Search

検索したいワードを入力してください

PPM分析の事例・書き方・やり方|ソニー/サントリー/キャノン

更新日:2023年10月28日

PPM分析とは、企業の事業展開を検討するためのフレームワークのひとつです。その基準となるのは、市場の成長率と相対的市場占有率です。これにより、各事業を4つのタイプに分類し、将来の事業戦略を明確化することができます。PPM分析は誰でも作成可能で便利なツールです。

PPM分析は4分野に分類

PPM分析を行う場合、各事業における市場の成長率、相対的市場占有率を確認します。この2つの基軸をグラフの縦軸、横軸に配置します。

次に、分析対象となる企業の各事業を洗い出し、それぞれの事業における市場成長率と、相対的市場占有率を洗い出して、グラフの中に配置します。相対的市場占有率においては基準を1.0として左側が高いシェア、右側が低いシェアになります。

配置ができたら次は分析です。PPM分析では、市場成長率が高いか低いか、相対的市場占有率が高いか低いかの組み合わせで、グラフを4つの象限に分けて分析します。

その4つこそが、問題児、花形、金のなる木、負け犬です。文言だけをみると、直感的には負け犬事業には、全く意味がないようですが、そうではありません。以下に、4分野それぞれの役割を紹介します。

PPM分析のやり方

4つの象限にわけたグラフが完成したら、各事業の市場成長率、相対的市場占有率を算出して、グラフ内にプロットします。なお、市場成長率は、昨年の市場成長率と今年の市場成長率から算出できますが、その元となる数字は、公的機関のWebサイトから入手できます。

さらに、各事業のプロットは、売上規模に合わせた円でマークします。それにより、分析後の決定、つまり選択と集中における判断を容易にすることが可能です。

この結果、各事業が4つの領域に分類されましたら、PPM分析の準備が完了します。右上の領域から、問題児、左上が花形、左下が金のなる木、右下が負け犬となります。

4つの象限それぞれには、市場との関連性を踏まえて意味があり、各事業の立ち位置と、今後の方向性を見える化するのが、PPM分析ということになります。次に、各象限の意味合いと、そこに位置する事業の役割を説明します。

問題児

PPM分析の各象限は、市場の移り変わりによる、製品のライフサイクルの状況を表しています。したがって、PPM分析における各象限の役割は、今後の製品の役割の方向性を表しています。その進行方向としては、右上の問題児から、花形、金のなる木、負け犬という順番で遷移します。

こうした観点から、PPM分析の上で、問題児という象限は、製品ライフサイクルの初期段階といえるでしょう。問題児状態の製品は、その市場成長率が高いため、今後の成長が期待されている時期にあたります。

ただし、市場シェアが№2以下になると、問題児と位置付けられます。この領域に位置する事業は、市場シェアを上げて、花形へと成長させたため、市場成長率以上に市場シェアを拡大する必要があります。

問題児事業は、育成すれば将来、企業の中心事業となる可能性があるので、未来への投資が必要な事業となります。

花形

PPM分析上、花形に位置付けされた事業についても、問題児同様、市場成長率が高いため、製品ライフサイクルでいえば、導入期から成長期にあたり、市場シェアが上位の事業です。

市場シェアが大きいので、売上も大きいのですが、シェアを確保するため、常に設備投資、販売促進活動が必要となります。したがって、花形とはいえども、利益が上がりにくい特徴があるのが一般的です。

なお、製品ライフサイクルの理論上は、市場規模の成長はいつかは止まるので、そうなれば、大規模な設備投資などは不要となり、大きな利益を生む事業へと移り変わります。ただし、それまでの間は、市場シェアを奪われないために、徹底した市場シェアの維持を目標とすべきです。

金のなる木

PPM分析上、金のなる木に位置付けられた事業は、市場成長率が低いため、製品ライフサイクル上は、成長期から衰退期にあたります。そのうえで、市場シェアが上位であれば、金のなる木になります。

金のなる木に分類される事業は、市場シェアが高く、また市場規模の成長率が低いため、大きな設備投資などが不要なので、大きな利益を生み出します。そのため、金のなる木で生み出された利益を、問題児や花形に分類される事業に回すことが可能です。

こうした意味から、金のなる木は、企業を支える大黒柱といえます。そのため、PPM分析上金のなる木に分類された事業は、利益の最大化を最大の目標に事業計画を立案することが必要です。

負け犬

最後に、PPM分析上、負け犬に分類された事業については、金のなる木同様、市場成長率が低く、製品ライフサイクル上では、成熟期から衰退期にあたる事業となります。その上で、市場シェアがナンバー2以下であれば、負け犬という象限に分類されます。

PPM分析上、負け犬に分類された事業では、市場自体が成熟してしまっているので、追加投資などは必要としませんが、市場シェアも小さいため、利益自体も小さくなります。利益を伸ばすために、追加投資を行うことも考えられますが、市場の将来性が低いため、得策とはいえません。

負け犬の戦略としては、利益の最大化か撤退かという決断が必要です。将来を見越して撤退という判断もありますが、一方で、投資を最小限に抑えて、利益率をあげて、他の事業の資金調達源にするという考え方もできます。

マーケティング

このように、企業における各事業を製品ライフサイクルの観点から分析するPPM分析は、企業のマーケティングにも大きな役割を果たします。

企業におけるマーケティングでは、顧客のニーズと顧客のウォンツを明確にするために、環境の分析、戦略の立案、さらには施策の立案が必須です。このようなマーケティングにおける役割を果たすために、必要な分析ツールのひとつがPPM分析といえます。

PPM分析によって、企業内の各事業の製品ライフサイクルを明確にし、今後の戦略や施策の立案に貴重な情報を提供します。

PPM分析で我が社の経営分析を実施

ここまでPPM分析の書き方や実施方法について、わかりやすく説明してきました。PPM分析によって、製品のライフサイクルを明確化し、企業の事業展開の検討において、明確な指標となります。

さらに、PPM分析自体は、ある程度の知識があれば、簡単に実施することができますので、あなたの会社におけるPPM分析を実施し、社内の事業展開計画に、的確な企画を提出し会社の発展に寄与してください。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか?

じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。

「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」

そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests