Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】馬油の使い方と順番と量|シミ/ニキビ/やけど/液状

更新日:2020年08月28日

スキンケアから傷の手当、抜け毛対策など、さまざまな場面で効果を発揮する馬油。今回はその便利で効能豊かな馬油の、より効果的な使い方や量などを、体の部位別、馬油の種類別に解説します。また、馬油成分配合の製品についても紹介していきます。

馬油には瓶などに入った固形タイプと液状タイプ、さらには馬油成分を配合して作られた化粧水やクリーム、シャンプー、石鹸などの製品があります。そこで次は、そんなさまざまなタイプの馬油製品とそれぞれの使い方をご紹介していきます。

のばしやすい液状タイプ

全成分が馬油の製品でも、固形タイプと液状タイプがあります。成分がどちらも馬油100パーセントなため、使い方に大きな違いはありませんが、使用感の好みや使う箇所によって液状タイプと使い分けることで更なる効果を得ることができます。

液状タイプは固形タイプよりのびが良く、使用感もさらさらとしています。そのため、髪の毛のケアとして使用するときは液状タイプのほうがよいという声が多数ありました。また体に塗るときや、特にマッサージオイルとして活用するときは、体全体にのばしやすくなじみも良い液状タイプがおススメです。

馬油成分配合の製品はこんなにたくさん!

馬油石鹸

馬油石鹸とは、馬油成分が配合された固形石鹸。馬油成分配合の石鹸は多くのメーカーから発売されていますが、もちもちとした泡立ちの良さとマイルドで低刺激な使用感はどこの製品にも共通しています。少しねばつきのある泡が肌に密着し、うるおいを保ちながら優しく汚れを落としてくれると評判が高いです。

ですが洗浄力は高く、メーカーによってはメイク落としと洗顔の両方がかなうものもあるため、「夜遅くまで働いたあとの帰宅、洗顔とメイク落としを両方やるのはめんどくさい」という声に答え、忙しい女子たちの強い味方となってくれます。

また、ボディー用の石鹸としても使うことができるため、顔用と使い分ける必要もなく、旅行やお泊りなどで洗顔料やボディーソープを持参するときもこれ一つでいいので荷物がかさばりません。

馬油化粧水

馬油成分配合の化粧水。馬油の保湿成分の高さを化粧水として実現した製品のため、とろみのあるしっとりタイプの化粧水ですが、肌なじみが良くべたつきがありません。馬油そのものと同様、特に乾燥肌の方に支持されています。馬油特有の油の匂いがなく、使用感もよりさらさらとしていながらも、馬油本来の潤い成分や皮膚へのバリアをかなえてくれるので、馬油自体が苦手な方でも使いやすいでしょう。

馬油シャンプー

馬油成分配合のシャンプー。これまで紹介してきた馬油配合の製品と同じように高い保湿効果があり、地肌と髪の毛に潤いを与えながらしっかりと汚れを落としてくれます。乾燥によるふけなどにも効果があります。
また、馬油シャンプーは使い始めは髪の毛が少しごわついたりきしきしとしたかんじがするとの意見も少なくないですが、使い続けていくうちに指通りの良いさらさらとした髪の毛になったという声も多数見受けられました。馬油同様、使い心地には個人差があるので、様子を見ながら使うのがポイントです。

赤ちゃんへの馬油の使い方

馬油にはさまざまな使い方があり、どんな方でも使いやすいものですが、では赤ちゃんへの使い方はどうでしょうか?

赤ちゃんの肌は大人の肌よりもデリケートで、かぶれや赤み、しっしんなども出やすいです。そのため、使えるケア製品も限られたものになっています。ですが馬油は人間の肌にとてもなじみやすいので、赤ちゃんの肌にも安心して使うことができます。

赤ちゃんの肌は大人よりも乾燥しやすく、皮膚トラブルも起きやすいので、入浴後のスキンケアとしての使い方や、また、あせもやアレルギー性皮膚炎などの炎症が気になる部分に優しくすりこんであげるという使い方がおススメです。

馬油は低刺激ですが、赤ちゃんの肌に使うときは大人が使用するときよりも慎重に状態を観察しながら量や使い方を調整していくのが良いでしょう。

馬油の効果は絶大!

さて、ここまででたくさんの馬油の使い方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?年齢問わず、髪の毛から顔、全身に至るまで使うことができる万能な馬油。ですが、肌質や状態、傷の程度によって効果は異なるので、使い方や量を調節しながら使用するのがよいでしょう。

初回公開日:2018年02月06日

記載されている内容は2018年02月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests