Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月14日

司会進行におすすめの例文・台本・コツ|挨拶/シナリオ

職場や地域・学校など色々な場面で司会進行役を頼まれることはありませんか。しかし、司会進行などという難しいことは自分には無理と思われる方も多いのではないでしょうか。そんな時に、慌てずに司会進行に対応できるよう例文やコツなどをご紹介します。

司会進行の役割

司会進行におすすめの例文・台本・コツ|挨拶/シナリオ

司会進行の役割は、プログラムに沿って、時間どおりに行事を円滑に進め、無事に終了するよう舵取りをすることです。場合によっては、その場を楽しく盛り上げる役目もあります。

行事の成功は、司会進行者の腕にかかっているとも言えます。手順に沿ってやれば誰にでもできますので、気負わずに挑戦してみましょう。

司会進行の台本を作ってみよう!

司会進行をするには、台本が必要です。その台本の元になるのが、行事のプログラムです。プログラムに肉付けをしていけば台本ができますので、まずプログラムを作ってみましょう。

普通は、司会進行をする人がプログラムまで考えるとことはあまり無いのですが、一度、自分自身で作ってみると工夫する点などもわかり、役に立ちますのでここから始めてみましょう。

1.プログラムを作る

行事の内容によって若干、変わってきますが基本的には同じようなものになります。まずは、行事の全体像をつかみましょう。

例えば、会社で企画会議の司会進行をするとします。自分の会社の会議であれば、どのような手順で進められるかはすぐにわかるのではないでしょうか。まず初めに、会議の全体の流れを大雑把で良いので書き出してみましょう。

AB株式会社<新商品開発第1回企画会議>

1.開会あいさつ

2.会議の趣旨説明

3.社長あいさつ

4.担当者からの詳細説明

5.企画について協議・検討

6.会議のまとめ

7.閉会あいさつ

ざっとこんな感じにまとめてみましょう。

2.台本に近づける

簡単なプログラムができたら、それをもっと細かくしていきます。進行時間に遅れが生じる場合もありますので、ある程度の幅を持たせた時間配分や役割分担などを加えていきましょう。これで、司会進行者の出番や役割がわかりますので大事な作業です。

プログラム(司会進行者用)

AB株式会社新商品開発第1回企画会議プログラム

時間(所要時間)項目詳細担当者
10:00~10:03(03)開会あいさつ簡単な開会のことば司会進行
10:03~10:08(05)会議の趣旨説明会議の目的等を簡単に説明企画担当(司会進行)
10:08~10:18(10)社長あいさつ社長からのあいさつ社長
10:18~10:33(15)会議の詳細説明協議事項等について説明企画担当
10:33~11:23(50)協議・検討具体的な話を進める司会進行(発言等の調整)
11:23~11:33(10)まとめ結果等について報告企画担当
11:33~11:38(05)閉会あいさつ閉会のことば司会進行

3.シナリオを考える

プログラムができたら次は、具体的な内容です。いわゆるセリフを考えましょう。基本的には、プログラムの順に項目の内容とそれを話す人を紹介するセリフを考えれば良いのですが、開会あいさつなどの少し長いセリフも必要になってきます。

上のプログラムで言うと会議の冒頭に開会あいさつをすることになっていますが、これは開会を宣言するようなものなので、簡単で構いません。その時に、司会進行をする自分のことについて簡単に自己紹介をすると良いでしょう。

会社の会議などの場合は、もうわかっていることですので省略しても構いません。また、行事によっては開会あいさつと行事の説明までが司会進行者の役割になることもあります。

4.セリフをまとめよう

それぞれの項目にあった司会進行者の言いやすいセリフを考えたら、台本として完成させましょう。

紹介する人の名前などはきちんと確認し、フリガナをふるなど間違いのないようにしておきましょう。台本は、実際に進める順番にまとめていくと良いでしょう。

話すセリフを細かく書いても良いですが、要点だけを書き、進める際にそれに基づいて肉付けをして話をしても良いでしょう。慣れない間は、細かく書いて置くことをお薦めします。

司会進行におすすめの例文

場面によっての例文をいくつかご紹介します。これを参考にすれば他の場面のセリフも思い浮かぶのではないでしょうか。

冒頭のあいさつ

まずは、冒頭のあいさつを考えましょう。自己紹介を交えると良いでしょう。

社内での通常の会議

司会進行におすすめの例文・台本・コツ|挨拶/シナリオ

新商品開発第1回企画会議を始めます。本日の司会進行を務めます営業課の田中です。

つたない司会ですが、活発な意見で会が有意義なものになりますよう進めて参りますので、みなさんのご協力をお願いします。それでは、早速、進めてまいります。本日の会議の趣旨説明を企画担当の鈴木さんにお願いいたします。では、鈴木さんお願いします。

講演会

本日は、講演会「司会進行とはこうやる」に多数、ご来場いただきましてありがとうございます。

本日の司会進行を務めさせていただきます。実行委員会の田中と申します。本日の講演が成功裏に終了しますよう務めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

それでは、まず初めに、実行委員会を代表いたしまして実行委員長の佐藤よりご挨拶を申し上げます。では、よろしくお願いします。

来賓紹介など

場合によっては、来賓を紹介することもあるでしょう。

名前や肩書を間違えないように特に注意が必要です。また、紹介の順番も大事になってきますので、来賓の来場が決まったら必ず確認しておきましょう。

会社の創立記念パーティー

本日の創立記念パーティーにお忙しいところを駆けつけていただきました来賓のみなさんをご紹介いたします。向かって左から、当社創業以来、今日までお付き合い頂いております、青空株式会社代表取締役社長の佐藤太郎様。続きまして、同じく創業以来お付き合い頂いております、太陽株式会社代表取締役社長の高橋次郎様でございます。

(この後、来賓からの祝辞をいただく場合は続けて)それではここで、来賓のみなさまよりご祝辞を頂戴したいと存じます。まず初めに、青空商事株式会社代表取締役社長・佐藤様よりお願いいたします。

あいさつが終わったらお礼を述べ、次の方を同様に紹介します。

行事にあった司会進行のコツ

行事の内容によっては、司会進行の仕方も変わってきます。粛々と進める場合、楽しい雰囲気で盛り上げる場合、ここからはそれぞれの行事にあった司会進行のコツをご紹介します。

会議

会議での司会進行で大事なことは、その会議の目的が果たせるように滞りなく進行することです。

例えば、議論が盛り上がり話が脱線してしまうこともあるでしょう。そんな時には、その場の状況に応じて、上手に軌道修正を行う必要があります。時間の調整も必要になるでしょう。全体の流れを気にしつつ、場の雰囲気を壊さない配慮もしつつ進めていきましょう。司会進行者の腕の見せ所と言っても良いでしょう。

会議の参加者によっても進め方が変わってきます。「台本を作ってみよう」で紹介したような勤務先での通常の会議であれば、言葉遣いなどそこまで改まることは必要ないでしょう。ですが、勤務先の会議であっても社外からの参加者があるような場合には、先方に失礼のないよう注意を払うことが必要です。

講演会

講演会のメインは、講師の講演になります。プログラムも開会あいさつ・主催者あいさつ・講師紹介・質疑応答・閉会あいさつというように項目はそう多くないでしょう。来場者は、講演を聞くのが目的ですので、主催者あいさつなどは手短に済ませるよう配慮が必要です。講師紹介も長くなりすぎてはいけません。講師の略歴や近況などを正しく完結に紹介します。
 
次に、質疑応答です。会場からの質問を受けて、講師が答えるという形ですが、質問の受け付け方が色々と想定されます。

講演中に質問箱を回して回収する方法、直接、会場から質問してもらう方法、いづれにしても講師に質問の内容がしっかりと伝わるようなフォローが必要です。また、質問した人に回答がきちんと伝わったかの確認もあると良いでしょう。まとめの発言を司会進行者がすることも考えられますので、質問の内容とその回答を簡単にメモしておくことも大切です。

PTA役員会

我が子の通う学校での役員会となると顔見知りの保護者同士での会議となることが多いでしょう。この様な場合は、和気あいあいと進めることで色々な意見も出やすくなります。

しかし、親しい間柄ゆえに井戸端会議的な話になってしまい本来の目的が果たせないでは本末転倒です。司会進行者が一緒になって盛り上がっていては話が進みません。場の雰囲気を壊すことなく話を軌道修正させることが必要です。

また、複数の学校が参加する会議の場合もあるでしょう。この場合、初対面であることも多いでしょうから、参加者の自己紹介は大事になってきます。また、記録を取ることも考慮し、発言者を指名する場合などにはどこの学校の保護者の発言であるかわかるように学校名と名前を呼ぶようにすると良いでしょう。

閉会式

閉会式が行われるような行事では、それまで色々な場所に分かれて行事が進められている場合が多いため、閉会式で役割を担っている人がちゃんとその場に待機しているかの確認も必要になります。また、結果報告などがあったりもしますので、報告内容の準備が済んでいるかなど閉会式を始めて良いかの確認が必要です。

行事の締めとなる閉会式ですが、参加者の中にはメインの行事の終了とともに気持ちが緩んでしまう人もいます。閉会式で来賓があいさつされることもありますので、失礼のないよう司会進行者も参加者も最後まで気持ちを切らさない司会進行が必要となります。

また、参加者が多い場合や会場が広い場合などには、閉会式に限らず参加者に声が届かない場合もありますので、参加者の動きを見ながら、進行のセリフとセリフの間に適度な間を持たせるなど伝わりやすい工夫も必要です。

スポーツ大会

多くの人が集まる大会では、「閉会式」の最後でも述べたようにセリフの間も大事になってきます。屋外であったり人数が多かったりすると声が届きにくい場合もありますので、声の大きさにも注意しましょう。

スポーツ大会での司会進行は、イキイキと元気よく行うと大会の雰囲気を盛り上げることにもつながります。注意事項などを伝える場面もあるでしょう。一歩間違えば、大きなケガにつながることもあります。参加者全員に伝えると言う気持ちで臨みましょう。

準備物のチェックも忘れずに

司会進行におすすめの例文・台本・コツ|挨拶/シナリオ

司会進行の台本もできあがり、あとは本番を待つだけになった時に忘れてはならないことがあります。それは、セリフを声に出して読んでみることです。声に出して読むことでセリフに慣れスムーズに読み上げることができますし、セリフの間違いに気づくこともできます。紹介する方の名前や肩書などの最終チェックも行いましょう。

せっかく準備した台本は、見やすい大きさで印刷して忘れずに持参しましょう。

準備万端で落ち着いて進めれば大丈夫!

この記事では、司会進行の仕方についてご紹介しました。司会進行と聞くと難しくて簡単にはできないのではないかと思われるでしょうが、ご紹介したように進行する際の台本など事前の準備をしっかりとすることで、スムーズに司会進行を行うことができます。

最初は緊張していても予定どおりに進むことで次第に緊張もほぐれていくことでしょう。無事に終わった時には、「次もまたやってみたい」と自信がついていること間違いなしです。

Latests