Search

検索したいワードを入力してください

サンドバッグの自宅への設置方法・騒音の防止方法・値段の目安

更新日:2020年08月20日

多くの人たちは、懐かしいロマンを求めて重いサンドバッグを吊したいと考えているのでしょうか。現代社会ではなかなか自宅にそのようなものを吊すことは実現することができません。他に問題が起こらない方法を見つけることができるのではないでしょうか。

子供さんの教育にも、サンドバッグのトレーニングがいいのではないでしょうか。サンドバッグでなにが大変なのかといえば、自宅において吊るすことです。普通の木材の家だったら、サンドバッグのトレーニングで、簡単に壊れて外れてしまうことでしょう。

サンドバッグをつけるという場合、鉄骨部分があるといいです。サンドバックを取り付ける位置は、だいたい地ベタからサンドバックの底までが10センチ程度を考えておくといいでしょう。

それ以上、上の場所に、サンドバッグを取り付けてしまうと、ローキックのトレーニングがなかなかできなくなってしまうでしょう。

まず、サンドバックベース金具を購入しなければサンドバッグを吊すことができないので、そちらも一緒に考えてください。サンドバックベース金具ねじ穴が6つ程度あるものですが、かなり強度も期待でき、ほとんど真ん中二箇所程度で大丈夫でしょう。

吊るす

しかし、問題は自宅の鉄骨に対して、穴を開ける作業をしなければならないことです。いままで、みなさんか自宅に穴を開けるということをして来たでしょうけど、おおかた開ける場所は木の部分だったはずです。

自宅の、鉄骨に対して穴を開けようという意識はなかなか大変であり、 厚く6センチから8センチぐらいあるものに対しておこなう作業はなかなか素人ではできないでしょう。

正直に言えば、そのような設置が自宅でできる人たちってそれほど多くはありません。ですから、多くの人たちが自宅ではなく、ジムなどに通ったりしています。ただしもうひとつ、 サンドバックをつりさげれるスタンドを購入する方法があります。こっちの方法のほうが簡単です。

エアー

ただし、このような方法を取ってもまだ騒音という問題があります。結構、近所迷惑になってしまう場合もあり、そのような時には、もう本格的サンドバッグ設置のことは、あきらめてエアーサンドバッグで留まるのがいいでしょう。

エアーサンドバッグだとしても、女性や子供さんが殴るレベルなら、問題がなくトレーニングをすることができます。ただしあまり強く叩きすぎると、すぐに空気が抜けてしまうこともあります。もうちょっとパワーのあるサンドバッグがいいという気持ちも同時に起こってしまうときもあるでしょう。

サンドバッグの自宅での騒音の防止方法

自宅出てサンドバッグのトレーニングという場合、みなさんが想像以上懸念しなければならない問題は、騒音です。吊すことばかり頭にいってしまい、騒音問題を全然考えていなかったという人たちが多いです。

これを意識して自宅にサンドバッグを設置する覚悟をしなければあとあと大きな後悔もしてしまうことでしょう。

サンドバッグをたたき、音的にズトンというような重い感じの音はなかなか物理的に小さくするということは不可能です。パンという、軽い感じの音のほうは、サンドバックに毛布を巻いたりして幾分消すことができます。

近所迷惑になるというものの、周囲に、迷惑がかかるような家がなければいいのですが、なかなかきびしいという人たちは、 自宅で立たせて打てるスタンデイングのサンドバックを購入しましょう。

毛布を巻く

そんなに興奮して気合いをいれなければジャブ程度なら、サンドバッグのトレーニングもある程度周囲の人たちも寛容に見守ってくれるのではないでしょうか。

うるさいのか

自宅にサンドバッグを設置という場合おおかた、設置の問題と、騒音の問題の対策について考える必要があります。どうすればいいかは、サンドバッグ購入の前に考えておかなければならないでしょう。

迫力は、やはり吊り下げるサンドバッグにあります。最初に、あらかじめ何キロ程度のものまで吊り下げることができるか判断しておく必要があります。

騒音に対しての問題は、防音設備が整っていることが一番いいでしょう。もちろん、近所に対しての配慮は必要であり、夜間や早朝のサンドバッグの使用は自宅では控えておく必要があります。

ウォーターバッグという種類も販売されているので、騒音問題は幾分そちらでは解消することができます。

憧れ

それても、自宅でサンドバッグを叩くことにむかしから憧れをもっている人たちもいます。お金を稼ぐようになって、一戸建てを持ち、そのときには絶対にサンドバッグを吊してやろうという夢を持って今まで頑張って仕事をして来たという人たちもいます。

しかし、実際に一戸建てを持って、サンドバッグが設置できる状況になったとき、そもそも物理的にサンドバッグなんて自宅に設置できるものなのか不安になる人たちも大勢います。

サンドバッグ購入は、私達に夢を見させてくれるものであったとしても、実際には実現できないものである可能性もあります。

そのとき、スタンドバッグという選択肢もあるでしょうけど、スタンドバッグは倒れそうでなかなか恐くて思い切りたたけないデメリットがあります。

公園

実際にスタンドバッグも方法でしょうけど、本物志向の人たちにはあまり評判が良くないのも事実です。家を作るという人たちは、あらかじめサンドバッグ設置をイメージして地下室など作るといいのでしょうけど、そのようなことを、ほとんどの人たちが実現できる訳ではありません。

自宅ではなく、ちょっとむかしの話しをすれば、公園の鉄棒やすべり台の支柱に吊るして蹴ったり突いたりしていた人たちもいました。遠めに見て、むかしならトレーニングしているということがありありとわかるからいいです。

しかし最近では、何をしているんだろうという恐怖の眼差しで見てしまうこともあるでしょう。実際に、そのようなトレーニングの方法でも警察に通報されて、警官が来るということはあります。

次のページ:自宅でのストレス解消用サンドバッグ

初回公開日:2018年04月23日

記載されている内容は2018年04月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests