Search

検索したいワードを入力してください

「然るべき」の意味と使い方・類語・敬語・読み方|目上

初回公開日:2018年06月01日

更新日:2020年05月30日

記載されている内容は2018年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

然るべきという意味は「適切」「似つかわしい」「こうなるべき」という意味がある言葉です。然るべきと職場や取引先が使ってくれば注意が必要です。普段の職場の態度や言動を考えないと然るべきという言葉を言われてしまう事もあるので気を付けて行動しましょう。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

然るべきという言葉の使い方と意味例文など

然るべきという言葉は主にかしこまったビジネスの場面で使われる事が多い言葉です。態度や言動を改めない人への対応や対策として、然るべきという言葉を使ってその措置を考えたり相手の態度に合わせて然るべきという言葉を使うので、そうするのが当然だとかそうするのがふさわしいといった意味で使われる事が多いです。

使い方の例文としては「その書類を使ったら然るべき場所へ戻しておいてください。」や「そのような態度が続くならば、然るべき対応を取らせていただきます。」このように使います。悪い態度にどう対応するかや、当然のことに対して使われる場合があるので然るべきという言葉自体は親しい仲ではあまり使わない言葉となります。

然るべき対応と使う場合

然るべき対応と使う場合は目に余る態度や言動に対して然るべき対応と使う場合がほとんどです。悪いことをすればそれなりの悪いことに対する対応を取り、良い事であれば良い事に対する対応を取るので、然るべきという言葉も相手の出方次第で変わってきます。

使い方としては「きちんと月謝を納めていただいているので、それなりの然るべき対応を取らせて頂きます。」や「そのような態度を取られるならば、こちらとしてもそれなりの然るべき対応を取らせて頂きます。」などと使いましょう。

然るべき場所と使う場合

然るべき場所と使う場合は、相手は場所をわきまえてくださいと言っています。然るべき場所に相談するとか、場所をわきまえて行動してくださいと相手は言っているので然るべき場所と相手が言ってくれば、今どういう状況なのかをよく考えて行動しましょう。

然るべき場所の使い方は「そのような問題が出てくれば、然るべき場所に訴えるしかないです。」や「然るべき場所で判断してもらいましょう。」また「そのような行動は然るべき場所で使いましょう。」などと使います。

然るべきタイミングと使う場合

然るべきタイミングと言って来たら、然るべき場所という使い方と少し違ってきます。然るべきタイミングとは行動に合わせた時間などを示しています。然るべきタイミングと言われたらその行動や言動に合わせた最適な場面などに、然るべきタイミングという言葉を使う事が多いです。

然るべきタイミングの使い方は「書類を提出するのがその時間なので、然るべきタイミングとしては、早めの10時頃から準備しておくのが無難でしょう。」と使いましょう。然るべきタイミングはなかなか使う場面が少なく、違った言葉に置き換えることもできるのであまり使わない言葉になります。

然るべき行動と使う場合

然るべき行動と使う場合は悪いことに対しても良い事に対しても「然るべき行動を取らせて頂きます。」と使う場面が多いです。例えば、「そのようなことをもし相手がした場合は然るべき行動を取らせて頂きます。」や「そのような行動をとれば、然るべき行動で示させていただきます。」などと使います。

然るべき行動とつく場合は良い事も悪いことに対しても行動をする事で対応しますが、ほとんどの場合は悪いことに対する場合への対応になります。

然るべき処分と使う場合

この場合は悪いことをした場合に使われます。然るべき処分と言った使い方をする場合は「そのような無責任な行動をした罪として然るべき処分を下します。」や「然るべき処分をしてその後の対応を考えます。」などと使います。あまり事態が穏やかでない場合、然るべき処分と使う場合が多いでしょう。

然るべきという言葉を使う場合は、ほとんどが悪いことへの対応や対策、処置について然るべきという言葉がついてきます。

然るべきという言葉の類語ってあるの?

然るべきの類語は、「それ相応」「似つかわしい」「適切」となります。相手の行動や言動に対して自然に生まれる対応や対策に対しての事を指すます。

然るべきと相手が言って来た場合はそれに相応に対する返礼や対処といった使い方もするので、良い場面でも悪い場面でもあまり相手に然るべきという言葉をなるべく使わせないのが良いとされます。

然るべきを敬語で使う場合はどうするのか?

然るべきを敬語で表すと「善処する」になります。善処という言葉もあまり穏やかでない場合に使うので、然るべきを敬語で善処しますと使って来てもただ言葉を丁寧にしただけで相手への不信感は拭えていないことを表しています。

使い方としては「こちらとしてもそれなりの誠意をもって対応させて頂きますが、その点につきましては至急検討して、善処させていただきたく申し上げます。」などと使います。なかなか善処という言葉自体を使う事がないので、然るべきという言葉を使わずに善処という言葉を使う場合はより事が重大である事を表しています。

然るべきを目上の人に使う場合の注意事項は

主語と述語に丁寧語を使えば、職場では然るべきという言葉も十分に目上の人に使える言葉となります。然るべきという言葉自体相手に威圧感を与える言葉となるので、上司や目上の人ならば誰でも使っていいとは限りません。

然るべきという言葉を使う場合は相手の行動などが目に余る場合や、本棚に本を戻す場合や決まった場所に物を戻す場合などに使われるので目上の人に使う場合は然るべき場所にあった物を戻す場合などで使うと良いでしょう。

然るべきという言葉の漢字の読み方はどうするのか?

「然るべき」という文字は新入社員だとなかなかしかるべきとは読めません。「自然」という文字を思い浮かべて「自然」「然る」と覚えておけば必然的に起きる事だと理解できます。分かりづらい文字を覚える場合は関連づけて覚えるのが良いでしょう。

しかるべきと読む場合

「然るべき」をしかるべきと表記してもよいです。相手が学生だったり新入社員ならば相手に分かりやすいように、書類をしかるべきとひらがなで表記してもよいでしょう。

しかるべきという文字自体ひらがなで表記する場合は使い慣れていない人へ向けて使う場合がほとんどです。然るべき以外にも相手に分かりやすく、場合によってはひらがなで表記するのことも時には必要になります。

然るべきとは必然的という意味と同じ意味である

自然と必然、然るべきの「然」は意味としてなるべくしてなった場合を指しています。必然的とはそうなることが決まっていてなった場合を指しています。自然とはまた違う意味になりますが、然るべきとも意味が通じる面もあるのでその場面に合わせた使い方をすることが必要になります。

自然と必然、然るべきという言葉の使い分けが出来てくれば、ビジネスシーンでは自分の立場や商談を有利に進める事が可能になるでしょう。

なるべくしてなった結果が然るべきという言葉

相手に然るべきという言葉を使わせてしまった場合は、自身の行動を見直してみましょう。
ただ単に然るべき場所へ物を戻しておいてという意味の場合もありますが、それ以外の行動や言動に対する対応の場合の然るべきという表現は穏やかではありません。

なるべくしてなった結果としても捉える事が出来ますが、ほとんどの場合は自分がしている事に対しての対応を相手は然るべきという言葉を使って表しているので、普段からなるべく相手に然るべきという言葉を使わせない事が必要になってきます。

然るべきという言葉を使う人が少ない

然るべきという言葉はビジネス用語でもあまり使わないでしょう。それこそベテラン社員やそれなりの地位に就いている人が使う言葉でもあります。然るべきと言われて何のことだかわからない人もいるのでビジネスシーンでもプライベートでも使う相手を選びようにしましょう。

言葉というのは自分が理解していても、相手が理解していなければ外国人に一方的に日本語を話している事とほとんど変わりません。

ビジネスシーンで使う場合の使い方など

主語や述語に丁寧語を使って然るべきという言葉を使ったり、善処という言葉を使って相手に行動や言動による対応を伝えましょう。

ビジネスシーンで善処や然るべきという言葉を使う場合は、ほとんどが厳しい場面などが多いので、いつでも相手にプラスになるようなことにはならないです。然るべきという言葉を使う場合はこちらとしても、腹をくくらないと使えない言葉になるので、自分に然るべきという言葉を使わせた責任を相手にも分かってもらうようにしましょう。

政治や軍隊で使われる言葉

かしこまった場で然るべきという言葉が使われます。もちろん一般の会社でも使われますが、官僚や軍の組織を束ねる人に使う事の多い言葉が然るべきという言葉です。

軍や政府は規則や法にのっとって事を成し遂げています。然るべきという言葉を使って何かを言ってくる場合は、大きな事柄への対応や対処への返答や答えでもあります。然るべきと軍や政府が使ってくれば、どのことに対しての言葉かよく注意して聞いておくべきです。

子供や若い人が使わない言葉である

然るべきという言葉は子供や若い人には馴染みがない言葉です。普通の会社員でもそんなに然るべきという言葉は使わないでしょう。適切にとか、それ相応という言葉の方が若い人には馴染みがあります。

子供が新しい言葉を覚えて意味が分からないまま使いたがっている場合もそうですが、自分も相手も理解している言葉を使わなければ伝わりません。言葉は理解してこそ、意味を持つので分からない言葉があった場合は無理して使わないようにしましょう。

もし然るべきと言われたらどうするのか?

然るべきと言われたら、今している行動や言動を振り返ってみましょう。思い当たる節がなくとも相手が然るべきという言葉を使って来たら注意が必要です。

「然るべき対応を取らせて頂きます。」と相手が使って来た場合は自分に不備がなかったかよく考えてみるべきでしょう。

然るべきという言葉を言われたら注意しよう!

職場のミーティングなどで業務の事で注意する時にしかるべきという言葉を使ってくる事があります。そのことに該当するのかどうかというよりも、今の職場の状況を考えて行動や言動を抑えていくことが必要になります。

然るべきという言葉が職場で使われた場合は自分の行動などを振り返ってみる事が必要になります。

相手に然るべきという言葉を使わせないようにする

ただ単に物をあった然る場所へ返すだけのことだったとしても、然るべきという言葉が営業やミーティングなどで使われた場合は自分の態度や言動、行動を振り返ってみる事が必要になります。自然に必然にという意味も含まれる言葉ですが、然るべきという言葉が出てくれば今の現状を分析する事が必要です。

また、然るべきという言葉はあまり使われない言葉なので、自分と相手が理解している場合のみに使うようにしましょう。

Latests