Search

検索したいワードを入力してください

「ご回答」の正しい敬語の使い方|ご回答に続く言葉の使い方

初回公開日:2017年07月20日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「ご回答」という言葉を使いたいとき、どのように表現すればよいかわからない。「ご回答」の後に続く言葉をどうすればよいのかわからない。そんな方のために「ご回答」という言葉の使い方をまとめました。敬語と尊敬語の違いを知って、正しい表現をしましょう。

敬語を正しく使いたい!

敬語とは、聞き手あるいは話題になっている物事に対して、経緯やへりくだりなどを表現した言葉遣いのことです。相手への敬意を表したり、話題にのぼっている物事への敬意を表したりと、使われ方は一つではありません。この敬語をうまく使えないと、マナーの悪い人だと思われてしまいます。会社で敬語を上手に使うことができないと人間関係にひびが生じる可能性も考えられます。

敬語の種類

敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三つの種類があります。

尊敬語は会話の相手や話の中に出てきた人物に対して、その動作などを高めて表現するものです。「いらっしゃる」「なさる」などがこの尊敬語に当たります。
この尊敬語はさらに二種類に分けられます。例えば「社長が来る」という表現は「社長がいらっしゃる」と、言葉を言い換えることができます。

もう一種類は、動詞の前後を装飾する言い回しです。例えば「社長は不在です」と言いたいときには「社長はご不在にされています」と言い換えることができます。このような場合は言葉の頭に「ご」や「お」を付けたり、語尾を「なる」と言ったりします。

一方謙譲語は、自分や話の中に出てきた人物とその動作についてへりくだった表現にすることで、相手を高める言い方です。この謙譲語も二種類に分類されます。

例えば「私が行きます」と言いたいときには「私が伺います」と言葉を言い換えることができます。
もう一つは「会う」が「お会いする」など動詞を装飾する形のものです。

そして丁寧語は、「です」「ます」「ございます」など、言い回しを丁寧にして話の相手への敬意を表します。また、丁寧に表現したいときにも使われます。

敬語の使い分けって?

尊敬語は目上の人を立てたいときに、謙譲語は自分がへりくだるときに、丁寧語は相手を問わず丁寧な表現を使いたいときに、それぞれ使うことができます。

もっと簡単に言ってしまうと、相手のことについて話すときには尊敬語を、自分のことについて話すときには謙譲語を、丁寧にしたいときには丁寧語をそれぞれ使い分けるのです。

ただし、気を付けなければいけないことがあります。それは普段尊敬語を使って話している相手でも、時には謙譲語を使わなくてはならないということです。

例えばお客様に対して自分の上司の話をする場合、普段は「上司がお電話されます」となるところを「上司がお電話いたします」と、へりくだった表現にしなければならないのです。
これはお客様のほうが上司よりも立場が上であり、相手を立てなければならないからです。普段は自分と上司の会話の中で尊敬語を使っていても、それよりも立場が上な相手と会話するときには上司を下げて相手を立てなければならないのです。

ビジネスシーンでは社外に出れば取引先のお客様に対して、社内に戻れば自分の上司に対してと、敬語を使わなければならない機会は非常に多いです。ビジネスマナーが徹底されているかどうか、それは言葉づかいから簡単に評価できます。もしも敬語をうまく使えなかった場合、悪い評価を下されてしまうことでしょう。

そうならないためにも、普段聞いている周りの言葉遣いからも、敬語の使い方を意識して聞いてみましょう。日常の中で使う敬語ですから、日常の中で学ばなければ身につきません。

ご回答の正しい敬語の使い方

「回答」では敬語として扱われませんが、「ご回答」とすれば敬語になります。言葉の頭に一文字付けただけで敬語になるため、一見簡単に思えます。しかし、この「ご回答」という言葉は実は難しいのです。
そのため、そのまま何も知らずに使ってしまうと大きな失敗に繋がってしまいます。

ご回答に続く言葉が重要

「ご回答」という言葉を使うときには、その後に続く言葉が重要になります。この後に続く言葉がおかしいと、敬語ではなくなってしまう可能性が高く、注意が必要です。
「ご回答」を使う際には、後に続く言葉によく注意を払って、違和感の出ないように気を付けなければいけません。
このように後に続く言葉で意味が変化するのが敬語である、と言われていますが、「ご回答」はその典型例であると言えます。

ご回答に続く言葉の使い方

「ご回答」の正しい敬語の使い方|ご回答に続く言葉の使い方
※画像はイメージです

では、「ご回答」に続く言葉の例を実際に見ていきましょう。

ありがとうございます

「ご回答ありがとうございます」は使い方として若干言葉が足りません。より丁寧にするために、「ご回答頂きありがとうございます」など、頂くという言葉を付け加えるとよいでしょう。
また、~してという言葉を使いたいならば、ご回答の「ご」を抜いて「回答していただき」とするべきです。このとき「ご回答していただき」としてしまうと使い方に間違いが生じてしまうので注意したいところです。

いたします

「ご回答いたします」は使い方として間違っています。「回答」は名詞ですが、名詞に対して「いたします」という尊敬語を使っているためです。

人(尊敬語の対象となる人)+誰(自分が)+何を(回答を)+どうする(いたします)と考えると、「回答」するのは自分であるため、「ご回答いたします」ではなく「回答いたします」とするのが正しいのです。

申し上げます

「ご回答」を敬語として使いたいときには「ご回答申し上げます」とするのが正しい使い方になります。これ以外の言葉をつづけるとおかしいと思われてしまいますのでご注意ください。

「申し上げます」は「いたします」の敬語表現ですので、こちらのほうがよりへりくだった言い方となっています。
間違った使い方をしないためにも、「ご回答」のあとには「申し上げます」とするのが一般的です。

させて頂きます

「ご回答させて頂きます」は間違った表現となります。なぜならば、一つの動詞に対して「ご回答」と「頂く」の二つの謙譲語、美化語を使用しているためです。

ただしくは「ご回答をさせて頂きます」にすると正しい表現になります。「ご回答」という名詞と、どうし「させて」の間に助詞である「を」を入れるのです。

そうすることによって名詞に対する美化語「ご」と動詞に対する謙譲語「させていただく」というように分かれるので、二重敬語にならずに、正しい敬語の使い方となるのです。

Latests