Search

検索したいワードを入力してください

「就業時間」と「労働時間」の違い|法定労働時間・実稼働時間の違い

更新日:2020年10月02日

求人票でよく目にする就業時間、労働時間、実稼働時間などの働く時間の言葉がよく分からないと思ったことはありませんか?お仕事の時間は自身の生活に直結することだけに、気をつけたいです。今回は就業時間、労働時間、実稼働時間の違いを解説していきます。

変形労働時間制とは、週単位で労働時間を管理する働き方です。労働基準法に定められている、労働時間制限、1週間40時間を基準にして、1ヶ月、1年単位で労働時間を測ります。(1週間の非定型変動時間労働制もありますが、特殊ですので割愛します)

変形労働時間制の例

月単位の変形労働時間制の例をあげると、1週目に40時間、2週目に40時間、3週目に44時間、4週目に36時間の労働時間が発生したとします。

労働基準法の1週間の労働時間は40時間までという箇所に抵触してしまいますが、1ヶ月でみた場合、40+40+44+36時間=160時間となります。

労働基準法の1週間の労働時間は40時間ですので、40x4=160時間で同じになります。この場合、月単位の変形労働時間制を採用している人に関しては3週目の44時間は不問とします。こういった働き方が変形労働時間制になります。

ただし、44時間を超えることは時間外労働とみなされ、別途残業代が発生します。主にクリエイティブなお仕事をなさっている方が、この労働制度を採用しているケースが多いです。

みなし労働時間制って?

主に、社外に出た仕事をしていて、労働時間の算定が困難な方に適用される制度です。あらかじめ、1日単位での就業時間を決めておき、その時間に達していても、いなくても個人の裁量で働けるスタイルです。ただし、ルールが難しいため、こちらの労働制度で働く方はどういったものなのか、よく把握しておく必要があります。

興味のある方は下記サイトを参考になさって下さい。みなし労働が適用される条件などについて記載されています。

あったら嬉しい「フレックスタイム制度」とは?

会社には就業時間があって、その時間はずっと社内にいないといけないので、なかなか自由に働けないと思っている方もいるかもしれません。

そんな方になのが、フレックスタイム制度です。制度を採用している会社は、福利厚生のところに書いてあることが多いです。

どういったものかというと、就業時間中に労働しなくてはいけない時間(コアタイム)以外は、どの時間に働き始めても良いという制度です。

たとえば、「明日は家族で出かけるから今日は早く帰りたい」という場合、早い時間に仕事を始めて、その時間分、早く会社を退社できます。

逆に、昨日は疲れたから今日は少しゆっくり行きたいなというときは、コアタイムに会社に行くようにもできます。自分の予定や調子に合わせて時間を変えられます。

会社によって就業時間が違うので異なりますが、10:00~15:00をコアタイムとすることを東京都労働局では推進しています。

自分に合った働き方を目指そう!

今回は就業時間、労働時間、実稼働時間の違いについてご紹介しました。それに伴って、どのような働き方の制度があるのかもご紹介しましたが、色々あるのだなと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。自分に合った働き方を目指して、ぜひ色々な会社の求人票を覗いてみて下さい。素敵な出会いがあるかもしれません。

初回公開日:2017年07月24日

記載されている内容は2017年07月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests