Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月16日

「公家顔」の意味と使い方・芸能人・顔の特徴・ブスだと思う理由

公家顔という言葉を聞いたことはあるでしょうか。公家顔は色白で気品のある顔立ちをしており、イケメンや美人が多いと言われています。この公家顔の人には、どのような特徴があるのか、そしてどのような芸能人がいるのか、見てみましょう。

「公家顔」とは

最近よく耳にするようになった「公家顔」という言葉ですが、ご存じでしょうか。ゆで卵をむいたような顔に、控えめな目や鼻立ちをしており、なにより色が白い。眉と目の間が広めであって、どことなく品が漂っている感じのする顔立ちの方が公家顔だというように言われています。

この公家顔について、今回は見ていきます。

そもそも「公家」とは何

「公家顔」の意味と使い方・芸能人・顔の特徴・ブスだと思う理由

「公家顔」と言われても「公家」がそもそも何なのかわかなければイメージのしようがありません。まず「公家」について見ていきましょう。

「公家」とは、日本の歴史上、天皇のそばで支配層を構成してきた貴族をいいます。平安時代から室町時代・戦国時代、江戸時代末期などをテーマにし、朝廷が描かれるシーンなどが多い時代劇で登場する天皇を支える職についている人たちをイメージすればわかりやすいです。

殿上にあがり、天皇に仕えている人達が公家ということになります。時代劇では、「○○でおじゃる」などのしゃべり方をしており、宮中で仕事をしている人達となります。一方武家の人は「○○でござる」などのしゃべり方をしていたりし、武士として戦っていたりするので、見分けがつきやすいでしょう。

「公家顔」の意味と使い方

「公家顔」の意味と使い方・芸能人・顔の特徴・ブスだと思う理由

それでは、「公家顔」という言葉についてみていきます。公家顔とは、顔立ちが公家に似ている、品のある顔立ちをしているという、顔について表した言葉です。もちろん現代に公家の方はおりませんので、言葉のイメージから来ています。

「公家」といえば、武士に対して公家の人は争いを好まず、風流なものを好む高貴な人々のようなイメージを持っていませんか。このような気品に満ちた雰囲気を持った顔が「公家顔」です。

「公家顔」の使い方

それでは、「公家顔」という言葉の使い方について見てみましょう。この言葉は、人の顔について表す言葉です。そのため、顔にまつわる話しをする際に使うことになります。

・就職試験の面接に行った際、面接をしていた人事部長から「あなたの顔は公家顔で品のある顔してるね」と言われたが、いまいち自分ではわからなかった。
・兄弟で顔があまりにていなく、自分は暑苦しい武家顔をしているのにもかかわらず、弟は涼しげな公家顔をしている。
・今、モテる顔付きは公家顔らしいので、私もモテるために顔のダイエットを始めた

男女別公家顔の人の特徴

「公家顔」の意味と使い方・芸能人・顔の特徴・ブスだと思う理由

それでは、公家顔の人の特徴について確認してみましょう。公家顔の特徴には、いくつかのポイントがあります。

まず大きな特徴としては目が細いことがあげられます。まぶたが一重であっても奥二重であっても目が細いです。

次に、鼻筋が通っており、唇が薄いことがあげられます。顔自体は若干の面長です。そして何より色白です。

この特徴である目ですが、公家顔の人は釣り目であっても垂れ目であっても目が細いので、いつでもクールなまなざしをしていると言えます。そのため、笑ったりすると、目がわからなくなるように目元がなります。それが可愛い印象を与えるため、クール感とのギャップがいいのでしょう。

男性の場合イケメンが多いか

男性の場合、上記の印象をまとうと、かっこいい顔というわけではありません。ですが、すべてにおいて標準値を超す顔だちの方が多くなる点で、イケメンの分類に入ります。

涼しげで品のある男性は、かっこいいわけではなくてもモテます。気品漂う顔立ちをしていることからイケメンの人が多いのが公家顔の特徴です。

女性の場合美人が多いか

女性の場合、上記の印象をまとうと、和製美人が多いのが特徴になります。どことなく涼しげでありながらも、笑った時の笑顔は可愛い印象が強い公家顔の女性ですが、やはり、気品漂う顔立ちから美人が多いといえます。

公家顔がブスだと思う人の理由

「公家顔」の意味と使い方・芸能人・顔の特徴・ブスだと思う理由

公家顔を見て美人だと感じる人がいる一方で、公家顔を見るとブスだと感じる人もいます。これは、その人の感じ方といえば話が終わってしまうのですが、やはり特徴となる目の細さや唇の薄さが原因といえます。

目がパッチリしている女性や、二重の女性が好みで一重で目元が軽そうな女性は好みでないという人もいるでしょう。そしてふっくらとした唇が好きという人もいます。つまり、公家顔の特徴であるポイントが全て、理想と逆になってしまっているということになり、そのような人から見ると、公家顔の特徴が全てブスと感じる要素になってしまいます。

静かで落ち着いた和風美人の印象のある公家顔よりも活発的な明るい印象の顔つきがいいという人には向いていない顔付きです。

公家顔の芸能人

公家顔の特徴についてみてきましたが、ご理解いただけたでしょうか。このような顔だちの人は、テレビや映画などでも色々と出演しています。それでは品性が漂う顔立ちが特徴の「公家顔」である芸能人にはどのような人がいるのか確認してみましょう。

俳優

俳優で公家顔の人は次のような人がいます。まず、最近活躍している高橋一生さんです。軍師官兵衛では寡黙な家臣役を演じ、その印象もやはり涼やかな印象をうけます。次に、綾野剛さんですが、悪人顔が特徴ですが優しい役柄も似合う俳優さんです。イケメンではないと本人も言っているのですが、一般的な評価もイケメン枠ではないと言われています。

そのほか、小栗旬さん、加瀬亮さん、松山ケンイチさん、浅野忠信さん、松田龍平さん、東山紀之さんなどがいます。どの人たちも実力のある俳優さん達ばかりですし、どの人たちもイケメン俳優の方ばかりです。静かな雰囲気の色気がある方が多く、魅力にひきこむ力の強い方が多いです。

この方々をみても、実際にはかっこいいと言われる顔立ちとは少し違う感じがします。ですが、やはり特徴的な目元や顔立ちが魅力といえます。

女優

女優さんにも公家顔の人はたくさんいます。まず、木村多江さんですが、薄幸美人女優として活躍している女優です。貞子役など狂気じみた演技や幸の薄そうな演技に定評がありますが、やはり美人な女優さんです。

他にも天海祐希さん、小西真奈美さん、小雪さん、鈴木京香さん、樋口可南子さんなどが該当します。これらの公家顔の女性の方には、静かで落ち着いた雰囲気の美人女優さんが多い感じがします。やはり、公家顔なだけに和風の美人の方が多いです。

和装をしても似合う感じの方が多く、唯一無二の存在感を持つ人ばかりです。

スポーツ選手や解説者など

スポーツ選手や解説者などにも公家顔の方がいらっしゃいます。まず、スポーツ界では、オリンピックでも金メダリストであり、世界的な人気者になっている羽生結弦選手です。さっぱりとした薄い顔立ちが印象的で、氷の上ではさらにとてもさわやかに感じます。

同じフィギアスケートの選手だった浅田真央さんも公家顔といえます。お雛様のような昔の公家を連想する上品な顔立ちから年配の方にまで人気を呈しました。演技に伴う濃いめのメイクをしても、下品に見えない方です。

政治ニュースや経済関係の番組で活躍している評論家の宮崎哲弥さんも公家顔です。この宮崎さんについては、イケメンの俳優さんたちとは少し違いますが、色気と品のある顔立ちをされた方です。

このように俳優や女優以外で活躍されている方でも、やはり品のある顔立ちでかっこよさではない魅力が公家顔にはあることがわかります。

「公家顔」という言葉を知って使いこなそう

「公家顔」の意味と使い方・芸能人・顔の特徴・ブスだと思う理由

「公家顔」について見てきましたがいかがだったでしょうか。公家顔は色白で目が細く鼻筋が通っており唇は薄いという特徴のある顔でした。そして気品の漂っている感じがする顔立ちでした。

この「公家顔」ですが、かっこいいという分類ではないものの、イケメンの分類や美人の分類に入る顔立ちです。俳優や女優さんなど、テレビで見かける方々も本当に引き込まれる魅力を持った人たちばかりです。

このように「公家顔」は爽やかであるとともに引き込まれる魅力を持った顔であるということを認識し、テレビなどで活躍する人でも注意してみるようにしてみましょう。

Latests