Search

検索したいワードを入力してください

「がてら」の意味と使い方・方言・敬語・類語・漢字|ついでに

初回公開日:2018年06月06日

更新日:2020年05月11日

記載されている内容は2018年06月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「がてら」という言葉を耳にしたことがないでしょうか。「方言かな?」とも思われる表現ですが、由来は万葉集で読まれていた「我弖利」「がてり」という言葉が変化したものです。そんな「がてら」の意味・使い方・類語・似た表現、敬語の種類も紹介しますので、ぜひご覧ください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「がてら」の意味と使い方・例文

あなたも「がてら」という表現を耳にしたことがあるのではないでしょうか。そんな「がてら」の意味と使い方をはじめ、例文などもご紹介します。

「がてら」の意味

「がてら」という言葉には、「ある事をする際に他の事も同時にする」という意味があります。「がてら」という言葉は、別の動作をする場合に使用するというよりは、「がてら」の付く言葉にもうひとつの意味や目的を持たせる場合に使用します。「がてら」という言葉は、どんな動作にも使用できるということではなく、「がてら」の後にくるものは移動を表す動作に限られます。

接続助詞

接続助詞として「がてら」を使用する場合は、動詞や動詞型活用語の連用形に付くことで「なにか行う際に、別の事柄も同時に行う」という意味になります。

副助詞

副助詞として「がてら」を使用する場合は、動作性の意味をもつ名詞に付くことで、「運動がてら買い物をしに行く」という形で使用します。

「がてら」の使い方

「がてら」という言葉は、運動をする際に、買い物にも行ってくるということを「運動がてら買い物に行ってくる」といった形で表現できます。

「がてらに」の使い方

「がてらに」という言葉は、散歩をする際に、買い物にも行ってくるということを「散歩がてらに、買い物にいってくる」といった形で表現できます。

「がてら」の例文

「がてら」を使用した例文をご紹介します。

・公園を散歩がてら、生育している植物を観察しに行く
・お花見がてら、みんなと食事をしに行く
・目的地まで移動がてら、海を見て行く

「がてら」という言葉は万葉集からきている?

「がてら」という言葉は万葉集で詠まれていた、「君待ちがてり」や「見がてり」という「がてり」という言葉が変化することで「がてら」となりました。

親王飾:京三五親王立雛飾菊花雛:平安優香作雛人形

正絹(シルク)を使用した京都西陣織桜刺繍衣装のお殿様とお姫様が、オブジェ風前飾りや伝統工芸金沢箔と会津蒔絵屏風に溶け込むことで、雅な平安時代を想わせる立雛は高級感ある逸品です。

「がてら」の敬語

「がてら」という言葉に敬語表現はありませんので、「がてら」の付いている言葉を敬語表現にします。「挨拶がてら」の場合は、「挨拶」を「ご挨拶」という謙譲語にすることで敬語表現になります。

しかし、ビジネスにおいて「ご挨拶がてら」という表現は少し違和感がありますので、「かたがた」に言い換えるといいでしょう。

・ご挨拶かたがた、伺いたく存じます

敬語は3種類ではなく5種類

敬語は長い間一般的に3種類とされてきましたが、2007年2月2日に文化審議会の国語分科会は「敬語の指針」の答申を提出しています。

敬語の分類としては今までは「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3つとして分類する考え方でしたが、謙譲語と丁寧語を細かく分けることで、「尊敬語」「謙譲語I・謙譲語」「謙譲語II・丁重語」「丁寧語」「美化語」の5つの分類にするという指針となっています。

相手との距離感なども含めて、くだけすぎたり丁寧すぎたりしていないかなどに注意して敬語を使用していきましょう。

学校教育等で行われた前述の3分類ないし4分類のうち,謙譲語と一括されてきた語
群だけについて,それらの敬語としての性格をよりはっきりと理解するために必要な区分
けをしたものである。繰り返して言うが,この5種類の区分けは,従来の学校教育等にお
いて行われている敬語の学習や指導と対立するものではない。学校教育における敬語指導
の具体的な取扱いについては,従来の経緯を踏まえ,かつ,児童生徒の発達段階等に十分
配慮した,別途の教育上の適切な措置にゆだねたい。
また,社会教育における敬語指導の在り方や,敬語関係の参考書等の作成においては,
敬語の使い方をより適切に理解するために,ここでの5種類に分ける考え方を十分踏まえ
た適切な取扱いを期待する。

出典: http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/sokai/sokai... |

尊敬語

「尊敬語」の主語は常に二人称や三人称であって、相手の動作・行為・状態などを高めて表現する敬語となります。

・御宅、貴社、貴校、おっしゃる、召し上がる、ご覧になる、お帰りになる

謙譲語

謙譲語と一括されてきた語群について、現在では敬語としての性格をよりはっきりと理解するために必要な区分けをされていますが、どのような区分けになっているのかをご紹介します。

謙譲語I「謙譲語」

謙譲語Iは「向かう先」などに対する敬語となってきます。謙譲語の主語は常に一人称になり、自分の行為を行う相手に対して敬意を表現する言葉です。

仕事のうえでは基本的に「何かを相手にしてあげる」ことが多いですが、「謙譲語」とは何かを相手にしてあげる時の自分の行為を表現するものですので、社会人ならまず理解しておきたいものが謙譲語となります。

・申し上げる、伺う、差し上げる、お目に掛かる,献呈する、拝見する

謙譲語II「丁重語」

謙譲語IIは「相手」に対する敬語となってきます。「丁重語」とも解説されることの多い謙譲語IIですが、丁寧語との違いは扱う対象が人である場合が多いところです。謙譲語Iとの違いは、自分の行為を行う相手に対する敬意とは違って、自分の行為を表す敬語です。

謙譲語Ⅰでは「部長へのお手紙」などのように、自分側の物事に「ご」や「お」をつけますが、謙譲語Ⅱでは「ご」や「お」はつけずに、「弊」や「小」などをつけます。

・弊社、小社、承知する、頂戴する、申す、参る

丁寧語

「丁寧語」は幼い子供でも丁寧に話そうとすれ使えるようになる敬語で、「ございます」「です」「ます」などを指します。

日常生活で自然と使っている表現で、自分の話を聞いてくれている相手に対して、丁寧に話すための基本的な敬語となってきます。丁寧語だけで使用することもありますが、尊敬語や謙譲語と一緒に使用される場合が多いです。

・します、行きます、聞きます、受け取ります、考えます、待ちます

美化語

「美化語」とは、上品に言い表そうとするときの言い方で、相手への敬意ではなく、自分の使っている言葉を美しくする「自分の品位」のための表現です。

言葉の前に「お」や「ご」を付けて表したり、言い換えたりする使い方をしますが、規則性や法則性などはあまりなく、常識的・習慣的に長い間使われてきたものが多いです。

・付け足す場合の例
御神火、お茶碗、お愛想、お生憎様、お祈り、お後がよろしい、お子様

・言い換える場合の例
水→お冷、便所→お手洗い・お化粧室

二重敬語

敬語の使い方が苦手な人が陥る落とし穴として、二重敬語があげられます。日本語の敬語を「相対敬語」と呼びますが、これは相手との距離感や関係によって使い方が変わる敬語のことを指します。

敬語は長いと感じている方や、「れる・られる」を使って尊敬語を作ることが多い人は注意しておきましょう。

主語と述語の関係と、尊敬語と謙譲語の変換のふたつが日本語を難しくしていますが、逆に考えればこのふたつを理解すれば敬語は怖いものなしということになります。

秘書検定の内容とも混ざってきますが、社内でどんなに偉い人であっても、社外の人と話す場合には呼び捨てにして構いません。敬語を使う場合には、「主語が誰か?この行為を行うのはだれか?」を考えてみましょう。

主語が自分や身内なら謙譲語となり、相手であれば尊敬語だということが理解できるでしょう。二重敬語というのは、その問題を引き起こす原因が、尊敬を表す助動詞「れる・られる」となっています。

敬語について学びたいあなたにおすすめの商品!

これから正しい敬語を身に着けたいというあなたに「美しい日本語と正しい敬語が身に付く本」をご紹介しますので、この本を参考にして「美しい日本語」と「正しい敬語」を学んでみましょう。

「がてら」は方言か?

地方の方言と混ざると、「がてら」という言葉自体が方言のように感じてしまう方もいるでしょうが、「がてら」はやや古めかしい表現というだけで国語辞典にも載っている日本語ですので、方言ではありません。

「がてら」の類語・言い換え

「がてら」の類語や言い換えられる表現をご紹介します。

かたがた「方々・旁々」

「かたがた」という言葉も動作性の意をもった名詞に付くことで、「がてら」と似た意味を表す表現で、「何かをすることを利用することで、別の目的のこともする」という意味になります。

「かたがた」という言葉は「お見舞い」「お礼」「おわび」「ご挨拶」「ご報告」などの言葉とあわせて主に改まった場面で使用する表現で、手紙などの改まった文章にも使用されます。

・ご挨拶かたがた、お礼を申し上げます

「がてら」と意味合いが似ている言葉

「がてら」と意味合いが似ている言葉をご紹介します。

かたわら「傍ら」

「かたわら」という言葉は接続助詞として使用することで、主となる事柄を行う一方で、空いている時間に他の事柄も行うという意味を表します。しかし、他に行う事柄は長く続くものでなければいけないので使える範囲は狭くなります。

・弁護士を目指して勉強をするかたわら、俳優の活動も行っている

ながら「乍ら」

「ながら」という言葉は、動詞や動詞型活用語の連用形に付くことで、ふたつの動作や状態が並行して行われるという意味を表し、古くは万葉仮名を使用していた時代から「乍」として存在していた言葉です。

・ふたりで楽しい時間をすごしながら、並木道を歩いた

つつ

「つつ」という言葉は「ながら」と同じように、動詞や動詞型活用語の連用形に付くことで、ふたつの動作や状態が並行して行われるという意味を表します。「つつ」という言葉は、前後の語の主語が同じになり「同時に」という内容になりますが、後にくる語のほうが大切な場合に使用します。

・参加者の勤務状況を確認しつつ、明日のミーティングの時間を決める

ついでに「序でに」

「ついでに」という言葉は「何かをするときに、一緒にする」という意味で、「つつ」や「ながら」と同じ意味で使用されますが、本来は書き言葉となる表現になります。

・部長はいつも食事に行くついでに、タバコを買ってくる

「がてら」は失礼になるのか

「がてら」という言葉は、普段の生活の中で使用する場合には問題ないですが、ビジネス文書などに使用する場合は少し失礼な印象を与えてしまう可能性もあるので、「かたがた」に置き換えましょう。

「がてら」の漢字ってあるの?

「がてり」は万葉集の表記では「我弖利」となっていますが、「がてら」の漢字表記はありませんので、無理やり漢字にしないように注意しましょう。

言い換えた言葉の「かたがた」という漢字表記で「方々・旁々」や、意味合いが似ている言葉として、「ながら・乍ら」「かたわら・傍ら」「ついでに・序に」というように漢字表記できる言葉がありますが、そちらも使い方が本来違うので注意しましょう。

「がてら」と「ついでに」との違いは?

「がてら」や「かたがた」という表現は、ふたつの事柄を同じ時間に行う場合に使用しますが、「ついでに」や「かたわら」という表現は、ひとつのことをしながら空いた時間などを利用して別の事柄を行う場合に使用します。

マナーというものには正解はないからこそ?

さまざまな言語や表現の仕方が混在する現在においては、「何が一体常識なのか」という部分の認識において、差が出てくる可能性があるのではないでしょうか。

さまざまな時代を生きた人たちがコミュニケーションをとる手段として、そして礼儀や礼節を重んじるにあたってつくられてきたものである以上は、「変化してきた」「これからも変化していく」ものであって、マナーや言葉の表現には「絶対や正解」というものはありません。

コミュニケーションの中でも特に相手と親密な関係となる恋愛においても、他の要素も含めたうえで判断される材料のひとつにすぎません。

判断材料のひとつでしかない「言葉づかい」や「敬語の使い方」ですが、ビジネスにおいては「一般常識」として重要視される場面も多いので、相手に対して失礼とならないように、ある程度は現在において正しい使い方を覚えて実践することが必須となってきます。

堅苦しく丁寧な表現をすればマナーとして正しいという訳ではありませんので、状況などに合わせて使い分けることでよりよい未来を切り開いていきましょう。

Latests