Search

検索したいワードを入力してください

「お年寄り」の敬語表現・お年寄りの使い方と例文・別の敬語表現

更新日:2018年02月19日

祖父母世代くらいの人を「お年寄り」と呼ぶこともありますが、「年寄り」は悪い意味合いで使用することもあってか、人によっては気を悪くする名称とされています。そこで!知っておきたいことは「お年寄り」の敬語表現です。適切な名称を使えるようにしましょう!

「お年寄り」の敬語表現は?

「お年寄り」という言葉は用いられることが多い言葉であり、「年寄り」を敬語にしたものでもあります。しかしながら、敬語と言えども「お年寄り」の言葉は、あまり良い印象で捉えられない・使用されないことも多いです。

そのため、「お年寄り」の敬語表現を知っておくと、役に立つ時が来るでしょう。年齢の話は敏感になりやすい人もいるため、「お年寄り」という表現は避け、意味だけでなく印象的にも問題がないとされる「お年寄り」の敬語表現を学んでおきましょう。それでは、「お年寄り」の敬語表現をご紹介していきます。

ご高齢者

「高齢者」は「お年寄り」と同じくらい、よく用いられる表現です。「高齢」の意味は「年齢が高い」ですので、「お年寄り」よりも違和感の無い表現とされています。この「高齢者」という言葉を敬語表現として用いる時には、「ご」を付けた「ご高齢者」の方が良いでしょう。「ご」は漢字で「御」と書き、付く言葉に丁寧さと敬意を込める意味があります。

ご高齢の方

「ご高齢の方」は、「高齢」に「ご」を付けた「ご高齢」+「人」を意味する「方」を組み合わせた話し言葉になります。話し言葉というのは、文章ではなく、口頭でのみ使用する言葉のことを言います。「ご高齢者」から「人」を意味する「者」を抜いて、代わりに「方」を付けて、「ご高齢」と「方」をつなぐ部分として「の」を使うことで、言い表した時に聞き受けの良い響きになります。

ご年配の方

「ご年配の方」も「ご高齢の方」と同様、話し言葉になります。「ご年配」と「ご高齢」は同じ感じの人を表す時に使いますが、言葉が持つ意味としては、「高齢」は「年齢が高い」で「年配」は「年齢が上」といった違いがあります。つまり、「生まれてからの年が多い」人は「高齢」、「自分よりも年齢が上」の人を「年配」と言います。

しかしながら、現代においては「年配」=「40代・50代以上」のイメージが強いそうです。意味的には「お年寄り」の敬語表現として「ご年配の方」を使うことができるため、「お年寄り」と言うほどのご高齢感がない場合は「ご年配」を使っても良いでしょう。

ご老体

「ご老体」は、「老体」という言葉に「ご」を付けたものです。「老体」の意味は単に「老いた体」=「高齢の方」もありますが、「ご」を付けることで「老人を敬っていう語」になります。単に「お年寄り」ということを表しているのではなく、敬いの気持ちを込めた「お年寄り」の敬語表現とされます。

ご尊老

「ご尊老」は、「尊老(そんろう)」という言葉に「ご」を付けたものです。書き言葉であり、改まった場(きちんとするべき場)で使用される「お年寄り」の敬語表現でもあります。

「尊老」だけでも「尊ぶ老」と書くように、敬いの気持ちが込められていますが、「ご」を付けることで丁寧さも含まれるようになるため、「お年寄り」という名称の敬語表現としては「ご」を付けた「ご尊老」の形で使います。

ご老台

「ご老台」は、「老台(ろうだい)」という言葉に「ご」を付けたものです。「ご尊老」と同じく書き言葉であり、改まった場(きちんとするべき場)で使用される「お年寄り」の敬語表現です。「老台」が持つ意味は「老人・年長の人を敬っていう誤」で、二人称の人代名詞として使います。

つまり、話し手が自分・聞き手になる人が老人あるいは年長の人であった時に、その聞き手を表す意味で使えるということです。話の中に登場するだけの人、話をしているわけではない人である三人称(話し手と聞き手以外の人)において「お年寄り」となる存在を表す時には、「ご老台」は使えません。

老大人

「老大人(ろうたいじん)」の意味は、「老人・年長の人を敬っていう語」です。「ご尊老・ご老台」と同じく書き言葉であり、改まった場で使う言葉とされます。意味は「ご老台」と同じですが、使い方においては違いがあります。

「ご老台」は二人称の人代名詞として使うことが決められていますが、「老大人」にはそのようなルールがありません。そのため、老人・年長の人を敬っていう語の意味を持つ言葉としては「老大人」の方が使用範囲が広いと言えます。

「お年寄り」を敬語表現にした時の使い方!

「お年寄り」の敬語表現が分かったとこりで、敬語表現にした時の使い方を見ておきましょう。

敬語の種類

「お年寄り」の敬語表現となる言葉の敬語分類は、基本的に丁寧語です。その中でも込められている敬意が強いのは、意味に「敬っていう語」ということが含まれている「ご老体・ご尊老・ご老台・老大人」です。

後の「ご高齢者・ご高齢の方・ご年配の方」は、日常的に使用される平語を単に丁寧にした言葉になるため、丁寧さはありますが、敬意の程度は「ご老体・ご尊老・ご老台・老大人」の方が高いです。

使い方

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests