Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月23日

簡単に書ける!人権作文の書き方のコツ・例|年代別/テーマ別

人権作文の書き方について悩んでいる方はなにげに多いでしょう。小学生や中学生のお子さんを持つ親の方々が相談されて逆に困っているというケースも目立ちます。そこで、今回はこの人権作文の書き方やテーマはどうするのか、気になるところを一気に解説いたします。

この記事がオススメな人

  • 人権作文のアドバイス方法を知りたい人
  • 人権作文のテーマの選び方がわからない人

【年代別】簡単に書ける人権作文の書き方

作文はある程度の慣れがないと書くのが大変ですが、前提条件としての知識さえあればちょっと難しいような題材でも比較的スラスラと記載できるようになります。そこで、ここでは簡単にかける人権作文の書き方を年代別に紹介します。

小学生

最近では小学校の高学年ぐらいになると人権作文の作成が推奨されることがあり、ネットの掲示板などで「書き方を教えてください」といったお助け願がよく出されています。

小学生の場合特に意識して貰いたい書き方は、読み手に伝わるように書くと言うことです。日記やメモ帳のように自分だけがわかれば良いという書き方ではだめ出しを受けてしまいます。

人権作文は感想文ではない

人権作文とは感想文ではないので、「自分自身がどのように考えているのか」を表す必要があります。ただし、小学生の場合は表現力や語彙力に乏しい部分がありますので、自分が体験したことに関する記載をさせるのが最もシンプルで実行しやすいです。

結論は、読み手を理解しつつあなたが実際にどのように感じたのかを伝えられるように、実体験を元にして記述していくことが人権作文の書き方として最もやりやすいスタイルとなります。

中学生

中学生くらいになるとある程度の文章能力や語彙力が備わってきますので、求められるハードルも一段上がります。そのため、ある程度の起承転結も確実に求められるでしょう。もちろん、小学生でも理路整然と起承転結を実行することができるのは素晴らしいことではありますが、中学生クラスでは確実に実行することが求められるようになるので、より強く意識する必要があります。

起承転結

書き方として考えると、はじめに人権作文を書くためのきっかけを「起」として記載していきましょう。長すぎるとインパクトが薄れていくので簡潔に書いた方がいい部分となります。ただし、テーマとの関わりも説明するようにしてください。

そして、具体的にどのような経験をしたのかを人権作文に記載していきます。これが「承」の部分です。ここでも自分の経験であれば書きやすいので、どうしても書けないという人は自分の体験談を交えて記載していきましょう。

その後は「転結」と続きます。自分がそのような体験をしてどのように思ったのか、考えたのかを人権作文には記載していき、最後には具体的にどうしていきたいのかを書いてください。この部分があっさりとしすぎると前半部分の良い印象が一気に薄れるので注意してください。

高校生

高校生の宿題でも人権作文が求められることがあります。題材が見つからないという人もいれば、実体験も特になく話を全く盛り上げることができないという人もいるでしょう。「差別なんか受けたことがない」とか「身の回りでいじめなんかない」と感じている人にとって人権作文は非常に書きにくく難易度が高いです。

知識量

そこで重要になってくるのが、どれだけ知識があるのかでしょう。いじめを題材に人権作文を書きたいという方は、人間関係のトラブル・高齢者の権利・戦争・震災など、色々なテーマがあります。それでも書けないという人はこれらに関する知識が圧倒的に不足しています。

基本的な考え方は中学生の分野で説明したことと同じ「起承転結」を考えた文章となりますが、自分自身がどのように考えているのかを記載しないと人権作文としては不出来と見なされますので、必ず自分自身の意見を盛り込んでください。

【テーマ別】簡単に書ける人権作文の書き方

それでも、作文自体が大の苦手で文章なんか絶対に書けないという人は世の中にはたくさんいます。起承転結での書き方が人権作文の書き方であると言われても、テーマがないから書けないという人もいるでしょう。そこで、ここではテーマとして扱いやすいものをいくつかご紹介します。

戦争と平和

人権問題としてもよく取り上げられるのが、戦争と平和についてです。しかし、戦争を体験している現代日本人はほとんどいませんので、この題材は扱わない方がいいです。どのように考えているのかを記載する必要があるのがこの人権作文なので、平和を享受している日本人はこの話題を掘り下げることはなかなかできません。

最終的に戦争と平和という人権作文になると、「戦争をなくす」とか「平和が大事である」という書き方になってしまいますが、はっきり言って恒久的な平和はそんな簡単には訪れませんので、この議題は使わない方がいいです。

高齢者問題

日本人が最も書きやすい人権作文はこの高齢者問題です。なぜなら、現代社会は高齢者社会なので、自分の体験談を最も書きやすい題材でしょう。ただし、高齢者問題は日本でもいろんな部分で問題となっているので、ある程度絞る必要があるでしょう。

具体的な書き方として、「高齢者虐待とは」といったいじめに絡めて記載するとか、「独居老人の孤独」などをテーマにしていくというのもあります。できるだけ明るい内容にしたいのならお年寄りの人権を守るために仕事が生きがいであるということを説明するのもいいでしょうし、暗い題材ならば独居老人や高齢者虐待について掘り下げていきましょう。

障害者差別

障害者差別もちょっと難易度が高めの題材となります。身近な人に障害者がいる場合は、実体験を交えて人権作文を記載することができますが、いない人はテレビや雑誌から情報を集める必要があるでしょう。基本的な書き方は起承転結ではありますが、実体験がないとどうしても内容が薄くなります。

障害者差別というテーマは非常にはっきりとしているため、実体験があれば起承転結の書き方ですんなりといきますが、それがないという方は現代日本でどのような障害者に対しての思いやりに欠ける行為が行われているのかを調べるところから始めてください。

環境問題

環境問題の人権作文は比較的書きやすい部類です。なぜなら「空き缶拾い」などという自分が体験した題材で書くことができるからです。これが地球温暖化といった大規模な話になると収拾がつかなくなることが多いので、書き方としては自分の身近に起こっている問題にしてください。人権作文となるとついつい壮大なテーマにしがちですが、広げすぎると風呂敷がたためなくなるのでNGです。

いじめ

実際にいじめを見たことがあるという方や、体験したことがあるという人は書きやすい題材ですが、体験したこともなければ意識したこともないという人にはちょっと書きにくいテーマとなります。

明確ないじめを見たことがない人向けの人権作文の書き方としては「特定の人にばかり仕事を押しつける」といったありがちなものとか、「シングルマザー」とか「親が犯罪者」といったついつい偏見を持たれてしまうことがらを題材にして、実際に体験したことを盛り込むのがいいでしょう。

震災

震災に関する人権作文はある意味最も書きやすい題材です。なぜなら、日本に住む多くの方が体験したものであり、自分自身がどのように考えているのかを表すのも容易なテーマとなっているからです。

特に問題となっているのが福島県にいた方々への差別で、福島にいたというだけで学校を転校していじめられるとか、転校や転職を拒否されるといったトラブルは実際に起っている問題と言えます。ただし、「差別はいけませんからなくしましょう」といったざっくりとした内容になってはいけないので、明確なビジョンを持った改善策や解決方法を記載する必要があります。

人権作文を簡単に書く「コツ」と「例文」

人権作文の書き方を知るためにはある程度のコツを把握する必要があります。このコツがつかめれば案外あっさりと記載できるのが人権作文です。

起承転結

作文を書き慣れていない人にとってまず意識して貰いたい書き方がこの起承転結です。最初にきっかけを記載して、体験したエピソードを盛り込んで具体的に話を盛り上げ、自分が何を考えて感じたのかを表し、どのように成長したのか、改善したいのかを記載しましょう。

題名

題名は以外と記載できずに悩んでいる方が多く、人権作文の書き方はわかっているけど題名だけ困っているという人もよく見受けられます。基本的にはその作文のキーワードを見つけていじったり整えたりすることが有効です。漫画やゲーム、映画やドラマを参考にするのもいいでしょう。

書き出しの書き方

書き出しは基本的にはきっかけとなります。書き方としては普遍的な部分もありますので、ある程度簡潔に自分のテーマとの関わりを伝えつつ記載していきましょう。具体的には「僕の家はオール電化です」とか「僕の通学路にある川はとても汚れています」といったきっかけから入ってください。

まとめ

まとめはいわゆる全体のまとめです。どんなに人権作文の書き方が良くてもここが雑すぎると印象が一気に悪くなります。必ず成長した結果やどのように改善したらいいのか、どう考えているのかを記載してください。

人権作文の書き方には決まりがある

簡単に書ける!人権作文の書き方のコツ・例|年代別/テーマ別

このように、人権作文の書き方はある程度決まっております。しかし、実体験を元にしないとなかなか話を広げることはできませんので、何を題材にするのかで難易度が大きく異なってしまいます。

特に、いじめや戦争というのはよく題材となるテーマですが、範囲をある程度しぼらないと、世界に対しての宣言のような扱いになってしまい現実味が薄れて内容がフワフワしたものになってしまうでしょう。実体験を基本にすることを忘れないでください。

Latests