Search

検索したいワードを入力してください

「階段を上る」の意味と使い方

更新日:2022年08月10日

階段を上るの正しい意味と使い方や、類語との違いをご存知でしょうか。本記事では、階段を上るの意味と使い方を解説し、混同されやすい類語との違いや階段を上るの英語表現を紹介します。階段を上るという表現について詳しく知りたい人は、ぜひチェックしてみてください。

「階段を上る」は、「階段を上がる」や「階段を登る」、「階段を昇る」など、似たような表現が多くあります。どの表現も上に向かう意味が含まれていて、意味と使い方が混同されやすいです。そのため、階段を上るの正しい意味と使い方がわからない人もいるのではないでしょうか。

この記事では、階段を上るの正しい意味と使い方に加え、階段を上るとその類語の違いを紹介しています。また、階段を上るを英語にした場合の表現も、合わせて紹介しています。それぞれの表現が持つニュアンスの違いを比較して、把握できるでしょう。

この記事を読むことで、階段を上るの正しい意味と使い方を把握できます。そして、類語と比較して違いを理解することで、階段を上るという表現を間違えることなく使えるようになりるでしょう。

階段を上るという表現について知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

「階段を上る」の意味・読み方

「階段を上る」の意味と使い方

ここでは、「階段を上る」の意味と使い方を紹介します。階段を上るは、下から上へ向かう日常的な場面で、使われる頻度の高い言葉です。階段を上るの意味と読み方を把握して、正しい使い方をできるようにしましょう。

また、階段を上るを言い換えた言葉である「階段を上がる」の特徴も併せて紹介しています。意味が同じで、漢字の表記も似ていることから、階段を上ると違いがわかりにくい言葉です。読み方の違いと、ニュアンスの違いも紹介しているため、区別できるようになるでしょう。

「階段を上る」の意味

「階段を上る」は、階段を使って下の位置から上の位置へ向かうという意味です。例文としては、「5階にいくために階段を上る」のように使われます。階段を上るの読み方は、「かいだんをのぼる」です。「かいだんをあがる」ではない点に、注意しましょう。

上るは、下から上へ向かっているものを幅広く表すため、日常の中で頻繁に使われます。階段以外で何かが上へ向かう様子を表すときにも使えることから、汎用性が非常に高い言葉です。「借金が数百万円に上る」や「頭に血が上る」といった例文が挙げられるでしょう。

「階段を上がる」の読み方

「階段を上がる」の読み方は、「かいだんをあがる」です。「階段を上がった場所のお店」のように使われます。「階段を上る」と読み方は違いますが、言い換え表現として使える言葉です。どちらも階段を使って下の位置から上の位置へ向かうときに使えます。

これらは言い換えが可能な表現ですが、ニュアンスが若干違うため、その点は覚えておきましょう。上るは、上にいく途中であるというニュアンスが含まれています。一方上がるは、上がった先の目的地を示すというニュアンスが含まれる言葉です。

「階段を上る」と類語「階段を登る」の違い

ここでは、「階段を登る」の意味を解説して、「階段を上る」との違いを紹介します。階段を登るは、階段を上るの類語です。どちらも階段を使って高い場所へ向かうという意味の言葉であるため、使い方が混同されることが多いでしょう。

しかし、この二つの言葉には、着眼点に大きな違いがあります。そのため、使う場面を間違えてしまうと、漢字に関する知識がない人だと思われてしまう可能性が高いです。階段を登るの意味と使い方をしっかり把握して、階段を上ると使い分けられるようにしましょう。

登るの意味

登るの意味は、頑張りを伴って上に向かうことです。「山に登る」や「木に登る」など、簡単に上にいくことが難しく、向かうのに労力・努力が必要なときに使われます。上るは、ただ下から上へ向かう意味なのに対し、登るはより上へ向かうのが大変なときに使われる言葉です。

また、登るは「壇上に登る」という表現にも使われます。この場合、山や木を登るときのように肉体的な頑張りはありません。しかし、壇上に登る場面では事前準備や、プレッシャーなどの精神的な頑張りが必要なため、上るではなく登るが使われます。

登るの使い方

次のページ:「階段を上る」と類語「階段を昇る」の違い

初回公開日:2022年06月30日

記載されている内容は2022年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests