Search

検索したいワードを入力してください

お願いしたく存じますの意味・使い方|目上の人へ使える例文

初回公開日:2017年08月31日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

日常で使ってるようで使っていない「お願いしたく存じます」、これって正しい敬語なのかな?使う時思わず考えてしまった人たちのために書きました。使い方と例文もしっかり書いたので明日から正しいお願いの言葉言える人になりましょう。

「お願いしたく存じます」その意味とは

「お願いしたく存じます」は、「お願いしたく思います」という言葉の謙譲語に当たります。営業職や顧客を相手にする役職でないとなかなか使わない言葉だと思うので、とっさに「お願いしたく存じます」なんて出てこないですよね。

そもそも尊敬語や謙譲語もなかなか覚えるのが大変で頭が痛くなってしまうかと思いますが、社会人として慣れるまで頑張ってみましょう。敬語は使ったり聞いたりしていくうちに覚えていくので、普段使わない敬語でも過ごしているうちに覚えるはずです。

誰に使っても大丈夫?

基本的に「お願いしたく存じます」は、目上の方、それこそよく顧客相手に使う言葉なので、覚えておいて損はありませんし、この言葉だけ覚えておけば失礼にあたることはありません。
「お願いしたく存じます」の使い方は後述致しますが、その際は使う場面も気をつけましょう。

相手が堅苦しい相手かそうでないかによっては、過度な謙譲語は相手も硬くなってしまうので、本当に大事な話以外では使用を控え、他の言葉を使って見ましょう。それと、緊張している時に、まだ覚えきっていない「お願いしたく存じます」を言おうとして色々なお願いの仕方が混ざってしまうのも気をつけましょう。

言い間違いで相手を不快させることはもちろんありえるので、使い慣れていないうちはゆっくり言うようにしましょう。

いくつもある「お願い」の言葉

同じお願いをする言葉でも、他にもいくつかありますのでご紹介致します。「お願い致します」こちらは、会話や電話、メールでも一番よく使われているお願いの仕方ではないでしょうか。「何卒よろしくお願い致します」と書けば身近な言葉だとすぐわかると思います。こちらはお願いしますの謙譲語で、目上の方との会話で使われますね。

もう一つは「お願い申し上げます」こちらは、申すが言うの謙譲の表現となり、それにプラスして「上げる」という言葉が加わることで「お願い致します」よりも丁寧な言い方となります。

種類が多く、どの場面でどれを使えばいいかわからなくなったり言葉が混ざって言い間違いをすることもあるでしょうが、困ったらとりあえず「お願い致します」と言っておけば大丈夫です。

ただしこれだけはNG「お願いできますでしょうか」

昨今よく耳にする「お願いできますでしょうか」の言葉。丁寧に言ったつもりでしょうが、実は日本語としては大変間違っているのです。

その理由は、敬語として使われる「です」「ます」の二つが混ざっているためです。正しくは、「お願いします」「お願いしてもよろしいでしょうか」となります。ですが最近は日本人の丁寧さが仇となり、日本語として間違っているのに広がってしまっているのが現実です。
多くの人に使われると間違った日本語も正しいとされてしまいますし、「お願いできますでしょうか」もまさしくそうなりそうです。

かと言って、知っている以上はむやみやたらに使わない方が良いでしょう。ご年配の方々は言葉にうるさく、周知されていてみんな使っていても間違った言葉に不快感を露わにしますので、正しい言葉の方を使うようにしましょう。

「お願いしたく存じます」は敬語としては正しいの?

前述でも述べた通り、「お願いしたく存じます」は目上の方への敬語として正しく、いつどの場面で使っても失礼がありません。ただ謙譲語ではありますが、目上であっても多少砕けて大丈夫な先輩などには、「お願いしたく存じます」よりも「お願いします」もしくは「お願い致します」の方が堅苦しくなくていいでしょう。

もちろん顧客相手には「お願いしたく存じます」を使うべきですし、上司には少し回りくどい場合もあるので「お願い致します」の方がいいかもしれません。そんなに硬くなるなよ〜と言ってくれる上司もいると思いますが、頻繁に「お願いしたく存じます」を使っていると距離を置かれると勘違いされてしまいますので、そこだけ気をつけましょう。敬語はほどほどに使うのが一番です。

「お願いしたく存じます」使い方と例文

頻繁に使うわけじゃないから使い方がよくわからない!という若い方に向けて「お願いしたく存じます」の使い方と例文を簡単に載せたいと思います。これで明日からみんな仕事できる人として評価が上がるかもしれませんね。もちろん中途半端な覚え方をして違う言葉になったりでもしたら本末転倒ですので慌てている時には言わないようにしましょう。

営業や電話での使い方

「できましたら明日までに資料の方を送付いただきますよう、お願いしたく存じます」
「お忙しいところ大変申し訳ございませんが、お願いしたく存じます」
といったようにこちらが下であればあるほど「お願いしたく存じます」

という敬語は生きてきますので、大切な取引相手に急いでとは言えないしなと、相手に対して気を遣っているような空気を醸し出したい時はベストです。距離を置かれている感覚と、丁寧に対応してもらっているという認識では受取手も気持ちが全然違います。

そう思ってくれない人の方が多いですが、面と向かって会話をすることが多いのであれば「お願いしたく存じます」と言ってみましょう。ほんの少しでも印象がアップすればラッキーぐらいで、きちんとした言葉として使いましょう。

メールでの使用は控えた方がいい?

目上の方に使うお願いの言葉としては上位の「お願いしたく存じます」ですが、残念ながらメールではあまりその真価を発揮できないようです。もちろん相手に寄るところはありますが、「お願いしたく存じます」はどうも堅苦しく感じる方が少なからずいるそうです。パートナーとして事業提携していきたい!って思っている会社相手に、そうなんども「お願いしたく存じます」なんて堅苦しい書き方をされてしまうと定型文のような感じになってしまいます。

堅苦しすぎる文面はコピペだと思われ逆に誠意をなくしてしまうこともありますので、使い所はほどほどに。大事な取引先へのメールにでの使用は問題ないので、メールであっても相手によってきちんと使い分けをしましょう。

実は以外に性別も影響します

実は、「お願いしたく存じます」という言葉、男性が使うのももちろん正しいですが、女性こそ、その力をうまく使っていただきたいのです。女性の方が言葉に感情を込めるのが上手ですので、本当にお願いします!という気持ちを込めてこの言葉を言うと、相手も聞き入れてくれやすいでしょう。普通のお願いしますでも気持ちを込めると伝わりますので、「お願いしたく存じます」という言葉に限った話ではありませんが、会話に関しては女性が有利になる場合もあるので有効活用しましょう。

正しい使い方をしてできる人だと思われよう

仕事で使われることの多い「お願いしたく存じます」ですが、以外と若い人は上手に使えないことが多いようです。なので若い人ほど早めに慣れて使えるようになっておくと、「お。珍しい」と使われた側も関心しますし、使った方の印象にも残ります。言葉一つで人の評価というものはいくらでも変化します。正しい日本語、正しい敬語を身につけて上司や顧客から一目置かれる存在になるのもいいですね。

これを機に、普段自分が使っている敬語を調べてみたらいかかですか?思わぬ発見とともに、調べているうちに周りが使わないような敬語を覚えているかもしれません。今後仕事を楽に続けていくために、敬語から始まるコミュニケーションということで「お願いしたく存じます」をまず初めに使ってみると良いですね。

Latests