Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月13日

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

「ガラケーとタブレット二台持ちでLINEを使う方法」についてお話しいたします。まず簡単に分けるとガラケーは“電話”タブレットは“ネット”で分けて使います。最近はタブレット自体にもネットの回線がはいっているので、出先でもLINEのアプリをとれば簡単にできます。

タブレットで電話・通話したい

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

そもそも、ガラケーやスマホではなくタブレットを使用している人たちは電話をすることができないのでしょうか。LINEなどとの無関係の生活をしているのでしょうか。

タブレットを支持しているという人たちもいます。スマホと同じ操作ができるから、タブレットでも電話・通話ができると考える人たちも結構多いようですが、利用するためには条件が必要です。

タブレットの電話機能を使用したいという場合、回線の契約が必要です。回線を契約しているタブレットなら、電話番号を持つことになります。

対応機種

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

回線契約をしていたとしてもデータ通信専用プランであれば電話が使えません。電話用途は音声通話がつくプランに契約する必要があります。

携帯電話ショップで購入するタブレットに回線を使うための電話番号が割り当てられていれば、問題なく電話ができる感じがありますが、全タブレットのモデルが電話機能に対応としているということではありません。ですからまずは、対応機種を購入する必要があります。

タブレットは電話に対応していない

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

問題は、電話に対応していないタブレットのほうです。そのようなタブレットでも、実際には、LINEなどの通話をすることができます。

タブレット用のLINEも音声通話の機能が利用可能です。さらにLINE以外にも、通話可能なアプリは見つけることができるのでチェックしてみましょう。

タブレット回線契約

タブレットで、電話を利用するためには、回線の契約が必要です。docomoやSoftBankなどの携帯電話事業者や、格安SIMも選択肢も選択肢に入れることができます。回線を使用したいという場合には、SIMフリーのタブレットを購入しておくことになります。

電話機能に対応できるタブレットは、画面サイズが7インチ以下のモデルがほとんどです。ですから、大きなタブレットを使用したいという人たちは電話機能は残念ながらあきらめる必要があります。

タブレットiPad

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

iPhoneを使っている人たちは、iPadをタブレットとして使いたい思いがあるのではないでしょうか。 しかし、iPadは、電話ができないデメリットがあります。

もしも電話の相手が、iPadかiPhoneを使っているというケースでは、FaceTimeアプリを使用することで、電話をすることができます。

SIMフリータブレット

みなさんが、タブレットで電話したい場合、docomoのFOMA回線に対応しているタブレットを意識するようにしてください。契約する回線はdocomoか、docomo回線が利用できる格安SIMです。

例えばHuawei 8.4型 タブレットパソコン MediaPad M3 LTE 4G-64G/ゴールド ※LTEモデル ※AKG H300 リファレンスクラス イヤホン付属のような商品です。 HUAWEIのSIMフリータブレットは、ほとんどのモデルがdocomoのFOMA回線に対応できます。

ガラケーとタブレット二台持ちでlineを使う方法

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

次には、ガラケーユーザーであり、タブレットでLINEを使いたいという場合です。まずタブレットでLINEのアプリをインストールします。

iPadならAppStoreから、Android系タブレットならGoogle playからLINEアプリをインストールします。インストールしたLINEを起動して、新規登録をしてください。ここで利用しているガラケーの電話番号を入力してください。

そうすれば、ガラケーの電話番号にショートメールが届くので、記載されている4桁の認証番号を入力し、認証してください。

ガラケー・タブレット共有

ガラケーという人たちも、タブレットを共有しLINEは使うことができます。1対1の時系列の履歴が全部把握できるトーク機能や、無料の通話、LINEスタンプ、LINEグループ機能などとても便利なツールとして使用することができます。

ガラケーとスマホとタブレットの3台持ちのメリットとデメリット

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

ガラケーとスマホの選択肢に迷っている人が結構います。みなさんがスマホという時代、まだまだガラケーにメリットがあるという人たちもいます。

そこへタブレットが登場して、タブレットプラスガラケーという人もいます。そのような使用のしかたをしている人たちもメリットがあるからしているのではないでしょうか。

結局、スマホを購入して、ガラケー、プラスタブレットの三台持ちという人たちもいます。果たして、そこにはメリットは存在しているのでしょうか。

タブレットのメリット

タブレットがいいという人たちは、スマホは、画面が小さくで見づらいという不満を持っています。そもそもスマートフォンは電話なので、大きくしようということには限界はあります。

今後、スマホのサイズがこれ以上、大きくなることは期待できないでしょう。ですから、画面の大きさに期待したいのなら、タブレットを選択する以外方法はありません。

一度、タブレットを利用した人たちは、画面の大きさに驚かされるのではないでしょうか。タブレットの画面が滅茶苦茶大きいということではありませんが、スマホのあまりにも小さい画面に無理に慣らされている面もあります。

タブレットが使いやすい

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

大きいということは、見やすいことであり、使いやすいことです。タッチ操作も、スマートフォンよりも全然楽と感じます。

地図(ナビ)が使いやすいですし、楽々、パソコンサイトの表示ができます。カップルで、画面を一緒に覗き込むということも、スムーズにできるでしょう。

スマートフォンはスマートフォンで、見えないから顔を近づけて、カップルの顔が急接近してそれはそれでいいという人たちもいますが。

タブレットをこんな使い方をしている

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

タブレットは、携帯ゲームする人や、動画を見るという人たち、そして写真加工をしたい人たち、絵を描きたいという人たち、Office系のアプリを使いたいという場合に、適した方法です。

スマホでいろいろなことができると言いますが、実際に、スマホを使用しているから規制されていることも結構多くあります。

スマートフォンを当たり前に使うと言う認識ではなく、タブレットを持っていることで、かなりみなさんの生活の快適さもアップさせることができます。

スマホだから、見ることができたとしても、ちょっと動画はやめておこうかなという気持ちになることがあります。

ガラケーのメリット

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

次に、まだまだガラケーで問題ないか考えてみましょう。実際に、電話をかけるために買うというのならスマホでなくてガラケーで充分です。スマホを購入して、使いこなせていない人も多くいます。ガラケーのほうが、軽いという点もメリットです。操作もプランも簡単で、結構スマホよりも壊れにくいのはガラケーのほうです。

時代はスマートフォンということで、当たり前に持とうという意識が生まれることがありますが、流されてばかりいてもいいことはありません。

ガラケーがいいという理由もここには存在しているので、ガラケー派という人たちは、自信をもって使っていただきたいです。

ガラケーは、基本折りたたみタイプで、本当のことを言えば、格好いいスタイルは、この折りたたみのほうにあるのではないでしょうか。折り畳むことで、ガラスの破損もしっかり守ってくれます。

タブレットのデメリット

スマホよりもタブレットは大きくて重たく、いちいち鞄に中に入れておくのは大変いという気持ちが起こることもあります。しかしそれではいざタブレットを使用しようとしたとき、鞄にないということがあります。

そのような意味では、スマホは小さくて軽いから常時持ち続けることができます。

ガラケーのデメリット

いま、スマホを使って、いろいろなことをして多くの友だちを増やしている若い人たちも多いですが、ガラケーは、基本、メールと電話をするためだけです。

電話とメールだけという人たちは、ガラケーで問題ないですが、現代社会のコミュニケーションツールは、もっと進化していると言っていいでしょう。

スマホでなくガラケーで賄うことができるという人たちは、やはり時代に乗り遅れてしまっている可能性もあります。

いまLINE電話の品質も向上してきて、ガラケーに電話をかけてくる人がかなり減ってきています。存在そのものが忘れ去られ、やはりガラパゴス島のように取り残された感じになってしまう可能性があります。

料金

三台持ちをしたことで、料金は一体どんな感じになったのでしょうか。キャリア系の携帯代金と比較するため、本体代金を24で割ってみました。

iPhone SE機種代金 ¥1791-。格安データ通信SIM 3G ¥1058-。ガラケー代はおよそ¥1000ということなので、合計¥3849- /月ということで、方法によってはかなり安く済ませることができます。

さらに 家と外で使う端末が違うという方法によって、それぞれの充電を長く持たせることができます。家と外で使うアプリが違うので容量を節約できるというメリットもあります。

キャリア別ガラケーとタブレット2台持ちのプラン

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

スマホ、ガラケー、タブレットを持つうえで料金の問題は非常に大事です。二台持ちして料金に負担がかからないように、キャリア別にご紹介していきます。

ガラケー・タブレット二台au

auでは、タブレットとの2台持ち向けプランを新しく発表したということです。いままでは、タブレットとスマートフォンをセットで持つための料金プランがありましたが、このプランは、3G/4Gガラケーを持っている人が気軽にタブレットを使って欲しいためにあります。

このようなキャリアのはからいで、普段の通話やメールはガラケーでして、調べモノはタブレットでという方法を取ることができます。

そこまで月額で負担にならない金額での利用が可能になっているため、スマートフォンオンリーという選択肢よりも、メリットが大きい可能性があります。

「ケータイ・タブレット一緒deおトクパック」

「ケータイ・タブレット一緒deおトクパック」はタブレットの新規契約と既存のauケータイ(3G/4G問わず)を契約していることが条件です。

ケータイ・タブレットのセット料金は3980円で済ますことができます。オプション加入、利用状況によって多少料金が変わる可能性はありますが、それでも安いのは事実ではないでしょうか。

ガラケーの料金プランはおおよそ1500円ほどであり、「ケータイ・タブレット一緒deおトクパック」という形で契約するタブレットの料金は2480円、プラスして、3980円の料金で二台持ちをすることができます。

ガラケー・タブレット二台docomo

docomoの場合はどうでしょうか。 docomoの場合も、スマホ、タブレット二台持ちに適したプランを用意してくれています。

タブレットもどんどん安いものが増えているので、やはり二台持ちにはメリットがあるでしょう。docomoで、二台持ちするのなら、基本プランはカケホーダイにしたほうがいいでしょう。

FOMAというのも方法ですが、無料通話やデータシェアの視点からは、カケホーダイプランの2台持ちのほうがいいです。

料金は

ガラケーの場合、カケホーダイ(ケータイ)2376円、sp/iモード 324円、データSパック3780円で総額は6480円という料金総額になります。(今持っているガラケーでこのプランへと変更した場合)

タブレットの料金は、データプラン(スマホ/タブ)1836円、spモード324円、シェアオプション 540円で総額は2700円です。

それぞれタブレットの月々サポートと分割料金が加わります。iPad mini 4には、月々サポート2619円があり、6480円+81円=6561円、プラス端末代金2619円で、6480円+2700円=9180円という料金になります。

ガラケー・タブレット二台SoftBank

Softbank自身がガラケーからの撤退を示唆していることから、長い目で見れば今後のプラン運用が若干不安視されます。

ただし、いまSoftBankでは、タブレット割が受付開始されます。ここではその内容を紹介しておきましょう。

SoftBankのスマホ、3Gケータイ、4Gケータイを保有している人たちが新規か機種変更でタブレットを購入した場合には、2,920円/月(Androidタブレット)または、1,920円/月(iPad)の割引を受けることができます。

条件としてSoftBankのガラケーと、タブレットは同じ名義である必要があります。タブレットを新スーパーボーナス3年割賦契約(一括/分割)で購入することが必要です。

ガラケー対象

かつスマ放題の「タブレット基本料」、「データ定額サービス(全容量)」に加入する必要があります。

以前タブレットずーっと割ではスマホのみという限定対象だったのですが、はじめてタブレット割はガラケー対象となり、ガラケーのりかえ割とタブレットを合わせて購入することで、安い料金でかけ放題のガラケーとタブレットの2台持ちができるようになりました。

ガラケーからタブレットへの機種変更の仕方

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

ガラケーから、タブレットへシフトではなく、ここは、ガラケー、タブレット二台持ちという発想がいいのではないでしょうか。

SoftBankでは、SoftBankのガラケーを持っている場合、対象タブレットを購入したケースで、機種に合わせタブレットの毎月の通信料金をずっと割引するキャンペーンを現在もまだ展開しています。

iPhone、スマートフォン、ガラケーの全機種が対象であり、対象のタブレットは、・Lenovo TAB3・Lenovo TAB2・MediaPad T2 Pro・GALAXY Tab4・iPad(全機種)です。

Lenovo TAB3・Lenovo TAB2・MediaPad T2Pro・GALAXY Tab4 が通信の料金より毎月2,920円割引され、iPad 通信料金より毎月1,920円割引というのなら、ガラケー/タブレットという気持ちにもなることができます。

ガラケーとタブレットの2台持ちメリットデメリット

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

いま、少数派ですが、スマートフォン一台もつよりも、ガラケーと、タブレットの二台持ちを支持している人たちもいます。そのような人たちはどのようなことにメリットを感じているのでしょうか。使い分けすることでよりジャンルに特化したモデルを持つことができるメリットがあります。

スマートフォンという人たちは、所詮は、タブレットなど、二度と購入する機会がないでしょう。タブレットも、意外と進化して格好のいい商品が販売されている可能性があります。

そして、プラン・条件を比較すれば、こっちのほうが安くなるという場合もあります。仕事という場合には、やはりタブレットのような大きい画面のほうがいいと感じる場合は多いでしょう。

身軽にしたいというのなら、タブレットは置いておき、ガラケーを所持していればいいです。

料金が安い

二台持ちもメリットは、料金を安くできる可能性があることです。まず、スマートフォンにありがちな通話のプランがないから、タブレット端末の料金というのは、基本的に安いです。

格安SIMでもっと安くすることができます。格安SIMは、データ通信だけならかなり安いです。ガラケーの料金のほうも当然安く済ますことができ、たしてもまだ安く済ますことができます。

プラン次第では1つ1000円あたりで契約することもできる可能性もあります。Wi-Fiでしかタブレット端末を使用しないようにすれば、さらに安く済ませる事もできます。ガラケー代の1000円だけで済ますということも不可能ではありません。

リスクの分散

ガラケーとタブレットの二台持ちすることで、リスクを分散できるというメリットがあります。スマートフォン一台しか持っていないというのなら、スマホが壊れれば全部の連絡の手段を失ってしまうことになります。

しかしガラケーと、タブレット二台を持っていれば、ガラケーが壊れてしまったとしても、まだタブレット端末があります。

スマホでよくあるケースは電源が切れてしまうことです。ガラケーとタブレットの二台持ちなら、バッテリーの問題も解決方向に向かわせることができるのではないでしょうか。

デメリット

デメリットとしては、やはり、ひとつで済むのなら、済ますに越したことはないという考えがあります。いまどき、スマートフォンひとつ出すことに、スマートさがあり格好いいのではないでしょうか。
周囲の人たちは、二台持ちでなにか面倒くさいことをしてという気持ちであなたを見ている可能性もあります。

三台持つメリット

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

さらに、ipad+ガラケー+iPhone SEという選択肢もあります。 スマートフォンを卒業して、タブレット、ガラケー二台へ流れていこうと思いきや、一番の最大値のスマートフォン+ガラケー+タブレットの三台です。

スマートフォンは便利ですが、ゲームをするという人たちや、動画を見るという人たちに決して満たされた環境ではありません。

いろいろともう一台タブレットがあれば、解決できる問題って多いです。スマートフォンオンリーという人たちは、スマホに電話機能を持たせて、いままで使用していたガラケーはサヨナラということになります。

安いモデル

しかし、月々1000円(無料通話1000円付き)の激安プランなどあり、あまり電話しないという人たちは、このようなプランがあまりにもマッチし過ぎて、何もここで敢えて解約する必要はないのではないかという気持ちになってきます。

32Gで、iPod touchは、2万円程度なので、データ通信ができるコンパクトな端末としてバッチリと思われがちですが、残念ながらiPod touchにSIMは入れられないということです。

なかなか難しい問題をかかえしくじりは多々あります。iPhoneSEであれば問題はありません。32Gモデルで税抜き39800円ということで、iPhoneの中でも、結構安いモデルです。

二台持ちもかなり有効的

ガラケーとタブレットの二台持ちのメリット・lineを使う方法

みなさんは、当たり前にスマートフォンオンリーという発想と結びつけてしまってはないでしょうか。コマーシャルでも、スマートフォンはスマートフォン、タブレットはタブレットという宣伝の仕方をしているので、なかなかタブレットとガラケー二台という思いつきはできない可能性もあります。

しかし、ガラケーとタブレット二台持ちにはいろいろなメリットがあります。みなさんもそのあたりのことを考えてみましょう。

Latests