Search

検索したいワードを入力してください

一筆箋の書き方・マナー・例文を紹介|ビジネス/御礼/お詫び

更新日:2020年05月27日

ビジネス文章の書き方で短い文章で書ける一筆箋がコミュニケーションをとる上で便利なようです。ビジネスやプライベートでも幅広く使われています。一筆箋を使った基本のビジネス文章の書き方や、マナー、用途、一筆箋の職場の一例を紹介していきます。

一筆箋とは?

一筆箋とは、B5サイズの5分の1しかない普通の便箋より小さいちょっとしたメッセージに最適な短冊型の便箋です。縦書きと横書きがあり、デザインもビジネス用とプライベート用に分けられています。「書く」ということが現在では少なくなってきているので気持ちを現すツールとして活躍しているようです。ビジネスだけでなく日常でもお土産や贈り物を送るときによく使用されているようです。

ビジネスで使うときはどのように使用されているのでしょうか?一筆箋は相手に手軽に心を伝えることができるコミュニケーションアイテムとして色々な場面で使われているようです。そんなビジネスで使う一筆箋の書き方、マナー・例文を紹介します。

一筆箋の書き方

一筆箋の基本の書き方の手順は、構成を覚えることです。5行~8行の短い文章で相手に気持ちを伝える文章を考えます。基本的には宛名・挨拶・本題・結びの言葉・署名の構成です。書き方の構成を間違えるとマナー違反になり、会社の取引先のお客様にご迷惑をかけてしまうので注意が必要です。

ビジネスでは、日本語の文字が美しく見えて、敬語を使った礼儀正しい印象を相手に与えられる文章で書くようにします。一筆箋は短い文章で書くので、文頭を一文字下げて書く必要はないそうです。

手紙やハガキと違い、縦書きも横書きも形式にこだわらすに文章を書く事ができます。

宛先・相手先・簡単な挨拶・本文の書き方

縦書きの一筆箋の書き方については、右上から左下に向けて書いていきます。右端の行から1行目は宛先として相手の企業名・担当者の名前を記入します。企業名が長くて1行に宛先を書けないときは1行目に宛先、2行目に相手の名前を書けばいいそうです。

簡単な挨拶文の書き方は、季節感を伝える挨拶・相手を気遣う言葉などを入れます。本文の書き方は目的や用件を簡潔に書くようにします。注意することは、用件を1つ以上入れないようにすることが重要です。大事な内容の場合、相手に伝わらなくなるので注意が必要です。

結び・署名の書き方

結びの書き方は、文末になり、締めくくる言葉は、繁栄や活躍の祈る気持ちを書きます。本題を書いたら改行して新しい行から書き始めるようにするようにします。最後に自分の会社名と名前を書きます。

一筆箋の注意する点は、3つあり、絵柄の上に文字を書かないことや、商品を送る場合のみ使うこと、1枚で文章を収められるようにするのが原則のようです。

横書きの一筆箋の書き方

横書きの一筆箋はカジュアルなデザインで、友人や知人に対して使われているようです。基本的な構成や書き方は縦書きと同じのようです。ビジネスではないので文の内容は親しみやすい素直な言葉を書くようにします。

簡単な挨拶、本文、結び、署名の構成になります。縦書きと比べると、ビジネスではなく、敬語を使わずにできるので楽に文章を作成することができます。ここからは基本の横書きの書き方や注意点について紹介します。

簡易な挨拶・本文・結びの書き方

横書きの一筆箋は短い文章で一行目の宛名から始まり、文頭は一文字下げないで書きます。挨拶文は、現在の季節を現す時候や、相手を気遣う言葉、お世話になった時はお礼や、引越しなどで離れたときは、お詫びの言葉を書きます。

本文は縦書きと同様、目的・用件を相手に簡潔に伝えます。文末にくる結びの言葉は、相手に幸せと健康を願った思いやりの気持ちを書きます。数字やアルファベットが多くなる文章のときは、縦書きの一筆箋ではなく、横書きがおすすめのようです。

一筆箋の書き方マナー

一筆箋を使用する際、決まったルールはないようです。ただし、書き方の基本的なマナーがあるようです。それは、相手の名前を最初に書いて、文末は自分の名前をしっかりと書く事や、行数が少ない一筆箋の本文は3行程度に簡潔にまとめます。

縦書きの一筆箋はビジネスに使われるのでしっかりと敬語で書く事がマナーのようです。横書きの一筆箋は、友人や知人に宛てるので、敬語ではなくても問題はないようです。ただし、できる限り、相手に読みやすい文章で良い印象を与えるようにします。

ビジネスシーンで一筆箋を書くときは、商品サンプル、請求書、社内でのお土産を渡す時に添え状として使うのが基本のようです。

添え状に封筒は必要?

添え状として一筆箋を使うときは封筒は必要ないそうです。プレゼントや贈り物を送るときは一筆箋をそのまま商品の上に載せ、まとめて梱包すれば問題ありません。書類と一緒に添えるときは、クリップを使い、一番上に止めるそうです。

ご祝儀の場合、お金と一緒に入れるのが良いそうです。プレゼントやお裾分けの場合は、袋の中に一筆箋を入れて渡しましょう。

一筆箋を単体で使う場合、封筒に入れて手紙として郵送する方法もあります。やり方は字の側が宛名側にくるように二つ折にして入れればいいそうです。また、書き置きにも一筆箋が利用されていて、使い方は色々あります。目上の人には封筒に入れる方が良い印象になるそうです。

一筆箋の書き方例

一筆箋は、ちょっと一言伝えたいときの添え状として使われます。ビジネスでの使用は、お礼、お詫び、商品発注、重要書類、請求書、資料を発送するときに使われているようです。お中元、お歳暮などの贈り物を送付するときに利用されています。

ビジネス以外では、誕生日、お中元、お歳暮、母の日、父の日、クリスマスの贈り物、友人から本やDVDを返すときに使われているようです。ビジネスで使う一筆箋の書き方は最初の文は挨拶が基本でマナーになっているそうです。

ビジネスでの使用は、お客様、取引先、協力会社の社外の知人、社内では上司、部下、同僚にも使用されています。請求書や書類送付の例文を紹介します。

初回公開日:2017年07月30日

記載されている内容は2017年07月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests