Search

検索したいワードを入力してください

「違う」の敬語表現・違うの使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年04月12日

更新日:2020年05月25日

記載されている内容は2018年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

日ごろ何気なく使っている「違う」という言葉。特にビジネスの場面では、前後の会話や文章の流れ次第で、相手に不愉快な思いをさせてしまう危険が伴う言葉と言えるでしょう。この記事では、「違う」と伝えたいときの敬語表現や別の言い方を紹介していきます。

「違う」の敬語表現

「違う」の敬語表現・違うの使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

社会人になると敬語で話すことが多くなります。当たり前ですが、敬語を話せないと社会人としてとても恥ずかしく、ときと場合によっては敬語を話せないことは社会人として失格とみなされることもあります。

それほど話し方はとても大切なことであり、同じ意味や説明をできたとしても敬語でないだけで受け入れられないことは多々あります。普段は何気なく使っている言葉であっても改めて敬語表現にしようと考えるとすぐに思いつかないことがあります。

コミュニケーションの場でそのようなことになると会話が詰まってしまいかねません。「違う」という言葉もたくさん使われますが、敬語での表現はご存知でしょうか。

すぐに出てこなかった方に必見です。違うの敬語表現をご紹介しますのでぜひともご参考にしていただけましたら幸いです。

相違

ビジネスにおけるなかで違うということを伝える場合は「相違(そうい)」という言葉をよく使われます。「相違」の意味は一致しないことや、それと同じでないことという意味があります。

つまり違うということになります。相違を敬語表現で使うときには、「相違が御座います」というように使います。違いますとはっきり言い切るととても強い印象を受けることがあるので、「相違があるようなのですが」とやんわりと問いかけることがおすすめです。

異なる

異なるという表現もよく使用されています。違いますの使い方と非常に似ているので話し言葉としては使いやすいです。違いますを異なりますと置き換えるだけなので簡単です。異なるという意味も同じでないという意味があるのでなにか違いが生じた場合に使われます。違うということを敬語表現に言い換える一般的な言葉となります。

食い違い

食い違いが生じておりますという言い方も違うの敬語表現としてよく使われています。食い違うということは意見があわないときや勘違いをしているときにもよく使われます。

食い違いがあるようなのですがと問いかけることで、もしこちらに非があったときにもうまく対処がしやすくなります。

はっきりと違うと言い切ってしまうとこちらの勘違いであった際に引っ込みがつかなくなります。ビジネスの面ではその後の展開のことも考えて、違うということを指摘するときには十分に注意をしなければなりません。

「違う」の敬語での使い方

敬語での言い方はたくさんありますがどの言葉を選ぶかとういうことと、どのように言い換えるかということがポイントになります。とくに違うという言葉を使用するときは相手に指摘をすることが多くなります。

そうではない、違うという言い方で相手との関係性が悪くなりかねません。違うということを指摘したことにより自分を否定されたという言い方にならないように注意をしましょう。

もし、ビジネスの面でも指導や教育をする場合であれば違うとはっきりと言った方がよい場合もあります。

敬語の種類

何気なく普段使っている敬語表現であっても、改めて敬語表現の種類を考えるとはっきりとその違いをわけることができない社会人もいます。敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類が存在します。

それらは使うシチュエーションで意味が同じでも言葉が変化するときもあれば、全く違う言葉を使うこともあります。基本的には全て相手を敬い相手を自分よりも上の立場として話すことが敬語です。

使い方

違うということを伝えるときの敬語での使い方は、相手への配慮を忘れないことがポイントです。違う場合ははっきりと相手に伝える必要がありますがなるべく柔らかい表現を選ぶことをおすすめします。

単純に違うということを伝えることもできますが、相手の様子を窺うように「違うようなのでご確認をしていただけませんか」ということを意識して使うことによりとがった言い方をさけることができます。

メールでの使い方

メールでの違うの使い方はとくに気をつけなければなりません。

理由としてはコミュニケーションのように相手の表情や感情を読み取ることが難しいことと、メールは記録として残るからです。メールで違うということを伝える場合には、「伺っていたお話と異なるのですが、ご確認いただけないでしょうか」と丁寧に知らせましょう。

また、明らかに自分宛のメールでない宛先が違う内容のメールを受け取った際も、「恐らくお相手をお間違いではないでしょうか。」と知らせてあげるととても親切です。送り主は本来の相手に送れているということに気がついていない場合があります。

ビジネスでの使い方

「違う」の敬語表現・違うの使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

ビジネス上では敬語は絶対に必要となります。違うという言葉のかわりに異なるという言葉をよく使います。使い方としては違うということを使う前に、クッション言葉を入れることで敬語表現がうまく言いまわせるようになります。

「恐れ入りますが」「お手数をお掛けいたしますが」「恐縮ですが」などを付け加えた上で、違う部分を確認してほしいと伝えましょう。

日常での使い方

日常で敬語を使うシチュエーションといえば初対面の人や目上の人やあまり親しくない人と話す際に使います。

しかし、日常会話での違うという場合は敬語であっても違うという言葉を使う場合もあります。例えば仲のよい先輩などは違いますと使ってもお互いの関係性に問題がなければ使うことも多々あります。

「違う」を敬語表現するときの例文

Latests