Search

検索したいワードを入力してください

「プレ」の意味と由来|類語/反対語・用例7つ|プレオーダー

初回公開日:2017年12月26日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2017年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「プレ」の意味をご存知ですか。「プレオープン」「プレママ」「プレオーダー」という言葉をよく見聞きするけど、どんな意味で、どうやって使うのでしょう。普段から使える「プレ」のたとえや、「プレ」の反対語なども一緒に学んで日常生活でも「プレ」を使いこなしましょう。

「プレ」とは

「プレ」の意味と由来|類語/反対語・用例7つ|プレオーダー
※画像はイメージです

「プレ」とは、接頭語のうちの一つです。この「プレ」という接頭語をみなさんはご存知ですか。あまり聞いたことがない人が多いでしょうし、そもそも接頭語が何かをわからない人も多いでしょう。

今回はこの「プレ」という接頭語についてその意味や由来、使い方や類語などについて詳しくご紹介していきます。「プレ」に関する知識を深めて、日常で活用してください。

「プレ」の意味

「プレ」とは、「以前の」や「先行して」、それから「前に(の)」という意味です。英語では「Pre(プレ)」と書きます。

普段から英語に馴染みのある人は、この「プレ」という接頭語をよく見かけるでしょう。色んな単語でこの接頭語が使用されています。例えば「Prefer(プレファー)」や「Prefix(プレフィックス)」などです。

カタカナ語では「プレビュー」という言葉などが馴染みがあるかと考えます。

「プレ」の由来

「プレ」の意味の由来は、ラテン語「Pre-」です。ラテン語で「Pre-」 は 、「Before in time or place(その時間より前、その位置より前)」を意味します。

以前のラテン語と変わらず、現在も同じ意味で使われています。英語は、ラテン語に比べると新しい言語なので、ラテン語から由来されている言葉が非常に多いです。

「プレ」の使い方

「プレ」の意味と由来|類語/反対語・用例7つ|プレオーダー
※画像はイメージです

ここからは、「プレ」の使い方を詳しく見ていきましょう。「プレ」の意味や由来は何となくわかったけど、使い方がまだわからないという人も多いと考えます。「プレ」という接頭辞は、一体どのように使うのでしょうか。

「プレ」は、実に色んなシチュエーションで使われています。それぞれの場面での「プレ」の使い方を、具体的な用例とともに見ていきましょう。

接頭語「プレ」の用例

「プレ」の使い方としては、名詞の先頭に付けて「以前の」「前に(の)」「先行して」の意味を表すことができます。

例えば「プレビュー」や「プレホスピタルケア」などです。また、本番前の試験的な意味合いにもプレがよく使われます。例えば、「プレ大会」「プレオープン」などです。

用例1「プレオーダー」

「プレオーダー」とは、「プレ(前の)」「オーダー(順序、命令、注文)」という意味で、「事前注文」や「先行抽選」という意味で使われています。

例えばレストランなどでテイクアウトだけしたい場合は、この「事前注文」をよく利用します。先にレストランに電話やアプリで品物を注文しておいて、後で取りに行くということです。これにより、順番待ちという現場で待つ時間を解消できます。

用例2「プレオープン」

「プレオープン」とは、「プレ(先行して)」「オープン(開く)」という意味で、お店のオープン前に、近隣の方やお得意様を招待するイベントのことを意味しています。

特に飲食店でよく行われ、オープンの前日か、2日前ほどに行われます。予行練習とパーティが組み合わされたようなイベントです。これにより、日頃お世話になっている方たちへのお礼ができたり、営業中での不備が見つかりやすいという利点があります。

用例3「プレママ」

「プレママ」とは、「プレ(以前の)」「ママ(お母さん)」で、もうすぐお母さんになる「妊婦」さんという意味です。ただ、英語圏では一般的に「プレママ」ではなく、ただの「妊婦」という言葉を使います。

海外で「プレママ」を使う人はかなり少数になるでしょう。

用例4「プレホスピタルケア」

「プレホスピタルケア」とは、「プレ(以前の)」「ホスピタルケア(病院での処置)」という意味で、病院に搬送される救急車の中などで行われる処置のことを指しています。

例えば急に具合が悪くなったり、交通事故にあった場合などは救急車を呼ぶでしょう。その中では、病院に着くまでに必要な処置が行われます。それによってその後の容体も変わってくるので、「プレホスピタルケア」は非常に重要な処置と言えるでしょう。

用例5「プレ大会」

「プレ大会」とは、「プレ(以前の)」大会という意味で、本番の大会の前に行われる前哨戦のことです。例えばオリンピックなどでは、オリンピック大会の前年にその開催予定地で競技大会が行われます。

1964年東京オリンピックが開催されたときには、前年の1963年に関係のある外国との協力のもと「東京国際スポーツ大会」という名で「プレオリンピック」が行われました。本番のリハーサルを兼ねた大事な「プレ大会」でした。

用例6「プレ幼稚園」

「プレ幼稚園」とは、「プレ(以前の)」幼稚園という意味で、幼稚園へ通い始める前の親子を対象としたクラスのことです。これは一部の幼稚園で行われていて、その目的は「園を知ってもらう」「環境に慣れてもらう」「子育て支援をする」などです。

これにより、親がより良いと感じる幼稚園を選ぶことができたり、子供を幼稚園に慣れさせることができるという利点があります。

用例7「プレハブ」

Latests