Search

検索したいワードを入力してください

「一陣の風」の言葉の正しい使い方・類語・例文・歌詞・俳句

更新日:2020年08月20日

「一陣の風」という言葉は、今までに一度ならず耳にしたことがあるでしょう。ぼんやりとしたイメージはすぐに浮かびますが、具体的にはどのような風を指すのでしょうか。「一陣の風」の意味や類語、実際に使われている例にはどのようなものがあるかをご紹介します。

・初嵐(はつあらし)
・青北風(あおきた)
・台風(たいふう)
・黍嵐(きびあらし)

・木枯らし(こがらし)
・八日吹き(ようかぶき)

上記サイトでは、季節の風の種類を詳しく紹介しています。意味も併せてチェックしてみましょう。

「一陣の風」を使いこなそう

いかがでしたでしょうか。

会話ではあまり聞かない「一陣の風」という表現ですが、さまざまな情景を言い表すことのできる表現です。ぜひ覚えておきましょう。

俳句鑑賞や読書でも、たくさんの表現を知っていると、一段と味わい深く作品を楽しむことができます。語彙力を高めることは、より充実した日常を送るヒントとなります。

また、あなたが小説などの文章を書きたいと思っているのであれば、語彙力は直接的な強みになります。毎日少しずつでも知識を積み重ねていくことによって、道は開けていきます。

初回公開日:2017年11月27日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests