Search

検索したいワードを入力してください

「ti amo」の意味2つ・由来|「ti amo」は何語なのか

初回公開日:2017年12月27日

更新日:2020年05月24日

記載されている内容は2017年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ティアモという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、意味を正しく理解できていますか?カタカナ言葉は使い勝手がいいですが、意味を知っていないと誤った伝わり方をすることもあります。ティアモは大切な言葉ですからしっかりと意味を知っておきましょう。

ti amoとは

「ti amo」という言葉、一度はどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。最近は、歌のタイトルに使われたり、広告や雑誌でも頻繁に見かけるようになりました。

しかし、どのように読むのかご存知ですか。読むだけなら、口に出す必要がないので、頭の中でスルーしていませんでしたか。改めて、人に尋ねるのが恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょう。

まず始めに、「ti amo」の正確な読み方を勉強しましょう。

読み方

「ti amo」の具体的な読み方を説明いたします。まずは、どの単語にも通じる基本的な読み方を習得することが大切です。

それに慣れたら、より現地の人々の発音に近づけるため、感情を込めて発音できるように練習しましょう。怖がらずに、口に出してみることが上達するコツです。

ティアモ

基本的には、「ティアモ」と読みます。あとで詳しく説明いたしますが、「ti amo」はイタリア語です。イタリア語は、基本的には、日本人で言うところの「ローマ字読み」で通用します。

たとえば、イタリアの有名都市「ミラノ」のことは、「Milano」と書き、「ミラノ」と発音します。ですから、「ti amo」もそのままローマ字読みで読んでください。「ティアモ」となり、これで十分通じます。

ティアーモ

ローマ字読みで十分通用するとしても、もう少し現地の人の発音に近づきたいなと思った方は、「ティアーモ」と、少しのばして発音すると、より現地の発音に近いです。

「ti amo」は、実は愛の言葉です。ですから、この言葉を使うときには、よりイントネーションがダイナミックになり、気持ちのこもった言い方になるのです。

「ティアーモ」の「アー」の部分を伸ばすのは、より感情を込め強調するためなのです。

ti amoの意味2つ

それでは、「ti amo」の意味を見ていきましょう。発音できても意味を知らなければ、使うことはできません。間違って使って、あらぬ誤解を受けるのが落ちです。

そんな事態に陥る事のないよう、しっかりと意味を理解して正しく使いましょう。そして、コミュニケーションを楽しんでください。

意味1:あなたを愛している

「ti amo」は愛の言葉です。「あなたを愛している」という意味をもつ、とても重要な愛の言葉です。

「ti」とは、「あなた」を意味する「tu」を目的語に活用した形です。「あなたを」という意味になります。

「amo」とは、「愛する」を意味する動詞「amare」を、主語に合わせて活用した形です。活用しても意味は変わりません。

2つの単語を合わせて、「あなたを愛している」という情熱的な意味になるのです。

意味2:愛する人

間違えやすいですが、「ti amo」には「愛する人」という意味はありません。「愛する人」という意味を表すのは「amore」です。「mo」の部分を強調して、「アモーレ」と発音します。

「amore」とは、「愛する人」を意味する名詞で、大切な人に呼びかける際によく使われます。恋人に限らず、自分の子供や両親に至るまで幅広く使うことができます。

「ti amo」は動詞を用いた文なので、名詞としては使われません。

ti amoの由来

「ti amo」という言い回しについて、理解を深めるために、由来について学んでいきましょう。

どんな言葉にも、その言葉が成立するための由来をもっています。その由来を知ることは、意味を理解する上でとても大切です。とくに、人類に必須の愛の言葉となれば、なおさらです。

「ti amo」がどのように生まれ、どのように広まっていったのか、ここで詳しく紐解いてみましょう。

ラテン語

「ti amo」はラテン語の「te amo」(テーアモー)に由来していると言われています。

ラテン語とは、古くはイタリアのラティウム地方で誕生した言語です。のちにローマ帝国の公用語となり、ローマ帝国崩壊後はキリスト教の公用語として広く使われました。

その後、それぞれの地方に分化し、主にヨーロッパの諸国の言語にその名残が残っています。「ti amo」は、イタリア語ですから、ラテン語の影響を多く受けています。

ローマ神話の神

ローマ神話の愛の神に由来していると言う説もありますが、この説は、「ti amo」ではなく、「愛する人」という意味の「amore」についての由来です。混同されて広まったようです。

ローマ神話における愛の神「クピド(Cupid)」は、別の名前を持っていました。その別名とは、「アモール(Amor)」です。「アモール(Amor)」の名前が発展して、広く「愛する人(amore)」を指すようになりました。

ti amoは何語なのか

すでに、少し説明してしまいましたが、いま一度、「ti amo」が何語であるかを見ていきましょう。

どこの国の言葉であるかを知ることによって、その国の人々が、どのようなタイミングでその言葉を使うのか、具体的に理解できるようになります。

国民性や言葉の意味を絡めて、「ti amo」の使われ方を、しっかりと把握しましょう。

Latests