Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月16日

「年子」の意味と定義|学年/2学年差/早生まれ/恥ずかしい

「年子」の意味と定義を考えたことはありますか。「年子」の意味を、一学年差の兄弟姉妹であると考える人は少なくありません。「年子」と呼ぶことができる場合が、他にもあることを知っているでしょうか。今回は、「年子」の意味と定義についてご紹介していきます。

「年子」の意味と定義とは?

「年子」の意味と定義|学年/2学年差/早生まれ/恥ずかしい

「年子」という言葉があります。年の近い兄弟姉妹を指す言葉ですが、「年子」にはどんな意味があるのでしょうか。「年子」が持つ意味は、一学年差の兄弟姉妹のことだけではありません。他に「年子」という言葉を使うのはどんな場面なのでしょう。

意味を深く考えずに、なんとなく「年子」という言葉を使っていた方は、自分の考えていた「年子」の意味や定義と合っているでしょうか。「年子」の意味と定義について、新しい発見をする方もいるはずです。「年子」の意味と定義をご紹介します。ぜひご覧ください。

年子の意味とは?

「年子」の意味と定義|学年/2学年差/早生まれ/恥ずかしい

「年子」の意味を見ていきましょう。「年子」は、「同じ母親から一つ違いで生まれた子供」という意味です。上の子供が生まれた月に関係なく、下の子供がその翌年の12月31日までに生まれた場合、「年子」になります。

「一つ違い」という言葉が、「一学年違い」という意味なのか、「二歳未満違い」という意味なのか、疑問を生んでいます。一学年差の兄弟姉妹の場合、上の子供が2歳になるまでに下の子が生まれた場合は、どちらも「年子」です。

一学年歳の年子とは?

「年子」の意味と定義|学年/2学年差/早生まれ/恥ずかしい

4月2日から翌年の4月1日までに生まれた人を、一学年にまとめて区切ります。4月1日に生まれた人と、一日違いで4月2日に生まれた人では、学年が一つ変わります。

一学年差で兄弟姉妹がほしい場合は、上の子供の誕生日が遅生まれの4月だとすると、1歳の誕生日前後には妊娠しておくことが必要です。上の子供が早生まれの場合は、上の子供が生後3か月から生後5か月までに妊娠していれば一学年差になります。

二学年差の年子とは?

「年子」の意味と定義|学年/2学年差/早生まれ/恥ずかしい

「二学年差の年子」の意味を見ていきましょう。「年子」とは、一学年差の兄弟姉妹のことを意味すると考えていた人も、多くいるのではないでしょうか。実際は、二学年差の兄弟姉妹もたくさんいます。

上の子供が早生まれで、下の子供がその翌年に生まれた場合、一つ違いの学年ではなく二つ違いの学年の「年子」になります。例えば、上の子供が2017年3月に生まれていて、下の子供が2018年の12月に生まれたとすると、学年が二つ違う「年子」です。

年齢がほぼ2歳差でも、上の子供が2歳の誕生日を迎える前に下の子供が生まれた場合は、「年子」と呼ぶことができる、という意味になります。

同級生きょうだいって?

「同級生きょうだい」という言葉の意味を見ていきましょう。「同級生きょうだい」は、「双子ではないけれど兄弟姉妹が同級生になること」を意味します。

上の子供が4月から6月の遅生まれで、産後すぐに次の子供を妊娠して4月1日までに出産した場合、上の子供と下の子供は同級生になります。兄弟姉妹と同級生になるのは「双子」というイメージですが、「同級生きょうだい」の場合もあるということです。

一学年差になる予定だったのが、下の子供が早産になって「同級生きょうだい」になることもあります。

上の子供が早生まれの場合は?

上の子供が早生まれの場合を見ていきましょう。

上の子供が早生まれで、産後すぐに妊娠すれば、一学年差の「年子」になります。上の子供を産んで半年くらい経ってから下の子供を妊娠した場合は、二学年差の「年子」になるでしょう。

上の子供が早生まれの場合は、二学年差の兄弟姉妹になることが多いです。一学年差で下の子供を産みたいと考えるなら、計画的に急いで子作りをはじめる必要があります。

産後の身体に無理は禁物です。身体の戻りや体調をみて、産院で相談しつつ計画していくといいでしょう。

「早生まれ」の意味とは?

「早生まれ」の意味を見ていきましょう。

「早生まれ」とは、1月1日から4月1日までに生まれた人のことです。反対に、「遅生まれ」という言葉もあります。「遅生まれ」は、4月2日から12月31日までに生まれた人のことを意味します。

昔は、今と違って、1月1日から12月31日までに生まれた人を、まとめて一学年に区切っていました。1月1日から4月1日に生まれた人を「早生まれ」と呼ぶのは、昔の名残からきているといえるでしょう。1月1日から4月1日に生まれた「早生まれ」の子供は、生まれた年は一緒でも、4月2日から12月31日に生まれた「遅生まれ」の子供よりも、1年早く進学することになります。

「年子」の意味の由来は?

「年子」の意味の由来を見ていきましょう。「年ごとに続いて生まれた同腹の子」という意味から「年子」と言われるようになりました。

「年子」という言葉は、「数え年」を使っていた頃から使われています。今は、誕生日がきて年齢が一つ上がります。しかし、昔はそうではありませんでした。

昔は、1月1日の元旦になると、みんな揃って年齢が上がっていました。元旦に年齢が上がるので、ちょうど一歳差となります。その「数え年」が一歳差であれば、「年子」と呼ばれていました。

今は年齢の上がり方が「誕生日」なので、上の子供と下の子供の年齢差を、より細かく表すことができます。「1歳○ヶ月差」というように表現できるので、誕生日が同じ場合などのちょうど一歳差でなければ、生まれた時期によっては「1歳差」とも言えますし、「2歳差」と言い表すこともできます。

「年子」が恥ずかしいという人の意味とは?

「年子」を恥ずかしいという人の意味を見ていきましょう。どういう気持ちから「恥ずかしい」という感情になるのでしょうか。「年子は恥ずかしい」という言葉の持つ意味とは何でしょう。

それは、「産後1年間は母体の回復のために、妊娠をしないように」と出産後に病院で注意されることからきています。

妊娠中に大きくなった子宮は、産後少しずつ妊娠前の子宮の大きさに戻っていきます。個人差はありますが、産後6週間から8週間ほどで元の大きさに戻ります。妊娠、出産、授乳で体力や栄養素を使うので、一部の産院では、次の出産まで1年あけるようにアドバイスされるそうです。

年子の兄弟姉妹を持つ場合、上の子供を出産後1年未満に子作りしている場合が多いです。「たった1年も待てないのか」「旦那さんに、産後の体を労わってもらえなかったのか」という気持ちから、「無計画」「盛んである」という意味で、「恥ずかしい」という言葉を使っているのでしょう。

年子は本当に恥ずかしいこと?

「年子」が恥ずかしいという人の意味は、「身体が戻ってないうちから子作りするなんて。」と考えているからでした。このように、「年子」に「恥ずかしい」という偏見を持つ人がいるのは事実です。

しかし、大切なのは、「子供ひとりひとり」です。年齢差はまったく関係ありません。「年子」に偏見を持つことの方が、恥ずかしいことではないでしょうか。

「年子だから恥ずかしい」と自負することは、自分にとっても子供たちにとっても、良くありません。我が子の誕生が恥ずかしいはずありません。年齢がいくつ離れていようが、可愛い我が子には変わりありません。自信を持って、生まれてきてくれたことに感謝しましょう。

年子育児のメリットとデメリット

「年子」の意味と定義|学年/2学年差/早生まれ/恥ずかしい

年子育児は、年齢が2歳未満の差しかないので、上の子供もまだまだ赤ちゃんです。オムツも授乳も卒業していないことが多いです。そこに新生児がやってきます。これがどういうことを意味するのか、想像するだけでも凄まじいです。

年が近いからこそ、できることもあるはずです。我が子はとっても可愛いです。中でも、乳児期から幼少期は、顔を見ているだけでニヤけてしまうほど、愛しい存在ではないでしょうか。可愛い赤ちゃんが2人、目の前にいる幸せも感じられるでしょう。

2人の年子育児、どんないいことや大変なことがあるのでしょうか。「年子」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

年子のメリットは?

上の子供が1歳から2歳くらいだと、まわりから見ればまだまだ赤ちゃんです。そこに、さらに下の子供がいると、まわりの人たちが「助けてあげよう」と、気にかけてくれるのが嬉しいところです。

年子で1番のメリットといえば、育児の期間が短いことです。上の子供が1歳前後であれば、イヤイヤ期はまだきていないでしょう。下の子供を妊娠中、「イヤイヤ」で振り回される心配もありません。走って逃げられても、追い掛け回すことに苦労はしないでしょう。

下の子供が1歳を超える頃には、兄弟姉妹で仲良く遊んでいる姿も見られるようになります。年が近いぶん、遊ぶ内容も同じことが多いので、家事をしている間も仲良く遊んでくれて助かります。

最初の出産から次の出産までの期間が長くあくと、妊娠中のこと、産後のこと、新生児育児のことなどを忘れてしまうこともありますが、その心配もありません。

年子のデメリットは?

下の子が生後3か月までは体力勝負になります。上の子供が授乳をしている場合は、2人分の授乳が必要になります。2人分のオムツ替えももちろんあります。夜泣きが重なる夜もあるでしょう。

「あっちが終わればこっちのお世話、こっちが終わればあっちのお世話」で、慌ただしく1日が終わってしまい、ゆっくりと自分の時間を楽しめない日もあるでしょう。

「しんどい」「疲れた」と思った時は、一人で抱えこまずにすぐにまわりの人に助けを求めてください。辛い気持ちを誰かに伝えるだけでも心がスッと楽になることもあります。

進学などで大きい出費が続いて、経済的に負担がかかる時期もあるでしょう。その時に困らないように、しっかり計画的にお金を貯めておくことが大切です。

「年子」というだけで、人から「無計画だ」と思われることもあります。偏見を持つ人の意見もひとつの意見ですが、自分の気持ちをしっかりもって堂々と育児しましょう。

自分らしく年子育児を楽しもう!

「年子」の意味と定義|学年/2学年差/早生まれ/恥ずかしい

「年子」という言葉がもつ意味は、「同じ母親から一つ違いで生まれた子供」という意味でした。学年が一つ違う場合、生まれた年が続いている場合、上の子供が2歳の誕生日を迎える前に下の子供が生まれた場合は「年子」と呼ぶことができます。

「年子」と聞くと「恥ずかしい」と言う人もいます。しかし、本当に恥ずかしいことでしょうか。自身の年齢を考慮して、できるだけ早いうちに2人目や3人目を望む人もいます。単純に、年齢の近い兄弟姉妹が欲しいと考える人もいます。

「年子」の偏見に悩んでいる時間は本当にもったいないです。悩んでいる時間を子供たちと過ごす楽しい時間に変えましょう。「明日は何をして楽しませよう」と考える時間もとっても素敵です。

小さいうちは大変なこともある年子育児ですが、可愛くてたまらない瞬間はたくさんあります。子供たちをたくさん抱きしめて、子供ひとりひとりに、たくさん愛情を伝えてあげましょう。

Latests