Search

検索したいワードを入力してください

新入社員代表挨拶の例文とは?基本構成・心構え・注意点も紹介

更新日:2022年09月22日

新入社員代表挨拶をどのような構成にしたり、どこに気をつけたりすればよいのか分からず、不安に思っている方はいませんか?ここでは、新入社員代表挨拶の基本構成や例文、注意事項を解説していきます。自分に自信が持てるようなスピーチができるヒントを探しましょう。

「新入社員代表挨拶って具体的に何を話したらいいの?」
「新入社員代表挨拶で失敗しないか不安」
入社式で行われる新入社員代表挨拶は、新入社員の最初の仕事であり、新入社員の印象を決める大事な仕事でもあります。

実際にスピーチをするとなると、どのような内容にしようか、どんなことに気をつければ良いかと悩んでしまうでしょう。

ここでは、新入社員代表挨拶の基本構成や例文、注意事項を解説していきます。

新入社員代表挨拶について詳しく知識を蓄えることで、納得のいくスピーチを完成させられるでしょう。新入社員代表挨拶をする度胸もつくことでしょう。

ここで紹介する例文や注意事項を参考にして、オリジナルのスピーチを作ってみてください。自信をもって、堂々とスピーチに臨んでくださいね。

新入社員代表挨拶とは

新入社員代表挨拶とは、入社式の祝辞に対する答辞です。入社式では、会社の代表が新入社員に向けて祝辞の言葉を送ります。

新入社員代表挨拶は、祝辞に対して新入社員代表者が返事をする行為と思っても良いでしょう。入社への感謝や想い、決意などを述べます。

大手の企業ともなると、入社式にメディアが来ることも珍しくありません。

新入社員代表挨拶の基本構成

新入社員代表挨拶では、どのような要素を入れてスピーチをすると良いのか知りたいところです。ここで解説するポイントをおさえて、新入社員代表挨拶を成功させるためのヒントを得ましょう。

ここでは、新入社員代表挨拶の基本構成を例文を交えながら5点、解説していきます。

自己紹介

新入社員代表挨拶では、まず自己紹介から始めます。代表者の情報を軽く知ってもらうことで、興味を持ってもらいましょう。スピーチの最初ですので、代表者や新入社員全体の印象にも関わってきます。

例文「○○課へ配属された●●と申します。△△大学にて、電子工学の勉強や研究をしていました。今までの知識も活かしつつ、仕事に励みたいと思います。」

入社式を開催していただいたことへの感謝

新入社員代表挨拶にて、代表者から入社式を開催してくれたことへのお礼を伝えましょう。入社式を開くためには、お金や人員、時間といったコストを割かれることとなります。コストを割いて式典を開いてくださったことに感謝しましょう。

例文「本日は私ども新入社員のために素敵な式典を催していただき、誠にありがとうございます。」

入社の喜び・仕事に対する決意・意欲

入社したことへの喜びは、一緒に入社した新入社員の代表として、共感できる内容にしましょう。

例文「就職氷河期といわれている中で、○○会社の一員になれたことを光栄に思います。」

仕事への決意・意欲は、会社へどのように貢献したいか、どのような姿勢で仕事に臨みたいかという抱負を素直に述べます。

例文「○○会社の名に恥じぬよう、全力で仕事に取り組みたいと思います。」

上司・先輩への指導のお願い

新入社員の入社後は、上司・先輩方からの指導があってこそ成長することができます。新入社員代表挨拶という場を借りて、助けを借りることや指導のお願いをしましょう。

例文「慣れない仕事で何かとご迷惑をおかけすると思いますが、1日でも早く会社に貢献できるように、ご指導・ご助言をよろしくお願い申し上げます。」

締めの言葉

入社式は厳かな場ですので、締めの言葉をしっかり入れるようにしましょう。新入社員代表挨拶を印象に残るスピーチにするためには、締めの言葉が大事になってきます。最後の言葉まで気を抜かずにスピーチをしましょう。

例文「以上、新入社員を代表してご挨拶の言葉とさせていただきます。」

締めの言葉として上司・先輩方に指導のお願いをすることもあります。

例文「どうかご指導のほどよろしくお願いいたします。」

新入社員代表挨拶の例文

いざスピーチ内容を考えると、新入社員代表挨拶ではどのような構成でスピーチするのかと迷ってしまいます。以下に示す例文を参考にして、新入社員代表挨拶を考えてみてください。

ここでは、新入社員代表挨拶を5つのパターンに分けて解説します。オリジナルの新入社員代表挨拶にするためには、複数のパターンを掛け合わせてみるのも良いでしょう。

次のページ:新入社員代表挨拶への心構え

初回公開日:2022年09月22日

記載されている内容は2022年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests