を操作する最中は目深に被ったり、やはり顎紐でくくったりという方法がベストです。そうすることで、おしゃれなファッションのまま運転もすることができますので、楽しい時間を過ごせることでしょう。

自転車で日焼けしにくいおすすめの帽子とは?

真夏となると、非常に強い日差しを受けながら自転車で走行することがあります。ですが、「日焼けはしたくない」という方も多いことでしょう。そうした場合には、最適な帽子を使用する必要があります。寒い時期とは異なる仕様の製品を被ることで、少しでも日差しを遮ることが可能となります。

まだそういった帽子を持っていない方は、夏に向けてそろそろ準備しておきましょう。たくさんの種類がありますが、今回はその中からおすすめの3点をご紹介して参ります。ぜひ、素敵なファッションアイテムに加えてみてください。

UVカットできる!

つばの部分が広く、そしてUVカット仕様のフィルムが貼られた帽子があります。こちらは完全に夏仕様ですので、これからの季節にはうってつけの1つです。やはり、夏の紫外線量はとても多いですので、そうした特殊な加工がされているアイテムを着用することで、日焼けをしたくない方でも難なく日除けをすることができます。

つばの広さもメーカーによってさまざまとありますので、普段の自分のスタイルと合わせた帽子をチョイスしましょう。カラーも豊富に揃っていますので、各種揃えてみるのもおすすめです。これがあれば「真夏でも快適で涼しく」自転車の運転を行うことが可能です。今年の夏から、ぜひ試してみてください。

麦わら帽子がいいの?

夏の代表的な帽子と言えば、やはり麦わら帽子です。こちらは、日本の文化とも言えるアイテムの1つです。自転車の運転中に限らず、各行楽においても十分な日除けの効果を得ることができます。しかも、風がとおり抜けるような仕組みとなっていますので、真夏の蒸し暑い季節の中でも涼やかなひと時を体感することができます。

麦わら帽子ですと最初から顎紐が付いているアイテムがありますので、風にも飛ばされずに、しかも涼しく日除けをすることができます。ファッションアイテムとしても、とても流用性が高い逸品ですので、まだ持っていない方はぜひ購入しておきましょう。デザイン性も高いため、帽子ショップでも各種類ある豊富な中からチョイスすることで楽しみの1つとなることでしょう。

つばの大きさが重要!

夏の紫外線をカットするには、やはりつばの大きさが重要なポイントです。全周にわたってつばがあれば、なおさら日差しをカットすることができますので、そうした製品を探すことも有効的です。涼し気な素材選びも重要ですので、夏に見合った製品を選んでおきましょう。そして、色合いによっても涼しさが異なります。

たとえば、真っ黒な帽子を被っていると、やはり日光の熱を吸収しやすくなってしまいます。暑い時期に被るアイテムとしては、日光を反射する白や淡い色の製品を購入することがおすすめです。これにより体感温度が格段に下がることとなりますので、長時間でも自転車に乗車する場合、有効的な日光の回避術です。今まで実践したことがなかった方は、ぜひ今年の夏に実践してみましょう。

自転車におすすめのメンズ用帽子があるの?

自転車におすすめのメンズ用の帽子があります。帽子の種類は無数にありますので、どういったスタイルのファッションをしようかと悩んでしまうことが多いです。愛用している自転車のスタイルによっても、それぞれ最適な帽子があります。

たとえばマウンテンバイクであれば、スポーティーな雰囲気を醸し出せる帽子がおすすめです。また手軽なママチャリであれば、気楽なスタイルで乗車することもよいでしょう。それでは、それぞれ詳しくご紹介して参りましょう。

ベースボールキャップがおすすめ!

帽子の定番ともいうべきスタイルです。好みのスポーツ選手のものを選ぶことも楽しいことです。同じスポーツをやっている場合では、なおさら愛着もあることでしょう。ベースボールキャップですと、細かなサイズ調整ができますので、風に飛ばされることも少ないです。

大きなつばも付いていますので、日除けの効果を十分に得ることができます。何よりも豊富なデザインがあることもおすすめできるポイントです。さらに、1つあたりの値段も安価な整品が多いですので、選びがいもあり、好みであるスポーツチームの選手の帽子を集めることも楽しいことです。

メッシュキャップがおすすめ!

ベースボールキャップと形状が似ていますが、半分がメッシュで作られている製品があります。こちらはとても便利で、特に蒸れにくい作りとなっています。そのため、長時間の走行でも涼しい状態のまま運転に集中できます。古着屋でもおしゃれなアイテムを取り揃えていますので、数あるデザインの中から選ぶ楽しみも満喫できます。

サイズ調整も簡単にできますので、男女問わずに愛用することができます。価格も1,000円代や、それ以下で購入することができますので、学生にとっては買いやすいアイテムです。色も無数にありますので、既製品に飽きてしまったり、オリジナルのアイテムを探している場合には特におすすめできる逸品です。ぜひ、お好みのデザインを探してみてください。

ハンチングがおすすめ!

シックな印象を与えることができる帽子にハンチングがあります。こちらはどちらかと言えば、若年層よりも歳を重ねたメンズに最適なファッションの1つとなります。渋いカラーのものが多いですので、それに相応する味わい深い自転車にまたがることがおすすめです。

キャスケットと呼ばれる、ハンチングより一回り大きなスタイルの帽子もありますので、日によって使い分けることも楽しみ方の1つです。生地が厚いものから、夏場でも快適に被れる薄手のものまで豊富にありますので、好みのデザインを購入してみましょう。

ハットがおすすめ!

近年、ブームとなっているハットがあります。こちらは、紳士的な印象を与える帽子です。そのため、スポーティーな自転車よりも、落ち着いた雰囲気やカラーリングの車両が最適です。高さが低いものからボリュームあるスタイルまで豊富にあります。

何と言っても、ハットは生地に高級感がありますので、全身のバランスも意識して素敵なファッションを楽しむことができます。高額な製品が多いですが、それだけに作りがよく、末長く愛用することができます。ハットの専門店もありますので、そうした中でお好みの帽子を見付けることも素敵な時間となります。

ニットキャップがおすすめ!

スポーティーな印象を表現するのに最適なのはニットキャップです。目深に被ることで、おしゃれなスタイルと自転車がマッチします。カラーやデザインも豊富ですので、複数揃えておくことでファッションの幅が広がります。どのような自転車へも合わせやすいですので、オールマイティなスタイルを演出できます。

特に冬場の寒い時期には大活躍するアイテムです。耳まで覆うことができますので、極寒地でも寒さを回避することができます。風で飛ばされることがありませんので、長時間自転車に乗る方でも便利なアイテムです。寝ぐせや髪のセットが面倒な時でも、ニットキャップを被ることで短時間で出掛ける用意ができますので、そういった利便性も高いアイテムと言えます。

自転車におすすめの帽子とは?

さまざまな自転車に最適な帽子をご紹介して参りましたが、おすすめのアイテムはまだまだたくさんあります。デザイン性や実用性など、無数に存在するアイテムですので、選びがいもあります。同じメーカーでも、デザインの異なるアイテムを豊富に製造しているショップもありますので、季節に合わせたファッションを堪能できることでしょう。

今回おすすめするアイテム以外でも、まだまだご紹介したいものがたくさんありますが、季節柄最適なものを含めてご説明しています。もちろん、使い方次第ではいろいろな場面においても活用できるものばかりですので、順次ご紹介いたしましょう。

おしゃれな帽子がある!

自転車に乗る時におしゃれ度をUPさせたい時には、カラーリングに重点をおきましょう。自転車のカラーも豊富にありますので、色の調和がマッチしているものがおすすめです。たとえば自転車が赤色であれば、オレンジ系統の帽子を被ることで色合いのバランスが取れます。

もしくは自転車が青であれば、紺系統やグレー系統の帽子を被ることで、相対的なカラーバランスがマッチングします。トータルバランスができていれば、テンションも上がって楽しい1日を過ごせることへも繋がります。

飛ばない帽子とは?

風に飛ばされない帽子を被ることで、運転に集中することができます。それには、生地が厚くて重みのある製品を着用することがおすすめです。これにより、少々の風では帽子が飛ばされることがありません。やはり、「紐が付いた製品」が間違いなく安定して自転車の運転に集中することができます。

夏の自転車走行時は?

暑い時期であれば、薄手で風を通す素材の帽子を被りましょう。35℃を超える日中ですと汗がまとわりつきますので、乾きやすい生地を使っている製品がおすすめです。中でも薄手の綿素材のものは、特に伸縮性もあって汗が乾きやすいです。

色合いは黒目のものよりも、淡い色の製品を使用することが最善です。夏場は熱射病にかかってしまう恐れがありますので、極力熱を逃がせる涼やかな帽子を選択しましょう。これにより、長時間の運転でも疲れを軽減することができるでしょう。

雨が降った場合は?

これから梅雨のシーズンに入りますが、そんな時期でも自転車に乗ることが多い方の場合でもおすすめのアイテムがあります。ビニールでできた帽子がありますので、そうした特殊なアイテムを購入することがおすすめです。もしくは、通常被っている帽子へ専用のビニールを被せて使う方法があります。

雨天時には、そうした便利なアイテムがありますので、自転車で走行する際にはおすすめです。雨染みを回避できたり、生地の縮みや劣化を防ぐことができますので、これからの梅雨のシーズンには大活躍することでしょう。

自転車に向かない帽子とは?

「自転車に乗っている時におすすめの帽子」をご紹介して参りましたが、中には使用にふさわしくない製品もあります。そういったものを使ってしまうと頻繁に風に飛ばされたり、運転に支障をきたしたり、体温調整することが難しくなってしまいます。

不向きなアイテムもたくさんありますが、その中でも特におすすめできないものを例に挙げてご紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

つばの大きさが関係する!

自転車に乗ると大きな風圧を受けます。そのため、大きなつばが付いている製品はおすすめできません。当然ながら、つばが大きければ大きいほど少しの風でも吹き飛ばされてしまいます。どれだけおしゃれな帽子でも、何度も吹き飛ばされてしまうと厄介です。

特に風の強い日には、小さなつばの製品を着用することがよいでしょう。専門店へ行けば、種類が豊富にありますので、多くのデザインから購入することができます。生地や色合いでのおしゃれを楽しむことも大事なポイントですので、ぜひお出掛けください。

サイズが重要!

1番不適切なものは、サイズが合っていない帽子です。小さ過ぎてしまうと、当然ながら着用が困難となります。無理に被っているとストレスともなりかねません。とはいえ、大き過ぎるのも不適切です。頭の上で安定しなくなってしまいますので、自転車での走行時には不向きです。

サイズ表記はさまざまありますが、自分の頭のサイズをしっかりと把握しておくことも購入時の手助けとなります。メーカーによってもサイズ感が異なりますので、やはり実際に試着をしてから購入することがベストです。ぜひ、お近くの専門店へショッピングに出掛けてみましょう。

軽い製品がいいの?

夏場でも、特に蒸し暑いシーズンであれば仕方ないですが、年間をとおして軽い素材の製品は風に飛ばされる傾向が強いです。仮に川沿いなどを自転車で走行中、風に吹き飛ばされてしまうと川に流されたり、水没して紛失することすら起こります。

高価なアイテムですと大きなショックとなりますので、できるだけ適切な重さのあるものを着用しましょう。好みのデザインの製品を入手したら、やはり顎紐を点けたり、襟元にストラップを付けることで風が吹く中でも安心して自転車走行ができます。春1番や、川沿い、海沿いなどを走行する場合には、特に注意が必要です。

素敵なファッションで安全な自転車走行をしよう!

今回は「自転車と帽子」に関する内容をご紹介して参りました。おしゃれやかっこいいアイテムを装着して自転車に乗る場合、いくつかの注意点がありました。街中でスマートに走行するにはコツもあります。そうした走行のポイントを抑えつつ、風が強い日でも好みのファッションを楽しむことで素敵な1日を過ごすことができます。

昨今多発する、スマホを見ながらの危険な「ながら運転」を控え、安全な自転車走行を行いましょう。オシャレなファッションでスマートな運転をすることが「素敵なマナー」といえるでしょう。

Latests