Search

検索したいワードを入力してください

休日出勤と割増給与の仕組み・計算方法|休日出勤と残業の扱い

更新日:2020年10月02日

会社で上司や先輩に「休日出勤」を頼まれた経験のある人も多いのではないでしょうか?休みたいと思っても、上司や先輩では断りにくく、つい引き受けてしまう、ということもありがちです。他人事ではない「休日出勤」について、詳しくご紹介します。

たびたび「休日出勤」を求められるようなら、「休日出勤」した後に「代休」を提供してもらえるよう、交渉してみましょう。そうすることによって、会社や上司の対応が変わってくると思います。本当に「休日出勤」が必要なほどの仕事なのか、上司や会社側の判断が厳しくなると思います。そうすれば、「休日出勤」を求められる頻度も変わってくるのではないでしょうか。

また、自身の判断も求められます。割増賃金が発生していますから、その分、賃金に反映されているはずです。休日と賃金、自身にとって必要な方を選択することになります。どちらに重点を置くのか、よく考えたうえで判断されるといいでしょう。

休日手当を請求する

これは「休日手当が正当に支払われていない」場合のものです。休日出勤手当の算出が複雑なため、中には正当な対価が支払われていない疑いのある人もいると思います。「休日出勤」や残業などの時間外労働の賃金がきちんと払われていないときは、未払い賃金を法的に請求することもできます。

会社を相手に交渉するのは勇気がいりますし、相応のリスクもあると思いますが、疑いのある人は専門家に相談してみるのもいいでしょう。

休日出勤の必要性はしっかり考えよう!

「休日出勤」の受け取り方は人によってさまざまです。せっかくの休日はゆっくりと過ごしたい人もいるでしょうし、休日手当が支給されるのはありがたい、と感じる人もいるでしょう。どちらにしろ、労働に対して正当な賃金が支払われることが徹底される、ということが一番大切なことです。自分の労働環境を今一度チェックしてみてください。

初回公開日:2017年09月03日

記載されている内容は2017年09月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests