Search

検索したいワードを入力してください

振込依頼書の書き方基本の文例と様式|金額/給与/手数料/カタカナ

初回公開日:2017年12月06日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2017年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

振込依頼書は、基本は用紙がそれぞれの金融機関で用意してありますが、それぞれの書き方があるので注意してください。間違えるとお金は振り込まれないので、振込依頼書は慎重に書いてください。ぜひ、この記事を読んで書き方を参考にしてください。

振込依頼書の書き方基本の文例と様式

振込依頼書に記入する場合は、お金を振り込む銀行口座を間違いなく記入することが大切です。一文字でも間違ってしまうとお金が振り込まれないので注意してください。支店番号がわからない場合は、通帳やキャッシュカードを見るとわかります。また、各金融機関によって金融コードがありますので、覚えておくと便利です。

ゆうちょ銀行以外の銀行

同じ銀行に振り込む場合と、違う銀行に振り込む場合では、別用紙で振込依頼書を書く場合があります。用紙が並んでいるテーブルで確認してください。振込金額、振込先銀行の情報、住所、氏名を書きます。住所を書かない振込依頼書もあるので、各振込依頼書に沿って記入をしてください。

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は、他の銀行と振込み依頼書が少し異なります。普通の銀行は、口座番号、銀行名、店番ですが、ゆうちょ銀行の場合は、口座番号、店番が記号と番号に変わります。記号が支店名で、番号が口座番号になります。ゆうちょ銀行同士の振込みに使う振込依頼書を「電信払込み請求書・電信振替請求書」といいます。

ゆうちょ銀行、郵便局の窓口から振込をする場合は、現金でも自分のゆうちょ銀行の口座からお金を振り込めます。依頼人の欄に、住所、氏名、電話番号を記入します。払出口座番号に、記号と番号を記入し、届け印をおします。口座からではなく、現金で支払う場合はこの記号と番号と印はいりません。

また、ゆうちょ銀行から他の銀行に振込みをする場合は、自分のゆうちょ銀行の口座に入っているお金からしか振込みができません。その時は、必ず記号と番号、印が必要となります。

金額

振込依頼書に金額を書く時は、「¥マーク」を基本書きます。書かないといけないわけではないですが、マナーとして書くように心がけてください。また、金額によって印紙の購入、貼付が必要になります。以前は3万円から印紙が必要でしたが、5万円未満の場合は非課税と変わりました。

また、振込依頼書の明細書自体が領収書になるため、本来は領収書は発行しません。ですが、先方から会社が発行する領収書の依頼をされた場合は、発行をします。その時に、振込依頼書に印紙が貼ってある場合は、普段の領収書のように印紙を購入し貼ってください。

印紙代を節約したい場合は、「金融機関の振込依頼書をもって領収書とさせていただきます」など明示するといいです。

給与

会社は、社員の同意を得た場合、社員が指定する銀行口座に給与を振り込むことができます。この同意については、「意思」によるものになるので、形式はなく振込依頼書に社員が振込先の口座を指定して「同意」となります。会社は、その社員が振込依頼書に記載した口座に、給与の支払い日にその全額を払い出しできるように振り込みます。

書き方は、例として「わたくしは、給与の振込支給に同意し、振込先を下記にお届けいたします。」と書き、銀行名、支店名、名義人、口座の種類と口座番号を書きます。印鑑が必要な場合は、押印を忘れずにしてください。

手数料

窓口での振り込みには、手数料がかかります。振込依頼書に書いてある銀行によって、その手数料の金額は変わります。同じ銀行へ振り込む場合や、他の銀行へ振り込む場合でも、金額は変わってきます。同じ銀行の同じ支店での振込なら無料になる銀行が多いです。同じ銀行間での振込みの方が手数料は安いので、できれば振込先を選んで振り込むことをおすすめします。

振込依頼書に記載してある金額によって手数料も変わります。手数料は、振込をする前に銀行員に聞くか、振込依頼書を書くテーブルなどに提示してあります。また、ゆうちょ銀行の窓口で振り込みをする場合は、3万円未満だと540円で、3万円以上だと756円かかります。

カタカナ

振込依頼書にフリ仮名をする際、カタカナで書きます。その意味は、カタカナはひらがなよりも見やすく間違いのないわかりやすい文字だからです。フリ仮名といっても、間違えのないようきちんと正確に書いてください。

振込依頼書の書き方法人別の書き方

株式会社

株式会社への振込依頼書の書き方は、株式会社を略してカタカナで記入をします。先頭に株式会社を使う書き方は、カ)で、途中に使う書き方は(カ)、末尾に使う書き方は(カになります。

有限会社

有限会社への振込依頼書の書き方は、有限会社を略してカタカナで記入をします。先頭に有限会社を使う書き方は、ユ)で、途中で使う書き方は(ユ)、末尾で使う書き方は(ユになります。

一般社団法人

一般社団法人への振込依頼書の書き方は、一般社団法人を略してカタカナで記入します。先頭に一般財団法人を使う書き方は、シヤ)で、途中で使う書き方は(シヤ)、末尾で使う書き方は(シヤになります。間違えて「シャ」とヤを小さくしないように気を付けてください。

営業所

営業所への振込依頼書の書き方は、営業所を略してカタカナで記入します。先頭に営業所を使う書き方は、エイ)で、途中で使う書き方は(エイ)、末尾で使う書き方は(エイになります。間違えて「エ」だけにしないように気を付けてください。

財団法人

一般社団法人への振込依頼書の書き方は、一般社団法人を略してカタカナで記入します。先頭に一般財団法人を使う書き方は、シヤ)で、途中で使う書き方は(シヤ)、末尾で使う書き方は(シヤになります。間違えて「シャ」とヤを小さくしないように気を付けてください。

未成年の銀行口座開設

未成年でも作れます。必要なものは、身分が証明できる保険証や住民票、免許証やパスポートです。印鑑も必要なので、シャチハタ以外のものを用意してください。100円均一で売っているのものでも大丈夫です。

口座を開設する時に使った印鑑は、途中で何か手続きをする時などに必要な印鑑なので、その口座をもっている期間ずっと保管しなくてはいけないので、なくさないよう気を付けてください。そのため、壊れにくいものをおすすめします。

また、新規開設は最初に口座に現金を入れなくてはいけないので、1円からでも大丈夫ですが、未成年ですと1,000円をいれる方が多いです。

口座を開設する時に、キャッシュカードを一緒に作ることをおすすめします。カード発行には手数料がかかります。銀行にもよりますが1,080円が多いです。キャッシュカードがあれば、銀行が閉まっていてもATMでお金が下せますし、振込時も手数料が安くなります。

振込依頼書の危険性

振込を依頼する場合、口座情報を相手に教えなくてはいけません。「口座番号など教えていいか心配」という方はたくさんいます。しかし、振込時に必要な口座情報を相手に教えても、お金は引き出せません。お金を引き出すには、銀行員が必要になります。また、相手に残高を知られる心配もないので、安心してください。

振込依頼書時に気を付けること

銀行や郵便局の窓口は店舗によっても違いますが、だいたいが平日の午前9時から午後3時です。窓口が3時の場合は、2時以降の振込は翌営業日に振り込まれてしまいます。もし、急ぎで振込をしなくてはいけない場合は、午前中のうちに余裕をもってすることをおすすめします。

また、振込の手続きが終わると自分用の控えをもらうので、相手の入金が確認できるまで、トラブルを避けるためにも必ず保管をしておいてください。

振替依頼書の書き方は慎重に

振込依頼書を書くこと、実際に振込をすることは難しいことではありません。生活していく中
で、振込で手続きをすることはたくさんあります。しかし、振込依頼書の内容を間違えてしまうと、相手に振り込んだお金が届きません。そのため、正確に間違いのないよう、初めての方は書き方の見本などを見るか、窓口スタッフの方に教えてもらいながら行ってください。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか?

じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。

「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」

そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

Latests