Search

検索したいワードを入力してください

自分に合うイヤーピースのサイズは?素材など選ぶポイントも紹介

更新日:2022年07月15日

カナル型イヤホンの先端部分にあるイヤーピースが交換できることは、ご存知でしょうか。本記事では、イヤーピースのサイズの選び方のポイント、正しい取り付け方についても解説しています。イヤーピースの交換について興味がある方は、ぜひ本記事をチェックしてみてください。

「イヤホンが落ちそうになるんだけど、イヤーピースを変えたら直るかな」
「イヤーピースって、どのイヤホンでも対応できるの」
普段使っているイヤホンのイヤーピースが、気になる方は多いのではないでしょうか。

イヤーピースはイヤホンにとって重要な部品ですが、そのイヤーピースの素材の種類や形状について、どのくらいご存知でしょうか。

この記事では、様々なイヤーピースの素材や、選び方のポイント、フィット感について解説し、耳とイヤーピースのサイズの測り方についても取り上げています。

この記事を読むことで、自分に合ったイヤーピースを選べるようになるとともに、そのメーカーについても詳しくなるでしょう。

イヤーピースについて詳しく知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

カナル型イヤホンのイヤーピースとは

カナル型イヤホンは、その形状から耳栓型ともいわれるスタイルで、イヤーピースを耳栓のように耳穴にフィットさせて使います。

そのため、周囲の音を遮音し、小さな音量でも楽しめるのがメリットです。耳穴にフィットさせるイヤーピースは、正確に音を伝えるために大切なパーツといえるでしょう。

イヤーピースは単体で売っている?

カナル型イヤホンのイヤーピースは、イヤホンを扱う家電量販店やネットショップ等で単体での購入が可能です。

自分の耳の穴にフィットしたものを買いたい、あるいは音の再現をよくしたい、といった意図から、単体のイヤーピースを購入して付け替えることを検討してみてもいいでしょう。

イヤーピースは選んだ方がいいの?

イヤホンに付属のイヤーピースが、自分の耳の穴に合うかどうかはわかりません。自分の耳の穴の内径に合うイヤーピースを使う方が、周囲の音を遮ってくれるため、正確な音が伝わりやすくなります。

付属のイヤーピースから、単体で売られているイヤーピースに交換することで、遮音性と音質の向上が期待できるでしょう。

素材によるイヤーピースの種類

イヤーピースの種類の中で、素材に関しては大きくフォームタイプとシリコンタイプに分けられます。イヤホン購入時に付属しているのは、シリコンタイプが多いでしょう。素材に関する種類と特長についてチェックしていきましょう。

フォームタイプ

フォームタイプは低反発の素材でできているイヤーピースです。指でつぶして耳に入れて、元のサイズに戻ることで耳にフィットします。耐久性が低いため、スペアを用意しておくと良いでしょう。

シリコンタイプ

次のページ:イヤーピースの選び方のポイント

初回公開日:2022年07月14日

記載されている内容は2022年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests