Search

検索したいワードを入力してください

近眼なのに老眼になる原因・見え方・治療方法|矯正/遺伝

更新日:2020年08月28日

近眼なのに老眼になってしまう原因はあるのでしょうか。また、近眼なのに老眼な人の見え方はどのような感じなのか、治療方法や矯正方法はどのようなものがあるのか、進行しないための対策はなにかなど、近眼なのに老眼になった場合に気になることをまとめました。

老眼かも、と感じているのに何の対応もしないで放っておくと、近眼と老眼に眼精疲労が重なって、体調不良を引き起こすことがあります。目や頭が重い、痛い、肩こりがする、食欲がなくなる、吐き気がするなど、日常生活に支障をきたすようになる前に対策をするようにしましょう。

早めの受診が大切!

近眼や老眼の矯正方法にはさまざまな種類があります。手術はもちろん高額な費用がかかる場合もありますし、リスクも伴います。メガネはリスクこそ少ないものの、2~3年で合わなくなったりと不便さを感じることもあるでしょう。自分にあった治療方法を選び、早めの対応をしていくことが近眼や老眼の進行を遅らせることにも繋がっていきます。

近眼なのに老眼かも、と思ったら早めに眼科を受診しましょう。早めに気付くことで進行を遅らせるのはもちろんですが、視力低下には他の病気が隠れていることもあり、自己判断で済ませるのは大変危険だからです。

ストレスフリーな毎日を!

早めに対策をおこない適切な治療をすることで、不便な生活から解放されストレスの少ない生活を取り戻すことができます。二次被害である、目の疲れからくる肩こりや頭痛なども治まり、健康的な毎日をおくることもできるでしょう。たかが老眼などと思わずに、しっかりと向き合い治療していくことが大切です。

初回公開日:2018年05月01日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests