Search

検索したいワードを入力してください

ネットの出会いで結婚する割合・出会う・付き合う方法|怖い

更新日:2020年08月28日

インターネットの普及に伴い、ネットでの出会いからお付き合いをするだけではなく、結婚にまで至るケースが近年増えています。危険な事件などに巻き込まれる可能性もゼロではありませんので注意は必要ですが、リアルの出会いより相性の良い人と探し出せると評判になっています。

ネットの出会いから付き合うまでの流れは、男女の出会いを目的としているサービスか否かによって大きく変わります。出会うことが目的の「マッチングアプリ」などでは、気になる相手とマッチングが成立した後、アプリ内でのメッセージのやり取りを行い、そこでも気が合えば連絡先を交換します。

その後、会ってデートを重ねて、交際がスタートするという流れです。マッチングアプリでは、出会ってから付き合うまでの期間は2ヶ月ほどで、告白までの平均デート回数は3回だと言われています。

出会い目的ではない、SNSやネットゲームで出会った場合には、比較的友達期間が長いことが多いです。人によっては何年もリアルでは顔を合わすことなく、メッセージのやり取りだけしているというようなこともあります。

ネットで出会ったこと秘密にしておくための言い訳

「ナンパ」「合コン」などと並び、知り合った経緯を聞かれた際に「インターネットで出会った」とは、あまり口に出したくない人もいるでしょう。ネットの世界での出会いが主流になったとは言え、まだまだネガティブなイメージを抱く人、世代的に受け入れられない人も存在します。そんな人たちに向けて気軽に言える「言い訳」をご紹介します。

友人の紹介

よく使われるのが「共通の友人の紹介で知り合った」という言い訳です。馴れ初めを聞いてくる人たちも、質問に深い意味があるわけではなく、なんとなく聞いているだけのことが多いですので、どこにでもありがちな「ふーん」と流されるぐらいのものが良いでしょう。

突っ込まれることが怖いなら、本当に仲の良い友人にだけ事実を打ち明けて協力してもらうと、万が一の時にも安心です。

趣味の集まり

インターネットでの出会いは、実際、共通の趣味などで出会って意気投合し、お付き合いや結婚までに至った人も少なくありません。その「ネットで出会った」という部分だけをあえて言わずに、「共通の趣味の集まりで知り合った」と言ってしまうのも手です。恋人の両親など、上の世代の人に言い訳です。

上の世代の人は、「共通の趣味の集まり」から「インターネットの出会い」に繋がることは少なく、「習い事」「サークル」などのイメージを勝手に抱いてくれるでしょう。

ネットの出会い厨の見分け方

「出会い厨」とは、本来、出会い目的ではないインターネット上のサービスで、主に性行為の対象との出会いだけを求めている人たちのことです。

出会い厨は、性的関係を持つことが目的ですので、相手が異性とわかった途端、会う方向へ話を進めていきます。DMなどの個人宛メッセージ機能を使って、年齢や住んでる場所などのプライベート情報を聞き出そうとしてくるのも出会い厨の特徴です。目的が目的なので、やたらと下ネタを繰り返す人も出会い厨には多いです。

顔写真を要求してくる人も多く、「自分が性的関係を持ちたい相手、持てる相手かどうか」を素早く見極めようとしてきます。そういった素振りが見えたら、性行為だけが目的の「ヤリ目」出会い厨ですので、絶対に会ったりせずにすぐに関係を断ちましょう。

ネットでの出会いでも幸せになっている人はたくさんいる

ネットでの出会いについて見てきましたがいかがでしたか。インターネットによる出会いも、自衛することを忘れず、使い方を間違えなければ、素晴らしい縁を運んできてくれる、出会いの形の一つです。実際に結婚して幸せになっている人も多数存在しています。

ネットで出会って結婚した夫婦は、リアルで出会って結婚した夫婦より結婚の満足度が高く、離婚率が低いという調査結果も出ています。ファーストインプレッションが外見ではなく、内面から入るインターネットでの出会いは、より自分に合う人間を選択できるのではないかという見解もあります。

ネットの出会いで、一生を共にする最愛のパートナーとの出会いが訪れる可能性も十分にあります。興味がある人は一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2018年02月09日

記載されている内容は2018年02月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests