Search

検索したいワードを入力してください

同意書と承諾書の違い・書き方と例文・テンプレート

初回公開日:2017年10月30日

更新日:2020年05月22日

記載されている内容は2017年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

約束ごとや職場で必要な同意書と承諾書の区別ができないとおっしゃる方のために、同意書と承諾書の違い、同意書と承諾書の書き方、同意書と承諾書の例文、そのテンプレートの入手などについてわかりやすく、コメントしますので、確かめてみてはどうでしょうか。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

同意書と承諾書の違いは?

まず同意書と承諾書とは、どのように違うかを確かめてみましょう。

内容が異なる意思表示!

同意書と承諾書の違いは「賛成するか」「聞き入れるか」の違いといえます。どちらも同じように見えますが、同意書は他人の意見に対して賛同する意思表示です。これに対して、承諾書は他人の申し入れに対してこれを受け入れる意思表示をいいます。

もっとわかりやすくいえば、同意書は「この意見に異議はないです」という返事ですが、承諾書は「わかりました。この件について私も協力しましょう」という返事です。

同意書とは?

この同意書とは、そこに提示された内容に同意した事を証明する書類です。例えば、未成年者がアルバイトをする時に親権者がこれを認めますと雇い主に提出する書類が同意書です。このような同意書は、他人の意見とかその意思に賛同しますという書面といえます。

承諾書とは?

これに対し、承諾書とは相手の要望などに対して「はい承知しました」とい意思表示を証明する書類です。ここに承諾とは他人からの申し入れや依頼に対してそれを受け入れるという意思表示なのです。例えば、会社の採用試験を通過した新入社員が、その採用を受け入れるという意思を表示するために、必要事項を記入して提出する書類などです。

同意書と承諾書それぞれの書き方

次に、同意書と承諾書のそれぞれについて、その書き方をご紹介します。

同意書の書き方

同意書を書くときの基本姿勢は、これを書くために、そのケースにおいて「押さえておくべき事項」を正確に抑えるということです。

このように抑えておくべき事項は、そのケースにより多少は異なりますが、ここでは標準的な事項をピックアップしておきます。

A.同意書の「タイトル」つまり「表題」を同意書の「文頭」に記載します。

B.同意する相手方の宛名を記載します。その宛名は、個人のときにはその氏名を書き入れます。相手方が企業や法人の団体の時には、その企業名や法人としての団体の名称を記載します。

例えば株式会社〇〇〇や、社団法人×××、財団法人YYY、公益法人△△△のように書き入れます。

C.同意の内容を正確に記入します。これが意思表示として最も重要な項目です。具体的には、「私、△△△△は、〇〇〇について同意します」と記載します。

D.同意したときの日付を記載します。例えば平成30年10月15日と記載します。

E.同意した自分の住所・氏名を記載します。
例えば西京都武蔵市吉寺3丁目24番5号、武蔵緑太郎と記載します。

最も重要な同意の内容については、「〇〇〇」と1文で記載できる時は、その内容を書けば足りますが、その内容が複雑なケースでは「下記の内容について同意します」と書いて、その下段に箇条書きなどで詳細に書き入れる工夫が大切です。

承諾書の書き方

それでは、承諾書の書き方はどうでしょうか。この承諾書の基本的な書き方は同意書に準じた姿勢で良いでしょう。

そこで、承諾書の「タイトル」を表題として文頭に記載し、承諾の相手方の企業名、団体名、個人の氏名などをきちんと記載します。そして承諾の内容、承諾したときの日付、承諾者の住所・氏名も正確に記載します。

しかし承諾の場合は、申し入れに対する承諾ですから、契約に条件がつけられるのが通例です。やや法的にいえば「停止条件」とか「解除条件」などがこれにあたります。

停止条件がついている時は「停止された条件が成就したときは承諾の効果が生じます」と記載します。これに対し「解除条件」がついている時は「下記の事項に該当したときにはこの承諾を解除します」というふうな記載をしておきます。条件の内容が複雑な時は、その内容を箇条書きで明確にしておきます。

同意書と承諾書の例文

これらの例文については、同意書の例文と承諾書の例文を分けてご紹介します。

同意書の例文

まず、同意書の例文として「手術同意書」「個人情報同意書」「未成年者の親権者の同意書」を見てみましょう。

手術同意書

オペのため入院した時には「手術同意書」を病院側に提出するよう要求されます。その書式は病院により多少の違いはありますが、ここでは標準的な例文をご紹介します。

災害救助病院 院長 植田耕太郎 殿
私、多摩山次郎は、担当医師の岡山花太郎様より手術に関する説明を受け、それに了解しました。よって貴院にて手術の実施について同意致します。平成30年12月20日(ここには同意書に記入した年月日を記入します)住所 玉川市清川町3丁目28番5号
氏名 多摩山咲子 印(ここには同意者の氏名を記入し、捺印します)本人との関係 配偶者 妻電話番号 xxx-(xxx)〇〇〇〇

このように記載して窓口に提出します。

個人情報同意書

次に「個人情報同意書」の例文をご紹介します。
奥村株式会社 代表取締役 奥村太郎 殿
私は、個人情報の取扱いについて、下記事項を確認の上、同意致します。

A.取得した個人情報は、本人の許可なくして利用目的以外での目的では使用しません。

B.取得した個人情報を本人の許可なくして第三者に対して提供はいたしません。

C.本人から収集した個人情報の開示請求があった場合、または開示した個人情報の訂正・
追加・削除の請求があった場合は、速やかにこれに応じます。

平成30年10月20日(これは同意書に記入した年月日です)
住所 南都市緑川町5丁目30番16号
氏名 秋山秀之助 印

未成年者の親権者の同意書

さらに「未成年者の親権者の同意書」の例文をご紹介します。            
同意書
北野株式会社
代表取締役 北野安太郎 殿

下記の者が貴社の下でアルバイト契約を結び、働く事に同意致します。
住所 東都市品山町3丁目24番5号(これは働く人の住所)
氏名 藤花 紫子(ここに働く人の氏名を記入します)

生年月日 平成15年11月27日(ここに働く人の生年月日を記入します)
平成30年12月15日(ここに同意書に記入した年月日を記入します)
住所 西都市蜜柑町5丁目8番5号(ここに親権者の住所を記入します)
氏名 藤花 咲太郎 印(ここに親権者の氏名を記入し・捺印します)
本人との関係 親権者 父

承諾書の例文

次に、承諾書の例文はどうでしょうか。承諾書は、その作成場面によって多少の違いはありますが、ここでは「連帯保証人承諾書」はじめ「入社承諾書」および「就任承諾書」の例文をご紹介します。

連帯保証人承諾書

これは以下のような書式になっています。
連帯保証人承諾書
山野市清川町5丁目26番地(ここに賃貸人の住所を記入します)
大山樫太郎殿(ここに賃貸人の氏名を記入します)

私は、別紙賃貸借契約に基づき、下記物件の下記賃借人が負担すべき一切の債務及び損害
賠償金の請求があった場合、直ちに請求金を弁済すべき義務を負う、連帯保証人になる事
を承諾致します。尚、賃貸借契約の更新後も引き続き連帯保証人になる事を承諾致します。


物件所在地 山野市清川町8丁目15番9号
物件名称  大山マンション8階105号室
賃借人氏名 南野五郎
平成31年10月25日(ここに承諾書記入をした年月日を記入します)

連帯保証人
住所 山野市清川町5丁目24番地
氏名 南野儀一  印
生年月日 昭和20年12月25日
本人との続柄  叔父 
電話番号 xxx-(xxx)〇〇〇〇

入社承諾書

この承諾書の書式は次のようになります。
東海株式会社
代表取締役 東海 栄一殿

私、西野原紘一は、平成29年11月30日付による貴社の採用通知を受領致しました。
つきましては、下記事項を了承し、貴社への入社を承諾致します。


1.本入社承諾書の提出後は、正当な理由がないのに入社を拒否する事はありません。

2.住所及び連絡先の変更があった場合は速やかに通知致します。

3.入社前に健康、その他勤務に差し支えがある事項が認められた場合は、採用の取消しを
受けても異議を申し立てません。

平成29年12月1日(ここに承諾書記入をした年月日を記入します)
住所 桜山市牡丹町2丁目54番3号
氏名 西野原紘一  印

就任承諾書

この承諾書の書式は次のようになります。
就任承諾書
白川原株式会社
代表取締役 白川原三郎丸殿

私、藤花咲太郎は、平成30年9月30日に開催されました株主総会において、
平成30年9月30日付で取締役に選任されましたので、就任する事を承諾致します。
平成30年9月30日(ここに承諾書記入をした年月日を記入します)
住所 深海県海山市河原町5丁目12番5号
氏名 藤花咲太郎 印

同意書と承諾書のテンプレート

法律事務所や勤務先の職場で同意書とか承諾書の起案をする時は、その雛形となるデータが欲しくなります。そこで、定型的なデータとしてテンプレートを探すことになります。その探し方をご紹介します。

同意書の書式テンプレート

まず、同意書の雛形・テンプレートと書き方をみてみます。既に見てきたように、同意書とは、取引の条件や内容などを把握し、同意したことを記載した文書をいいます。例えば、会社関連の場合は、すでに例文を見てきた「個人情報同意書」はじめ「出向同意書」や「転籍同意書」の他賃金の口座振込による「支払い同意書」などがあります。

同意書の書面には「日付」「宛名」「タイトル」「同意の内容」「氏名」などは必要事項ですから必ず盛り込みます。最後に捺印を忘れないようにします。高名な「書式の王様」では、すべてのテンプレートを無料でダウンロードできます。

承諾書の書式テンプレート

次に承諾書のテンプレートと書き方はどうでしょうか。既に見てきたように、承諾書とは相手の依頼や要求などを聞いて引き受けることを記載した文書をいいます。例えば、ビジネスのエリアでは、「採用内定承諾書」や「入社承諾書」「支払い条件承諾書」の他「新規取引開始の承諾書」及び「注文条件変更の承諾書」などがあります。

承諾書の書面には、既に例文で見たようにそれを作成した「日付」をはじめ「表題」の他「相手方の名前」及び「承諾の内容」や「自分の氏名」を記載することになります。この他、これからの取引などに関わる重要な内容はこの承諾書に書き残すようおすすめします。

このテンプレートも「書式の王様」からダウンロードしましょう。

 証拠を残しておきしましょう!

これまで確かめてきた結果として、同意書と承諾書の正体がわかり、両者の違いが明らかに
なりました。重要な関係に立つ相手方とは同意する時も、承諾する時も、慎重に対処して生活関係や法律関係を証明できるような証拠として、同意書や承諾書をたいせつに保管される
ようおすすめします。

Latests