Search

検索したいワードを入力してください

事業内容の書き方と例・業種別の書き方|飲食/IT/アパレル/スーパー

更新日:2020年08月28日

「事業内容の書き方」をテーマにして、基本的な事業内容の書き方や例文をご紹介しています。また、飲食店やアパレル業界などをピックアップし、業界別の事業内容の書き方についても、ポイントなどを考察しているので、ぜひお役立て下さい。

業界別事業内容の書き方【3】:アパレル

続いて、アパレル業界の事業内容の書き方について考察していきます。

アパレル業界の場合は、取り扱っている衣服の種類や方針について説明しましょう。例えば、子供服なのか、レディース向けなのか、紳士服なのかによっても、客層は大きく異なります。また、ブランドや高級志向なのか、安くて手軽に購入できる方向性なのかによっても、客層や購入者は大きく変わってくるでしょう。

ですから、アパレル業界の事業内容の書き方としては、誰に向けたどのような服を取り扱っているのかを、具体的に書くことをします。

業界別事業内容の書き方【4】:スーパー

今度は、スーパーやマーケットなどの事業内容の書き方について考えていきましょう。

スーパーの場合は、何を取り扱っているのかを、具体的に事業内容で説明することが大切です。食品や食材がメインになるケースが多いと予想できますが、その他にも日用品や衣類、玩具などを取り扱っている場合は、それらについても記載することをします。取り扱っている分野の商品をなるべく多く記載することで、豊富な品揃えをアピールできる可能性もあります。

また、価格帯や方針などについても、触れると良いでしょう。安さが売りのスーパーなのか、品揃えに強みがあるお店なのか、それとも品質に自信があるマーケットなのかによっても、客層が異なってくる為です。

業界別事業内容の書き方【5】:建設

最後に、建設業界に関する事業内容の書き方についても考察していきます。

「建設」といっても、家やマンションの建設に特化している企業もあれば、オフィスビルなどの建設に強い企業もありますし、公共施設や道路などの屋外の物に関する建設をメインに取り扱っている企業もあります。ですから、建設業界の事業内容の書き方としては、まずはどのような物の建設に特化しているのかを説明することが大切です。

また、建設事業の場合は、安全性や機能性が求められるケースが多いので、安全性や機能性に関する工夫や独自の技術などがある場合は、そういった点も軽く触れることで、他社や消費者からの信頼を得やすいと考えられます。

事業内容は、明確に分かりやすい内容にすることが大切

いかがでしたでしょうか?今回は、「事業内容の書き方」をテーマにして、事業内容の基本的な書き方や例文、また業界別の事業内容の書き方のポイントなどを考察・ご紹介しました。

事業内容は、その企業がどのような事業を展開しているのか、社会に向けて説明をする項目です。その為、読みやすく簡潔な内容で、更に分かりやすいことが重要視されます。単に「飲食店」「ブティック」といった業界名などを記入するだけでは物足りませんし、反対にあまりにも詳細過ぎても、読みづらく分かりにくいものとなっていまします。

簡潔ながらも、どのようなビジネスを展開しているのか、分かりやすく述べる書き方をすることで、会社のビジネスを世の中に伝えやすくなるので、ぜひ事業内容を考える際は、分かりやすさや読みやすさなどにこだわって考えてみて下さい。

初回公開日:2017年08月08日

記載されている内容は2017年08月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests