Search

検索したいワードを入力してください

「助かります」の敬語表現と例文3つ|ビジネスでの使い方

初回公開日:2017年12月07日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2017年12月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「助かります(助かりました)」は普段から使うことが多い表現ですが、正しい使い方はできていますか。知らず知らずのうちに間違った使い方はしていませんか。今さら聞けない「助かります(助かりました)」の敬語表現と文例をシーンごとにわけてご紹介します。

「助かります」に似た表現

「助かります」に似た表現はたくさんあります。

「~してくれると助かります」に似た表現として、「~していただけますでしょうか」「~でしたら幸いです」「御礼申し上げます」「感謝申し上げます」などが挙げられます。この機会に「助かります」に似た表現をいろいろ覚えておきましょう。

幸いです

「幸い」という言葉は、「このお願いをかなえてもらえたら嬉しい」という気持ちを表しているため、「助かります」と似た表現になります。

「ご検討いただけますと幸いです」や「ご確認いただけますと幸いに存じます」など、メールなどで結びとして使うことができます。

目上の人などに対して使用する場合は「存じます」とセットにして、「~ですと幸いに存じます」と表現することをおすすめします。

御礼申し上げます

「助かります」のかわりに「御礼申し上げます」が使えます。

「~していただき、御礼申し上げます」「ありがたく厚くお礼申し上げます」などと表現するときに使用します。

「御礼申し上げます」は主に書き言葉に使われる表現なので、メールや手紙文に活用できます。感謝やお礼の気持ちを丁寧に伝えることができます。申し上げますは謙譲語なので、目上の人に対する適切な表現です。

感謝申し上げます

目上の人にお礼をする際や、手紙などで敬意を表しつつ感謝を伝える際には、「助かります」を丁寧に言い換えて「感謝申し上げます」と表現しましょう。

「先日は結婚式にご出席いただき、深く感謝申し上げます」「皆様のお心遣いに心より感謝申し上げます」などと使用します。主にメールや手紙の際に活躍する敬語表現です。

「助かります」は失礼

「助かります」と目上の人に対して使うことは、「補佐をしてくれてご苦労様」という意味になり、敬語どころか上から目線で見下した表現になってしまうことがわかりました。

同等以下の立場の人には「助かります」は使えますが、目上の人に対しては「助かります」を別の感謝の言葉に置き換えて伝えます。

このことをしっかりと把握して、置き換える言葉や、置き換えるべき相手の立場などをきちんと覚えておきましょう。

気持ちを伝えよう

感謝の気持ちは正しい敬語表現で伝えることで、はじめて相手に伝わります。

「助かります」などの感謝の気持ちを相手に伝えるには、立場をわきまえ、正しい敬語を使わなくてはいけません。

感謝しますという表現方法をたくさん覚え、気持ちを伝えるためのメールの書き方などを、普段からしっかりと学んでおきましょう。

Latests