Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月06日

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

この所スポーツや趣味として人気になってきたボルダリング。実際に専門の施設に通い趣味として楽しんでいる方は多いでしょう。ボルダリングをするにはボルダリングシューズという専門の靴が必要となります。この記事ではボルダリングシューズのおすすめをご紹介いたします。

おすすめのボルダリングシューズ

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

ボルダリングを始めてみたい、でもどんなボルダリングシューズを選んだらいいのかわからない。という方は多いのではないでしょうか。そこで、今回はおすすめのボルダリングシューズやボルダリングシューズの選び方、そして初心者にも履きやすいブランドなどをご紹介いたします。

安いボルダリングシューズ

安いボルダリングシューズは、1万円台で買えるものがおすすめです。しかし、例えネットショッピングで安い物を見付けたとしても、それの元の値段に注意してみることが大切です。ボルダリングとは手足にかなり負担のかかるスポーツです。

つまり、足を保護するためのシューズなので、安い物によっては穴が空いたり、靴底が滑りやすかったりする可能性があります。室内で床にマットが敷いてあるとはいえ、それはかなり危険なのも知っておきましょう。

自分のシューズをもたれる方は、どれを選んでも長く使える物なので、しっかりした値段の物を選びましょう。1万円弱でも高いと思う方もいらっしゃいますが、1万円台は比較的安いボルダリングシューズといってもいいでしょう。

履き心地が良い。
初心者の私には丁度良い。

出典: http://amzn.asia/94yAxb5 |

キッズ用のボルダリングシューズ

キッズ向けのボルダリングシューズでおすすめなのは、evolv Venga kidsがおすすめです。シューズの耐久性が高いことで知られており、キッズ用でも大人用でも丈夫に作られていますので、長く使える一足です。

キッズ用のシューズは、ボルダリングシューズを出しているメーカーは基本揃えています。また、ボルダリングジムでもキッズ用のレンタルシューズが置いてあるので、そこでサイズを確認すると良いです。

たたし、やはり大人の物に比べるとキッズ用は色が少なかったり、造りが限られてしまっていたりする点では、我慢が必要な場面がでてます。しかし、まずは興味を持ったらやってみるのが一番でしょう。

初心者におすすめ

安いかつ、初心者におすすめしたいのがこちらのMAD ROKCKです。こちらのボルダリングシューズは、3Dモールドタイプのヒールカップを採用しているので、フィット感が強いのが特徴です。ブレをおさえてくれますので、初心者にも履きやすく、価格もおさえられているのがポイントです。

かっこいいけど小さすぎるから返品して2センチもアップしました。使用感はまぁまぁですかね、サブとして活躍してくれると思います。

出典: http://amzn.asia/gd48Twn%20 |

ボルダリングシューズのサイズの選び方

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

ボルダリングシューズのサイズ選びは難しく感じます。まずとにかく履きずらい。ジムに行けば担当の方が教えてくれますが、足にピッタリのサイズを選びましょう。遊びがあっては脱げる危険性があるので、キツいから少し大きめを選ぶなどということはおすすめできません。

また、シューズを履く際は裸足で履くのがプロや慣れている人は一般的ですがそれは上級者、慣れないと直ぐに靴擦れを起こしてしまいます。夏用の靴下を履いてシューズを選ぶと不安がありません。

さらにボルダリングシューズの造りは足の指をギュッと縮めた状態で履くようにできています。さらに、足が内側に湾曲するように造られています。これは岩や足場をしっかりホールドし、滑らなくするためです。そのため、シューズの中で足の指が伸びている物はサイズが大きいと考えましょう。

初心者におすすめのボルダリングシューズ

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

続いては、ボルダリング初心者におすすめの一足をご紹介いたします。初心者にとってボルダリングシューズはただ履きやすいだけでは選ぶことは難しいでしょう。

なぜなら、長時間履いていて痛くならないものがいいからです。痛くならない分、たくさんの練習ができます。それは、初心者におすすめのボルダリングシューズをチェックしていきましょう。

初心者におすすめの一足:スポルティバ・コブラ

初めてボルダリングシューズを選ぶときにおすすめしたいシューズは「コブラ」社製のシューズです。これは足裏のカーブがきつすぎず、一般的なボルダリングシューズの履き心地のものになります。サイズも0,5センチ刻みなので自分に合った物かあります。

履き方は紐も何も付いていないので、ぐっ、と思いっ切り足を入れ込むようになりますが、慣れれば脱ぎ履きも楽になります。

また、実際にジムが近ければそこで貸出をしているシューズを参考にするのも方法です。色んな人が履くレンタルシューズなので初心者でも使いやすい物を置いています。またジムでシューズの販売をしている場合もあるので、これだとかなりラッキーです。ボルダリングのプロが自分に合った特性を持ったシューズを教えてくれます。

ボルダリングシューズの手入れ方法

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

続いては、ボルダリングシューズのお手入れについてご紹介いたします。ボルダリングシューズもお手入れ次第で長く使える良き相棒となります。定期的にお手入れをして長く使っていきましょう。

まずはボルダリングシューズの構造を知ろう

ボルダリングシューズの構造を先にご紹介いたします。まず、ボルダリングシューズの基本構造としては、爪先上部から足裏、踵側まで滑らないゴム素材、その上、足の甲の部分がしっかりとした布でできています。

シューズの足裏には石灰が付いているので、念入りに

基本的にボルダリングをする際には滑り止めに石灰を手に付けて登るので、手は真っ白シューズもいつの間にか足裏が白くなってきたな、足の冷や汗が染みこんできたな、などなど汚れはつきもの。シューズの足裏の石灰は、付着し過ぎると逆に滑る原因になってしまうのでブラシで落としましょう。

水洗いはしないで!

水洗いはしないで下さい。シューズの布部分もブラシで石灰を払うか気になる方は消臭スプレーで済ませておくといいでしょう。また、上の項目でもご紹介しましたとおり、ボルダリングシューズは堅い布で作られているため、遊びが一切ありません。水に浸けて縮みが生まれてしまうと捌けなくなりますので、注意しましょう。汗の臭いは自分の頑張った証です。

ボルダリングシューズのおすすめのメーカー

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

ボルダリングシューズを選ぶ際は足裏のカーブに注目してみましょう。簡単に言えば、これがなだらかな物は入門編です。また、90度近い物は上級者向けという分け方となります。

他にもカーブが緩く入門編のメーカーは「ミウラ」と「ソリューション」をおすすめします。どちらもコブラと同じ位の靴底のカーブでどちらのメーカーも女性用、男性用と分かれています。

コブラ

おすすめは前の章でも取り上げた「コブラ」社製です。これはカーブが緩く入門編です。またサイズの品揃えもバリエーション豊かですので、最初の相棒には良い品です。値段も一般的(2万円超えますが)です。

ミウラ

おすすめメーカー2つ目はミウラです。ミウラのボルダリングシューズは紐付きできつく締めることが可能です。コブラと同じくスリッパ型のシューズが特徴でサイズも豊富なのが魅力的です。

ソリューション

3つ目のボルダリングシューズおすすめメーカーは「ソリューション」です。ソリューションはマジックテープが付いているので「コブラ」に比べ脱ぎ履きが楽です。

レザーアッパーのフィット感は初心者にも好評で、ボルダリングだけでなくクライミングシューズとしても威力を発揮してくれます。スポーツシューズのような形なので、日常的に履いてもおしゃれな一足です。

ボルダリングシューズの販売店

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

ボルダリングシューズは、専門店から登山系のアウトドアショップなどで手に入れることができます。専門店が近くに無い場合、ボルダリングジムに行くのもおすすめです。

実際に自分のボルダリングシューズのサイズも分かりますし、ジムの方にサイズの選び方、履き方、全て教わることができます。この様なジムではシューズの販売や取り寄せもしてくれるので仲良くなると良いこと尽くしです。

Calafate

JRの目白駅より徒歩5分のところにあるクライミングシューズとバックカントリースキーの専門店です。ボルダリングシューズやクライミングシューズの品揃えはとても豊富で、店員の知識もしっかりしていますので、初心者にもおすすめの販売店といえるでしょう。

ICI石井スポーツ登山本店

ICI石井スポーツ登山本店は、神保町に店を構える登山アウトドア系の専門店です。登山用品の品揃えはとても豊富でもちろん、ボルダリングシューズもあります。しかし、ボルダリングシューズの品揃えは上記でご紹介した販売店よりも少なめのラインナップです。

しかし、ボルダリングウェアやクライミングの専門雑誌など、ボルダリングを始めてみたい方には嬉しいアイテムも揃っていますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ボルダリングシューズと出会うならジムかおすすめ

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

ボルダリングを継続的にしてみたいのであれば、ジムに通うことをおすすめします。特にボルダリングはロッククライミングから室内でもできるようにと派生したスポーツですので、履いているシューズも変わりありません。そのため、わざわざ山に行かなくても楽しめるのがこのスポーツの魅力といえるでしょう。

つまり、ジムでいろんな登り方をマスターしていけば、自然の崖も登れるだけの技術がいつの間にか付いているスポーツです(実際は危険性なので登らないで下さい)。

同じジムの仲間と楽しむのもおすすめ

また、大事なのはシューズのデザインでもなく、楽しく同じジムの仲間と励まし合いゴールに手を掛けること。一人で行っても直ぐに声をかけてくれたり、登れなくて悩んでいるとアドバイスをくれる人ができるるのもこのスポーツの魅力です。

ここではボルダリングシューズを中心にお伝えしてきましたが、良いシューズに出会うには体験もかねてまず、ボルダリングジムに行ってみることをおすすめします。

ボルダリングシューズと長く付き合うコツは?

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

一度ボルダリングジムに行き、楽しいからと言ってやり過ぎは注意が必要です。初めてでは1時間で車のハンドルが握れないなんて良くあることです。ボルダリングシューズも履き続けていると足が締め付けられかなり痛い。こまめに脱ぎ履きをして縮まっている足を広げながら楽しんでみましょう。

また、そこでマイボルダリングシューズを持っていればさらにやる気と達成感が違います。そのうちにボルダリングシューズもランクアップしていくという目標も立てば、あなたも立派なボルダリング通です。まずは、少しずつ登って慣れることが大切です。

お気に入りのボルダリングシューズで登ろう

おすすめのボルダリングシューズ・サイズの選び方|初心者/安い

いかがでしたでしょうか。今回は、ボルダリングシューズの選び方のコツや初心者におすすめの履きやすいボルダリングシューズなど、さまざまなボルダリングシューズをご紹介いたしました。ボルダリングは、足を使う分疲労が溜まりやすいスポーツでもあります。

しかし、お気に入りのシューズを履いて壁の一番上を登りきった時の達成感は何物にも変えが得たい経験となるでしょう。そして、その達成感を味わいたいがために、ボルダリングにハマるという方が多くいらっしゃいます。

さらに、東京オリンピックの競技種目としても認められたボルダリング、つまりスポーツクライミングは、これからも熱い話題を乗せて盛り上がってくることでしょう。ぜひ、お気に入りのボルダリングシューズを見つけて、ボルダリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Related