Search

検索したいワードを入力してください

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方・例文一覧

初回公開日:2017年07月20日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」とよく聞いたことはありませんか?プレゼンテーションを自分で行う方はもしかすると自分でも使っているかもしれません。今回はこの「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という言葉に関して使い方や意味をご紹介します。

相手に理解が得られなくて困る

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方・例文一覧
※画像はイメージです

自分の意見をビジネスのシーンでプレゼンテーションしたり、ちょっとしたオファーをメールで伝える時に「ご理解のほどよろしくお願いします」という言葉をよく使うことがあります。

やはり自分の意見というものは違う見方をする人からは反対されますが、この言葉はビジネスシーンの正しい場面で使うことができると、もし自分の意見を伝えても無駄に反対派を増やすことなく、自分の味方を増やすことができて意見を通しやすくなります。なので使い方を知っておいて有効に使ってみましょう。

ご理解のほどよろしくお願いいたしますの使い方

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方・例文一覧
※画像はイメージです

よくビジネスのシーンで使われる「ご理解のほどよろしくお願いいたします。」というフレーズですが、そもそもどういう意味があって、どうやって使われるのかはご存知でしょうか?まずはその言葉の細かい部分を分解し意味を理解して、使われている場面や使うべき場面を説明していきます。

ご理解のほどの「ほど」とは?

「ご理解」の部分は相手がその事柄に関して納得しているかどうか、というのはよくわかりますが、「ほど」という言葉にはどういう意味があるのでしょうか?「ほど」という言葉自体には、断定を避け、表現を柔らかくするときに用いる言葉の定義があります。

つまりは「ご理解よろしくお願いいたします」よりも「ご理解のほどよろしくお願いします」というのは表現が柔らかい、強制力を弱くして相手に不快感を抱かせないための「ほど」だということがわかります。

ご理解のほどよろしくお願いいたしますの類語

ご理解のほどよろしくお願いいたしますという言葉に近い言葉がいくつかあるので紹介します。「ご理解」の部分を「ご了承」や「ご容赦」とすれば、相手に汲み取られる意味合いとしては同じです。しかしこの3つには相手に納得をもらうタイミングの違いがあります。

ご理解のほどよろしくお願いいたします…相手に現在進行中の何かに対して納得して欲しい形

ご了承のほどよろしくお願いいたします…何かに対して事前に納得をして欲しい形

ご容赦のほどよろしくお願いいたします…すでにに終わってしまった事柄に対して納得して欲しい形

というようになります。これらの形を時と場合によって使い分けられるようにしておきましょう。

目上の人に対して

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方・例文一覧
※画像はイメージです

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という言葉は、これ自体がよろしくお願いいたしますという謙譲語がついているのでへりくだってはいるのですが、使い方によっては相手に不快感を抱かせることもあるので、特に目上の人に対してはどういうことを気をつければいいのかをここで説明していきます。

ご理解のほどよろしくお願いいたしますは失礼?

上記のでの説明の通り、「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という文章はすでに進行している事柄に対して納得してもらう形なので、人によっては事前に確認をとってもらえるほどの立ち位置に居ないことをきにする人がいます。なので「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の前に一言何かを入れておくと角が立たなくなる場合が多いです。

例としては「恐縮ではありますが」や「何卒」などを入れると相手からするとかしこまられている部分に目が行くので後の言葉自体をあまり気にしなくなることが多いです。「何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします」や「恐縮ではありますがよろしくお願いいたします」という使い方を目上に人には使って見ましょう。

目上の人にはあえて違う言葉を使う

人によっては「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という言葉に過剰に反応する場合もあるでしょう。たとえ現在進行中の事柄に対してである場合でも「ご了承のほどよろしくお願いいたします」とあえていうことで、相手には自分の立場が重要な位置にいることを示唆できますから、そういった使い方もです。そこで相手から使い方の注意を受けても相手の自尊心は守られることになります。

敬語で伝える場合

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」というのは「ご理解」という部分が「わかる」の敬語で、「いたします」という部分が「する」の敬語なので、すでに二重に渡って敬語を使っています。なのでこれ以上に敬語にするとまるで皇居で使うような言葉になってしまうので難しいですが、よっぽど相手が気難しくて失礼が1つもあってはならない場合は気をつけておく部分があります。

メール・電話での使い方

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方・例文一覧
※画像はイメージです

ご理解のほどよろしくお願いいたしますという文章は、仕事の上ではかなり多用する言葉であり、相手に何か納得してほしい場面では必ず入れているといっても過言ではありません。そしてその使い方としては「ご理解のほどよろしくお願いいたします」・「ご了承のほどよろしくお願いいたします」・「ご容赦のほどよろしくお願いいたします」というこの3つをうまく使い分けていけると、相手に納得を得られやすくなったりするので、文章の場合どう意識して行くかを説明していきます。

文章の場面では簡潔なことが好まれる

口上で「ご理解のほどよろしくお願いいたします」というのは前後にもっと装飾の言葉を入れても喜ばれる場面が多いですが、文章の場面ではあまり装飾が多すぎると「何か本題以外に意図があるのではないか」とか「読みづらい」と思われてしまいます。

何より目の前で言われるのと違って、メールなどで納得したかどうかの答えというのは後回しにされることも多く、相手に一方的に「ご理解のほどよろしくお願いいたします」と送ってもなかなか返信が帰って来ずに、意思疎通が難しくなってしまったりするので、返信しやすくする工夫というものがあります。

Latests