Search

検索したいワードを入力してください

「拙い」の意味と読み方・拙いを使った例文5例・類語

更新日:2020年08月20日

「拙い」という言葉を正しく使いこなせますか。ビジネスシーンでよく使われる言葉だけに、間違えて使ってしまうと恥ずかしいものです。この記事では「拙い」の意味や例文、語源に至るまで詳しく解説しています。「拙い」という言葉を学び、社会人として言語スキルを高めましょう。

拙いとは

「拙い」という言葉、皆さんは正しく使えていますか。「拙い」は、数ある言葉の中でも、特にビジネスシーンや冠婚葬祭など、社会的に重要な場面でよく用いられる言葉です。

社会人にとって、言葉を正しく使うことはもはや常識とされています。この記事では、「拙い」の意味や読み方、類語や使用方法までを詳しくご紹介します。ぜひ「拙い」という言葉の意味を正しく理解して、皆さんの社会生活をよりステップアップさせてください。

読み方

「拙い」、何と読むかご存知でしょうか。「拙い」は「つたない」と読みます。「つたない」の他に「まずい」という読み方もありますが、こちらはややくだけた言いまわしに用いられます。

ビジネスシーンやフォーマルな場においては、「つたない」と読まれるのが一般的と覚えておくと良いでしょう。

意味

「拙い」には、能力が劣っていること、物事を行うのが上手ではないこと、未完成な様、などの意味があります。ビジネスシーンにおいては、こちらのどの意味に対しても、よく使用されます。

他には、運が悪いという意味もありますが、あまり一般的ではありません。日常的に使用されることはほとんど見られませんが、教養として心に留めておくと良いです。

また「つたない」「まずい」の2つの読み方で、ともに意味の違いはありません。

拙いの使い方

「拙い」には、主に2とおりの使い方があります。1つ目は、目上の人に対して謙遜する意味で用いる使い方です。この場合、自分の行動に対して「拙い」を使います。

2つ目は、自分よりも経験や技術が不足している相手に対して、その行動を逆説的に褒める使い方です。この場合、相手の行動に対して「拙い」を使います。

以下に「拙い」を使った例文を、2種類ずつご紹介します。使い方の違いについて、参考にしてみてください。

例文1:拙い説明

例文:1-1拙い説明でございましたが、わからないところがあれば、お気軽にお申し付けください。

説明:自分の説明に対して「あまり上手ではありませんが」という意味の、謙遜した言い回しになります。

例文:1-2拙い説明でしたが、要点は押さえており、わかりやすかった。

説明:相手の説明に対して褒める使い方です。

例文2:拙い言葉

例文2-1:私の拙い言葉で、どこまでお伝えできるかわかりませんが、頑張ります。

説明:自分の表現に対する、謙遜した言い回しになります。

例文2-2:私の息子は幼いため、まだ言葉づかいが拙い。

説明:言葉使いが下手というよりは、「年齢的に未熟」という意味合いで用いられます。

例文3:拙い演奏

例文3-1:拙い演奏ですが、皆様楽しんでいただけるとうれしいです。

説明:自分の演奏に対して「あまり上手ではありませんが」という意味の、謙遜した言い回しになります。

例文3-2:練習を始めて間もないため、拙い演奏ではあったが、心に響く音色だった。

説明:演奏が下手というよりは、「経験が浅い」という意味合いで用いられます。

例文4:拙い話

例文4-1:拙い話で恐縮ですが、これで新郎新婦へのご挨拶とさせていただきます。

説明:スピーチでの、謙遜した言い回しです。「拙い」は、フォーマルな場面でもよく使われる言葉です。

例文4-2:彼の拙い話し方でも、その場の様子は、まざまざと想像できた。

説明:たどたどしい話ながらも、きちんと伝わったという感想に用いられます。

例文5:拙い文章

例文5-1:拙い文章にもかかわらず、お読みいただきありがとうございます。

説明:こちらも、「上手ではありませんが」という謙遜した意味になります。

例文5-2:文章は拙いが、表現の仕方が個性的で好感が持てる。

説明:「拙い」の持つ逆説的な意味合いが、他の長所を引き立てる使い方です。

拙いを使って褒める

「拙い」の持つ、謙遜の意味合いを上手に使うと、相手を褒める文章を作ることができます。

「拙い」は本来、能力や技術を低く評価する言葉です。しかし、上の例文に挙げたような、逆接的な文章にすることで、相手の心情や感性への評価を引き立たせる効果があります。「拙い」を使った内面的な部分の褒め方を学んで、ぜひその効果を利用してみましょう。

以下に「拙いながらも」を使った、逆説的な例文を、さらにご紹介していきます。

拙いながらも

初回公開日:2018年02月12日

記載されている内容は2018年02月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests