Search

検索したいワードを入力してください

「使ってください」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月10日

更新日:2018年02月10日

記載されている内容は2018年02月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「使ってください」という言葉は確かに敬語です。でも、誰にでも使うことのできる表現ではない、ということをご存知だったでしょうか。もし、知らないのであれば、この記事から「使ってください」の正しい敬語での使い方について学ぶことができるでしょう。

「使ってください」の敬語表現とは?

友達と会話しているときにも「使ってください」という言葉を使うことがたくさんあります。実際のところ「使ってください」は本当に実用的な表現なので、1日の中で何回この言葉を使っているのか数え切ることはできないでしょう。

それほど「使ってください」は生活に密着しているフレーズということができるのではないでしょうか。

それでも「使ってください」を正しい敬語で使わなければ、あなたと会話をしている人に対して不快な気持ちにさせてしまう可能性があります。

誰でもそのようなことは避けたいと感じますが「使ってください」をどのようにして敬語表現にすることができるのでしょうか。

敬語表現にする方法を正確に理解することさえできれば「使ってください」をしっかり頭を使うことができるようになるはずです。

それに「誰かを怒らせてしまっているのではないか」と心配しないで時間を過ごすことができるようになります。

お使いになってください

「使ってください」という言葉を敬語表現で言い変えたいのであれば「お使いになってください」というフレーズにすることができるでしょう。

意味としては「使ってください」と同じになりますので「使ってください」という表現を使いたいと感じた時には「お使いになってください」というフレーズも使うことができると言えます。

特に、このフレーズの中に含まれている「お」によっても相手に対する深い敬意を示すことが可能になっているので、目上の人と会話をしている時に使うことのできる 、非常に実用的なフレーズの1つということができるでしょう。

お使いいただくは誤り

ビジネスマンとして活躍している人の中でも「お使いいただく」というフレーズを口癖のように使っている人がいます。この表現は、正確な敬語表現になるのでしょうか。

結論から言いますと「お使いいただく」は誤った敬語表現です。なぜなら「お使いいただく」という言葉は謙譲語だからです。

謙譲語は自分の立場を低くして相手を見上げることによって敬意を示すことのできる英語の文法の1つになりますが、相手に対して使うものではありません。

そのため「お使いいただく」が敬意が示されている表現のように思われがちでも、間違っている表現だということができます。

ビジネスマンとして活躍するには言葉遣いが非常に重要なので、無意識のうち2個のフレーズを使ってしまうことがないように注意しましょう。そして、正しい敬語表現を学びましょう。

「お使いしてください」も禁句

また、別の人は「お使いしてください」というフレーズを敬語表現だと勘違いしながら使っていることがあります。

確かにこのフレーズを誰かに言われたとしても、それほどまでに不快感を感じることはないでしょうが、意味が伝わりにくいと言えるのではないでしょうか。

話してる本には「使ってください」を敬語表現に言い換えた言葉として「お使いしてください」と言っているのでしょう。それでも、話を聞いている人からすると、理解しにくく感じてしまうことがあるのも事実です。

この表現を使ってる人の多くは「お」を付けているのだから、敬語表現として成り立っていると考える可能性もありますが、実際は正しい文章ではないので十分に注意する必要があります。

「使ってください」の敬語での使い方とは?

「使ってください」という言葉を敬語で言い換えることは非常に重要です。

しかし、敬意が示されている言葉の敬語の中には、 いくつかの種類があるので「使ってください」をどのように変えることができるのか具体的にすることの重要になってきます。

これから「使ってください」を具体的にどのように敬語で使うことができるのか紹介します。

敬語の種類

「使ってください」という言葉をそのまま使ったとしても敬語になります。なぜなら「使って」と誰かに対して命令をしているわけでも、タメ口をきいているわけでもないからです。

そのため「使ってください」がタメ口と同じようなレベルの敬意が示されていると考える必要はありません。

実際のところ、多くの人は自分の親しい友達に対して「使ってください」とは言わないのではないでしょうか。

なぜなら「使ってください」は敬意表現なので、親しい友達に使ってしまうと、堅苦しいイメージを伝えてしまうことがあるあらです。

「いただけませんか」で敬意を深める

もちろん「使ってください」という言葉を普段の会話の中で使うこともできますが、もっと深い敬意を示したいと感じているのであれば「いただけませんか」という敬意表現を使うことができるでしょう。

「使っていただけませんか」というフレーズを作成することができます。他のフレーズよりも相手に対する敬意が深く示されていることになるので、相手が取引先の人出会ったとしても、大切なお客さんであったとしても、このフレーズを使うことができるでしょう。

使い方

「使ってください」を敬語表現にどのように言い換えることができるのか知ることができていたとしても、実際に使い方を覚えるのは大変なことです。

では、具体的にどのような状況で「使ってください」の敬語表現を使うことができるのでしょうか。実際的などんなフレーズを使うことができるのでしょうか。

「よろしければ 」で一言添える

例えば「使ってください」を敬語表現に言い換えて「使っていただけませんか」と言ったとしましょう。

すでにこのフレーズの中に敬意が示されているので、このままでも十分ということができますが、もっと深い敬意を示したいのであれば、どのようなフレーズを作成することができるのでしょうか。

ここで活躍するのが「よろしければ」という一言です。具体的には「よろしければ、使っていただけませんか」という質問を作成することができます 。

たった一言ではあるものの「よろしければ」という敬意を示す短いフレーズがつくことによって、相手に与える印象が全然違うのではないでしょうか。

メールでの使い方とは?

「使ってください」という言葉を敬語表現に言い換えたとしても、メールの中での文章作成するのは難しいことと言われています。

なぜなら、メールの中では普段とは違う言葉遣いがされていることが多いですし、言葉遣いを間違ってしまったとしたら、相手を不快な気持ちにさせてしまうことがあるからです。

場合によっては、間違った言葉遣いを使ったメールを相手に送ってしまったことによって、トラブルが生じてしまう可能性もあります。

そのような事態を避けるためにも「使ってください」を言い換えた敬語表現をどのようにメールの中で使うことができるのか紹介します。

「いただけるでしょうか」をメールで使う

Latests