Search

検索したいワードを入力してください

「生きるよすが」とはどんな意味?語源・由来や類語もあわせて紹介

更新日:2022年09月22日

言葉の意味があまりよくわからずに使っているという言葉はないでしょうか。この記事では「生きるよすが」という言葉に焦点をあて、意味や用法などを詳しく説明しています。「生きるよすが」の正しい意味を知って活用したいという方は、是非ご覧ください。

「普段なにげなく使っている言葉だけど、実は意味がよくわかっていない。」
「しっかりと意味を理解して言葉を使いたい。」
このように考えている方は多いのではないでしょうか。

社会人にとって言葉遣いは、その人の印象を左右するとても大事なことです。間違った言葉遣いをしていると、相手に良い印象を与えることは難しくなります。

この記事では、「生きるよすが」という言葉に焦点をあて、意味や使い方、似ている言葉などを紹介しています。

この記事を読むことで「生きるよすが」という言葉の意味をしっかりと理解し、正しく使用することができるようになるでしょう。

正しい言葉遣いをしたい、しっかりと意味を理解したいという方は、是非ご覧ください。

「生きるよすが」とはどんな意味?

「生きるよすが」とはどんな意味?語源・由来や類語もあわせて紹介

「生きるよすが」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。

「よすが」という言葉には、「寄せるところ」や「心のよりどころ」などの意味があります。他にも「頼みのつな」や「故郷や縁」などの意味も含まれています。

「生きるよすが」は「生きていくための心のよりどころ」や「生きていくための頼みの綱」という意味です。

「よすが」の語源・由来

「生きるよすが」の「よすが」という言葉は、昔は「よすか」でした。漢字表記すると「寄す処」になります。「寄す処」には「頼りにするところ」や「頼みになる人」などの意味があります。

「寄」は「家にいる」という意味を持っています。合わせて「家にいるときのように頼りになるところ」という意味になりました。

「よすが」の漢字表記

「生きるよすが」の「よすが」はひらがなで使われることが多い言葉ですが、漢字で表記することもあります。

漢字では「縁」「便」「因」と表記します。意味はどれも同じです。

「よすが」の使い方・例文

「生きるよすが」の「よすが」という言葉は、どういった場面で使用すればいいでしょうか。例文を交えながら使い方を見ていきましょう。

「~をよすがに」

人を対象に「よすが」を使う場合は次のような使い方があります。

例文
・かわいい子供たちが生きるよすがになっている。
・友人をよすがに転職をする。

この文章での「よすが」は、重要なという意味や頼りにするという意味が含まれています。人を対象に「よすが」を使う場合は、親類関係や友人・知人などに対して使う場合が多いです。

「~をよすがとする」

人ではなく実体のないものに対して「よすが」を使う場合は、次のような使い方があります。

例文
・両親との楽しい思い出をよすがとする。
・恩師にかけられた言葉をよすがとする。

この文章での「よすが」は「思い出」「言葉」という、実体のないものに対して使われています。この場合は「心のよりどころ」として使われることが多いです。

「よすが」の類語

次のページ:「よすが」の英語表現

初回公開日:2022年09月22日

記載されている内容は2022年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests